スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 街なかビストロランチ!・【ビストロ ボン・モルソー】に行ってみた。

あまり最近きちんと更新していませんが…
ちょっと将来のために鬼のように勉強しなきゃいけない事情がありまして、まあ、それなりに頑張っています。
しかしそれでも、他の人に後れをとっている割に、しょっちゅう生来のぐうたらさがでてしまって、サボってしまいますね…。

なぜ去年行動しなかったのかといいますと、それはひとえに私の怠惰さのせいでありまして…
とりあえず、まだまだこっちに居残りつつ、京都ライフをほそぼそやっていこうと思います。
あたしのお財布がすっからかんになるまで!!


というわけで、人生の正念場ゆえブログもちょっと手抜きになるかとは思いますが、お見苦しい点などどうぞ見逃しつつお付き合いくださいませ。。
ほとんど日記みたいなものやし、外に了解求めるってのもおこがましいんやけどね。


久々のビストロ訪問は、繁華街ど真ん中にあるビストロ「ボン・モルソー」さんでした。

bonsmorceaux1

「ごちそう」って意味の店名。
寺町京極界隈なんですが、分かりにくいところにあるし、このへんよく通るのに気付いてない方って多いと思う。
でもけっこう有名なビストロ。

お昼は1600円のランチコースか、あとはアラカルトで選べます。
我々は前菜、主菜、デザート、飲み物のランチコースをチョイスしました。

bonsmorceaux2

サバとじゃがいものテリーヌ。
魚のテリーヌってはじめてやわ。

bonsmorceaux3

野菜のポタージュ。
びっくりするくらい美味しくて、思わず「うわあああ!」と狂喜。
今回食べたお料理の中で、一番。

bonsmorceaux3

続いてメイン。本日の魚料理。
キャベツで白身魚とホタテがくるんであって、蒸されてる。
バターの香りが強めだったけど、ツレは気に入ってました。

bonsmorceaux4

エゾシカの赤ワイン煮込み。
+800円もしたんですが…
うーん、そういや赤ワイン煮込みって、今まで最後まで飽きずに食べられた試しなかったな。
なのに選んでしまったのは、珍しい食材のせい。


こちらは奥様が接客されてるんですが、凄く丁寧で気持ちがいいです。
ちょっと残念やったのは、料理が出てくるスピード。
この日はバレンタインで、満席やったってのもあるのか、まあ出てこん。
片方が食べ終わるくらいにもう片方のが出てくる…と言う感じで、トータル2時間くらいいたかなあ。
ビストロやし、その辺うるさく言うのも野暮かもしれんけど。

bonsmorceaux5

デザートかチーズが選べます。
ツレは青カビのチーズを。
割と厚めに切ってくれてて嬉しい。

bonsmorceaux6

あたしはもちろんデザート!
クレームブリュレ。
お皿は大きいんに、悲しくなるくらいにうすーくしか注がれてない。
すごく美味しいだけに、より残念。
あと5杯くらいいけたわ。

最後に紅茶かコーヒーかエスプレッソを出して頂けます。

何か大わらわって感じやったし、このお店の本領を知ることが出来んかったような気がします…
もっと空いてるような時に、また改めてお邪魔したいなあ。


「Bistorot BONS MORCEAUX」
075-212-8851
12:00~14:00(L.O)
18:00~21:00(L.O)
定休日 火曜・第3水曜
京都府京都市中京区寺町通錦小路上ル円福寺前町274
mapはこちらから


よろしければぽちりと投票してやってくださいませ♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。どうぞ、応援してやってくださいね!

スポンサーサイト
16:43 | 食べもん屋探訪・食事所編
comment(8)     trackback(0)

 お麩が麺になっちゃった。・【萬治郎】に行ってみた。

京都を案内する時に、一番困るのが食事よね~…
どうせなら京都っぽいものを食べさせてあげたいけど、
会席なんて絶対無理やし、あとは、豆腐、湯葉、麩か…
だけど、雰囲気良く、お手頃価格で食べさせてくれるとこなんてなかなかないですよね。

しかし、そこは敏腕ネットサーファー。
マウス症候群になるほど激しく、熱く調べた甲斐あって、良いところが見つかりました。

高台寺そば、「萬治郎」さん。
以前ご紹介したわらび餅で有名なお店、洛匠さんのすぐ近くです。

manjiro1

少し入るのためらっちゃうくらい立派な構えのお店。
後輩からも、「いいじゃないですか。」とお褒めの言葉頂きました。あざーす。

manjiro2

手入れの行き届いたお庭を見ながらお食事できます。
これはかなりポイント高い。
よそさんのブログなど拝読してましたら、評判いいんだけども、
めったに混んでいることがないそうな。

