スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 フランスのお総菜屋さん・「LINDEN BAUM(リンデンバウム)」に行ってみた。

今日は暑かったですね~。
最近気候が鬼畜すぎるんよ、ほんと。


今日はGWらしく、バーべしてきました、バーべ。
バーベキュ~。
あんまり華々しい青春を送ってこなかったもんで、
お恥ずかしながら本格的バーベキュー初めて。
しかし、しっかり予習していったおかげで、火おこし余裕でした。はっはっ。
見たか、若者どもめ!!
しかし炎天下、肉焼ける前にこっちが焼けるかと思いましたね、今日は。


まあ、そんなこんなで、今日は先日行ったお店のご紹介。
LINDEN BAUM(リンデンバーム)さんです。。

IMG_0090.jpg

こちらのお店、以前はもっと北の方で欧風レストランをされていましたがね。
昨年そちらを閉店なさって、熊野神社近くで仏風お惣菜屋さんを始められました。

フランス風という割に、扱っておられるものは意外に多国籍。
ヨーロッパの国々のお総菜が並んでましたね。
他にもパンやタルトなども豊富で、大きなプレッツェルなんか凄く美味しそうでした。

ちょうどお昼時だったもので、ランチボックス(700円)を購入。

IMG_0094.jpg

IMG_0097.jpg

まだまだ慣れておられないようでしたが、繁盛されてるようやったので、
頑張っていただきたい。
キッシュのランチボックスは残念ながら売り切れでした。
しかしオサレですね~。

一件少なそうですが、意外と満足感はあります。
まあ、パン2コも入ってますのでね、ボリュームありますよ。
それより、自家製ハムとソーセージのサンドランチボックス頼んだですが…

…ハムは…?…ねえ、ハムは…?

忘れられてしまったのかどうか、定かではありませんが、美味しかったのでまあいいか。
黒パンの方にはパテが塗られ、ピクルスが挟まれてます。
白パンは自家製のソーセージ?かしらね?
あとは、キャロットラベ、ポテトサラダ、サニーレタスなどが詰め合わされてます。

次回はタルト系いってみたいな~。
お店の中もディスプレイの仕方などとてもお上手で、かわいいもん好きのおなごにはたまらんと思いますよ。


「LINDEN BAUM」
お店HP
075-751-0786
11:00~19:00
定休日  なし
京都市左京区丸太町通り川端東入る東丸太町41-6

mapはこちら


京都ブログランキング!
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ

スポンサーサイト
23:23 | 食べもん屋探訪・その他
comment(4)     trackback(0)

 濃いー甘栗・【林万昌堂】に行ってみた。&もらいもの小ネタ

今日はすごい雨でしたね~傘
夕飯食べに外出してて、帰ろうと思ったら滝のような雨。
30分くらいコンビニで遊んでたんやけど、やみそうにないんで濡れながらチャリこいで帰ってきました。

さて、京都って何でか知らんけど甘栗有名よね。
駅とかデパ地下とか、メッチャ売ってある。
丹波とか、栗の名産地があるからかしらね。

甘栗はあたしも大好きでね~。
むいちゃったやつとかよう食べます。
でも気をつけてね。
あいつら栄養満点の滋養食物は、毎日食べたら肥えに肥えますんでね。
かく言うあたしも、甘栗太り経験者です。

「林万昌堂」さんは、京都で一番有名な甘栗屋さん。
寺町のとこの支店で、おやつに買ってみました。

林万昌堂

その場でザザーっと詰めてくれます。

林万昌堂栗1
袋入り甘栗 150g 500円

マンガに出てくるみたいな、十字縛りやー。
開けるのもワックワクやね。

林万昌堂栗2

お手ふきつき。
包み紙は折ると殻入れになるんや。

林万昌堂栗3

小ぶりやけど、味の濃ゆい栗。
あ、ちなみに林万昌堂さんのは中国産の栗やけど、きちんとこだわったものを選ばれてます。
いわゆる「甘栗」の味じゃなくて、ゆがいた栗のような、ホクホクしたうま味が大変よろしいね~。

爪真っ黒にしながら、あっという間に食べ終わってしまったわ~…
四条に本店があるんで、お土産などにどうぞです。

「林万昌堂」
お店HP


☆もらいもん☆
気を遣って、よくお土産を買ってくれる後輩ちゃん。
とっても嬉しいので、写真におさめてたんをアップしてみます。

カナエマカロン

京都で一番有名なマカロン屋、「patisserie Kanae」のマカロン。
ヘーゼルナッツとタルトタタン。
後輩ちゃん曰く「割れに過度の注意を促すわりに、丈夫なマカロン」。
確かに、しっかりめやけど、やっぱりウマい…
夢の食べ物マカロン…
お店HP

まるん和菓子

嵐山のお土産に、お菓子と雑貨のお店「まるん」の和菓子プチ詰め合わせ。
かわえぇ…スッキリーィ
あたしの和菓子好きをよく分ってくれてます…ありがたや♪


今日は手抜き更新で失礼しました汗とか
また明日からがんばります~!!気が向いたらポチっと投票してやってくださいませ。。。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。よろしければ応援してやってくださいね!

22:55 | 食べもん屋探訪・その他
comment(0)     trackback(0)

 梶井基次郎をしのんでフルーツを・【八百卯】に行ってみた。

どーも、お久しぶりです~。
福岡で友人たちに再会し、英気を養ってまいりました。
気心知れた仲間たちとは、ホントに何時間だって喋れるぜ。
店員さんのアツい視線を浴びながら、カフェに居座ってやったわ。

徘徊してたら、福岡随一の歓楽街、中洲の「おしごと」の勧誘までされちまったぜ!
何が何でも仕事内容を教えてくれない、秘密主義のお店だったので、
「ムリです!!」  
と言い残して逃げてきました。

けど、若干嬉しい…スッキリーィ

今回はデジカメ不携帯やったんで、福岡ネタはナシです。
しかし、まっこと素晴らしい街です。
油山という夜景スポットから見た繁華街の夜景は、まさに宝石箱。。
大好きです。


さて、今回は珍しく、フルーツパーラーのご紹介。
梶井基次郎の『檸檬』という作品をご存じかな?
病んだ主人公がレモンを買い求めて、丸善の美術書の上にそれをのっけて、「レモン爆弾や~ムフフ…」というあらすじです…
こう書いてしまっちゃ、変態小説以外の何物でもないですな。身もフタもありゃせん。。
まあ、梶井基次郎を代表する名作なんですが、なんと、この作品中で主人公がレモンを購入したのが、こちら、「八百卯」さんなんです。

八百卯

八百卯2

一階は青果店、二階がフルーツパーラーとなってます。
大正時代の文学作品に登場するお店がいまだに残ってるなんて…さすが京都やなあ…

『檸檬』とのかかわりを示す新聞記事やらなんやらが展示してあったけど、無粋なんで撮影なしです。
女は黙って、フルーツパーラー!
狭い階段を上ると、がらんとした店内に、店の御主人がぽつんと座っておられました。
BGMは、まさかのドリフチョイス。
ビバビバ、陽気な音楽だけが響く店内に一人は、なかなか居心地の悪いもんでした…

オーソドックスに、注文したのはフルーツパッフェ。

フルーツパッフェ
フルーツパッフェ 600円

パフェでなくパッフェ。
さらには、F.パッフェなどと略され表記してあったりもします。
この、盛りが素晴らしいでしょう!!