いいね。ただでさえ時間を無駄にできない京都観光、
行列なんかでタイムロスしたくないものね。

manjiro3

麩麺点心 1800円

お麩と湯葉づくしのランチです。
メインはこちらの麺。

manjiro4

お麩の麺なんやて。
京都で食べられるのはこちらだけ。
京都で食す麺にしては若干歯ごたえが強いかなという感じで、麩はあまり意識させませんが、
美味しいですよ。

写真撮ってたら、お店のお姉さまが花麩や水菜の位置を直してくださった。
こちらの接客は本当に丁寧、というかすごい甲斐甲斐しくしてくれる。

京都のお店はメチャメチャ気分悪くさせられるお店があるかと思いきや、
こういう天使のような真心づくしのもてなしをしてくれるところもある。
京都人の「表」の顔でもてなしてくれてんやろな~と思うけど、
やっぱ気持ちいいよね。

manjiro5

おかずの方も、本当に麩と湯葉ばっかり。
びっくりするくらい麩と湯葉!

「京都に来たからにゃ、麩と湯葉食うぞー!!」
という意気込みで訪れた人にはうってつけ。
京都に住んでたってそんなに食す機会ないから、
「うまうま」と食べてたら、後輩がぽつり、

「これ、何ですか、かまぼこですか?」

…おおっと、待て待てぃ!!
そしてさらに、

「これ食べられるんですか?」

と、麺の上に乗った湯葉を見つめてる。

いかん…連れてくるとこ間違ったかもしれん…。
あんまり知らんもん食べさせられても嬉しくないよね…。
先輩は京都らしいもの食べてもらいたかったんだよ~、
でも無知だから、麩ぐらいしか思いつかなかったんだよ~kao06すまんの…

結局、ここで麩をたんまり食べられて喜んでたのはあたしでしたとさ。
それにしても麩は腹に溜まるぜ。


外に出、石畳の打ち水を見て、「先輩、雨が降ってます!」と慌てる後輩を、
愛いやつじゃと思いました。


そういや、蓋も素敵だったので載せときます。

manjiro6

うっひょ、京都っぺー!いいよーいーよー!!
とバシャバシャ撮りすぎて、後輩に「蓋とったらどうですか」と促される。
あれだよね、こういうのを、威厳がないと言うのだよね。


「萬治郎」
075-551-2900
定休日:不定休
営業時間:11:00~(L.O.16:30)
京都府京都市東山区
高台寺北門前通下河原東入ル鷲尾町518
mapはこちらから


お読み頂きありがとうございました。
よろしければ、バナーをクリックしてやってくださいね。
ランキング投票していただけます~。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。押して頂けたら大変喜びます。
03:20 | 食べもん屋探訪・食事所編
comment(4)     trackback(0)

 ボリューミー卵サンド・【コロナ】に行ってみた。

阪急百貨店より一筋南に入ると、風俗のお店やらホテルやらが姿を現し、あたりはちょっと大人な雰囲気…
とは言っても、老舗の甘味処や喫茶店なんかあったりするんで、モロ夜の歓楽街というわけではないんですが…

細い路地を奥に進むと、休日にはたくさんの人が列をなす、小さなお店があります。

コロナ1

ちいさな街の洋食屋、「コロナ」さん。

アラフォーならぬアラエイ?くらいのおじいちゃんが、めっちゃ頑張って作って下さります。

連休のときなんかえらい行列できてんの見てたんですが、この親父さんがあの量のお客さんをさばいてたとは…スゲエ…。

一気に四品くらい注文入っちゃって、親父さんが「アイヨ。」と小さく呟くのを見ると、思わず

「そんなこともなげに!!ああ…おやっさ~ん!!」

とハラハラしてしまう。

お店もめっちゃ古いです。
「レトロ」なんて言葉が温く感じてしまうくらい。
何年くらいされてんのやろ~。

このお店の名物メニュー、それはこちらの玉子サンド。

コロナ2

玉子サンド 500円

四個だか五個だか、とにかく坂東英二もびっくりの量の玉子が挟まってるんですな。
半熟気味に焼かれた玉子焼きを、器用に三つに折りたたみ、ぎゅぎゅっと押しつぶして耳を切る。
お年を召されてるとは言え鮮やかなもんです。

玉子の味付けは塩のみ。
他の味付けは、パンに塗られた辛子とソースだけ。
何せ具の方がパンより分厚いんで、塩味だけの玉子焼き挟まったサンドイッチなんて、美味しいのか?と思われるやもしれません。
しかしこれが妙に美味いんですよ。
玉子も別段特別なものを使用されてるようでもなさそうなんで、これはつまり、親父さんの熟練の技による、焼き加減の巧さなんやと思います。

もう一品、チキンカツ(700円)も注文しました。

コロナ3

ゆっくりながら丁寧に作って下さったチキンカツ。
こちらも美味しく頂きました。

親父さん、ヨイヨイヨイと頑張って作って下さるんやけど、やっぱり一度にたくさんは作られんからね…
卒業旅行なんかで食べざかりの男衆、大挙して押しかけたらいかんよ、ほんとに。kao02


「コロナ」
075-351-0567
17:30~20:30
月・火曜休
京都府京都市下京区西木屋町四条下ル
mapはこちらから


よろしければぽちっと投票してやってくださいませ♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。どうぞ、応援してやってくださいね!