フルーツパッフェ2

メロン、オレンジ、パパイヤ、バナナ、グレープフルーツ、キウイ、リンゴ、パイナップル…
てんこ盛りです。
フルーツパッフェというよりは、果物盛り合わせバニラアイス添え、といった感じです。

フルーツぬるいけど、アイスちょっぴりやけど…さすが果物屋さんです。
果物おいしい~!!
よく熟れた果物たちは、すべてが食べごろ!!
甘くてジューシー… ほとんどがフルーツやから、全部食べきったってあんまり後ろめたくないよね。

このパーラー、どうもあまり繁盛されてないみたいやけど、とっても親切なご夫婦が丁寧に接客してくださって、気持ちいいお店です。
たまには美味しい果物を食べながら、寺町をゆったり見おろしてみるのはいかがでしょうか。


☆お知らせ☆
諸事情により、更新頻度を落とします。
これから数か月、わたくしの人生の正念場になりそうでして…
一週間に2~3回ほど更新できたら…  頑張ります!
美味しいお店めぐり、名所めぐりはガシガシ継続中ですので、よろしければ末長くお付き合いくださいませ。


「八百卯」
075-222-2585
11:00~17:00
定休日: 日曜日(祝日は営業)
京都市中京区寺町二条角
mapはこちらから


お読み頂きありがとうございました!!
ランキング参加中ですので、よろしければバナーをポチリと押してやって下さいませ。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。押して頂けたら大変喜びます。
20:28 | 食べもん屋探訪・その他
comment(0)     trackback(0)

 昔ながらの京豆腐・【とようけ屋山本】に行ってみた。

世間はオリンピックに沸いてますね。
いつもなんだかんだで引きずられてしまうんで、今年は生活から、オリンピックを一切排除してみようと決意しました。
「あれ?オリンピックって今年やったっけ?」くらいの無関心でいってみようと…

すでに、のべ3~4時間ほどの開会式、全部観てしまったがね。
いや、まだ大丈夫…まだいけるはず…
オリンピックなどに私の平穏な毎日を邪魔させはせん!!



さて、北野天満宮編最終章です。
帰路へつく前に、せっかく遠出したんやからと何か買い求めることにしました。
京都っぽくて、ツレと一緒に食べられそうなもの…

丁度良さそうなの、ありましたよ。

とようけ屋山本

老舗の和菓子屋さんのような店構えやけど、お豆腐屋さんです。
「とようけ屋山本」さん。
界隈では大変有名な、明治時代から続くお店なんやて。

「粟餅処 澤屋」さんのすぐそばに、「とようけ茶屋」という食事処も出しておられるようやね。
こちらすごい人気みたいで、あたしが通りかかった時も大行列やったわ。

京都は大豆製品、ある意味ブランド化されてるもんね~。
豆腐とか、ものすご高く感じる。
九州いたとき、100円を超える豆腐なんて高級品に思ってたもんね。
京都の、なんですかこの値段。白いダイヤですか。


豆乳ヨーグルト1
豆乳ヨーグルト 150円

豆腐屋さんにヨーグルトとは面白そうやったんで購入。
ふたには

「家森先生のカスピ海ヨーグルト菌で造りました
 豆乳1/3 成分無調整牛乳2/3」

と書いてあります。

家森先生が何者かということはさておき、帰宅後、早速ツレに食べるか聞いてみる。
横目でちらりと見て、「いらない。」

ぬ、ぬぅう~!!半分はあんたの為に買ったんやぞ!!
思春期の息子を相手にした、報われない母の愛が見えた気がしました。

豆乳ヨーグルト2

仕方がないので、一人で食べることに。
もたっ、とろっとした感じは、確かにカスピ海ヨーグルト。
お味は……

一人でもくもく食べてたら興味をひかれたようで、再びツレがやってきた。
一口食べて、「なにこれ。」
そしてまた去っていく…

いや、確かに芳醇な大豆の香り薫るヨーグルトに、若干の違和感を覚えるのは、あたしも同じや。。
しかし、そんな、一言で存在をどん底に突き落とすほど、悪かないわよ。
「豆乳1/3 成分無調整牛乳2/3」の比率が、ありありと舌で感じられるお味です。

ごま豆腐1

翌日、今度はごま豆腐を食することに。
つけじょうゆは自作です。。

ごま豆腐2
ごま豆腐 220円


ぬぉ… だ、騙された!!
こいつはごま豆腐ではなく、「ごま配合大豆豆腐」やないか!!
どーりで一丁デカイはずだぜ。

名店の豆腐やから、うまい、うまいんやけど…

むしやしないに、ちょっとしたデザート感覚でごま豆腐食べたかったあたしの気持ちは…

こいつぁ、もはやヤッコですぜ。
つけ醤油なんてお上品なもんやなく、もういっそ、刻みネギとか鰹節とかほしいよ…


というわけで、色々と誤算の多い豆腐劇でした。

なめらかやのに崩れないから、湯豆腐などに向いてる豆腐やと思います。
たまにはお豆腐屋さんの豆腐、いかがでしょうか。


「とようけ屋山本」
お店HP
(075)462-1315
4:00~18:30
※正月、お盆以外原則として無休
京都市上京区七本松通一条上ル滝ヶ鼻町429-5
mapはこちらから


本日もありがとうございました。
よろしければバナーをぽちっとクリックしてやって下さいませ。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。どうぞ応援よろしくお願いいたします。

09:07 | 食べもん屋探訪・その他
comment(0)     trackback(0)

 カリカリ!ハード系たこ焼き・【蛸虎】に行ってみた。

大阪には劣るとはいえど、京都にもたこ焼き文化は根付いております。
中心街にも住宅街にも、たこ焼き屋さんがぽつぽつと…

たこ焼きめっちゃ好きなんですよ~… お好み焼きより断然!!
一時期口を開けば「たこ焼きたこ焼き」と連発し、美味いたこ焼き屋を求めて放浪し…そんな風にいい感じでとち狂っておりました。

京都のラーメン激戦区、一乗寺に、古都のたこ焼きフリークが愛してやまないたこ焼き屋さんあり。
9個600円というお値段におののくあまり、お邪魔したことなかったんやけど…思い切って行ってみたんよ。

蛸虎

京都ではこの手の看板見らんよな~。。。派手やあ…スッキリーィ
写真では見づらいけど、虎の上に腰かけた蛸は阪神のキャップをかぶり、「頑張れタイガース」とのたまっております。
あたしのように、人生のあらゆる存在に臆病な人間は、瞬時に入店をためらってしまうハッチャケ系やね。
もうね、何度も横目で見ながら通り過ぎた。。

しかしながら、中は実に清潔で綺麗です。
移転してまだ新しいみたい。
お座敷もありましてよ。もちろん、テイクアウトもOK。

たこ焼き1
たこ焼き 9個 600円

たこ焼き2

高いけど、一つがデカイ!!
たこ焼きを二つくっつけたような感じで、楕円形。
出来立てのたこ焼きに鰹節が踊る、あたしの心も躍る!!

ここのたこ焼きが他店と一線を画す所以、それは何といっても食感です~!!
じっくりと30分かけて鉄板で焼かれた皮は、外はカリカリ!中はふわとろ!!
どちらさんも絶対に食べたことないような、超絶たこ焼きやと思いますスマイル
京都のたこ焼きなんで、出汁のききぐあいもよろしおす。

たこ焼き以外にも蛸を使用したちょっとした一品メニューやドリンクもありますんで、三次会あたりにどうでしょう。

あ~、あたしは今年の夏はこいつとビール片手に、鴨川で納涼大会したいわぁ…


「蛸虎」
075-791-5205
17:00~翌2:00
定休日 火曜日(祝日の場合は翌日)
京都府京都市左京区北大路高野交差点上ル西側

mapはこちらから


ブログランキング参加中です。
応援にバナーをポチとクリックしていただけますと、大変喜びます。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。よろしければクリックを、なにとぞ。
22:01 | 食べもん屋探訪・その他
comment(3)     trackback(0)
| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。