20:07 | 食べもん屋探訪・食事所編
comment(5)     trackback(0)

 初体験、ロシア料理・【ロシアレストラン キエフ】に行ってみた。

先日、念願かなって、ずーっと行ってみたかったお店に伺うことができました。
未知なる食べ物への開拓精神がまったくないツレを、説得し続けること数ヶ月…
ようやくOKがもらえたのですよ。

行先は「ロシアレストラン キエフ」さん。
加藤 登紀子さんのお父様がはじめられたレストランだそうです。
失礼ながら、加藤さんの歌についてそこまで存じ上げないんですが、ただ一つ言えるのは「紅の豚」サイコーってことです。
完璧な発音で歌い上げる「さくらんぼの実る頃」、マジで惚れました。

キエフ1

上階にあるレストラン。
眺めもまた格別です。
ランチは1200円のAランチ、Bランチ、1800円のCランチから選べます。
我々はAとBをチョイス。

キエフ2

Aのピロシキです。
まともに食べるロシア料理は初めてなのでドキドキ。
さすがにピロシキはありますがね。

以前住んでたとこに、延々チャイコフスキーをピロシキに聴かせ、「こうすると美味しくなるんです!」と主張してたお店があったな…
ピロシキはともかく、毎日ひたすら同じクラシックを聴かにゃならん店員さんが大変やね。

一方、ツレは「ピロシキって何?」という大たわけ者です。

ドーナツのような香ばしい皮が美味しい。

キエフ3

ボルシチです。
Aには大皿、Bにはカップでついてきます。
写真、補正してませんよ。
ビーツという野菜の色が出て、こんな鮮やかな赤色になるらしいです。

あっさりしていて、どなたにも好まれそうなお味。

キエフ4

カプスタサラダ(キャベツのサラダ)と、Aのグリビィ(きのこのクリーム煮壷焼き)です。
サラダはA、B共に付いてます。

キエフ5

これすごく美味しい!!
まろやかなホワイトソースに、バターがたっぷり練り込まれた皮を浸して食べると完璧です。
底にはマッシュルームがゴロゴロ…
ロシアびとめ…いいもの食べてやがるわ。

キエフ6

Bのプロフ(ウズベキスタン風ピラフ)です。
大概の方がグリビィにつられてAをお選びになると思うんですが、このピラフのポテンシャルは半端じゃないっす。
スパイシーで物凄く後引くお味。
混ぜられたお肉がいい感じにボリュームを出してくれてます。

個人的には「ピラフなんていつでも食べられるし、絶対Aやろ」と考えてたんですが、どちらを選んでも満足度に変わりありませんよ。

キエフ7

ラストのロシアンティー。
バラのジャムを入れて飲むんです。
京都の街を見おろしながら、バラジャム入りの紅茶を飲む、こんな優雅なことできるなんて…


さて、実はこちらのお店、名物営業部長さんがいらっしゃいまして…
大変精力的な方のようで、京都くいしんぼうの会というブログもされてます。

何やらテーブルを巡回されてる紳士がおられる!もしや総支配人的な…!?
と緊張してたんですが、

一周目→キエフのビラを「またお願いしまーす」と軽妙なノリで置いていく。
二週目→自分の名刺を全員に配付。
三周目→なぜか別のレストランのビラを軽妙なノリで置いていく。

せわしない…せわしないぜ営業部長!!
そもそもレストランで営業部長って何なんだぜ!

その間にも、記念撮影に応じたり、お子さんにロシアの鳴子?の演奏披露など、お客さんを楽しませるのに余念がありません。

我々もその恩恵にあずかり、屋上に登らせていただくことができました。

キエフ8

この部長さん、もんのすごいしゃべりーで(笑)
繰り出すマシンガントークに、我々たじろぎっぱな(笑)

京都についてものすごい博識でいらして、色々教えて下さるんですが、
「それにしてもこの部長、ノリノリである…」
とか余計なこと考えてたら、肝心な情報逃してまいました。
ツレに聞いて復習しときます。

でも、部長さんの京都七大お気に入りカフェ、絶対行くからね!!


すごく楽しいランチタイムを過ごすことができました。
機会があれば、ぜひまたロシア料理&部長さんのトークを楽しみに訪れたいです。


「ロシアレストラン キエフ」
お店HP
075-525-0860
12:00~24:00
21:00からは酒房タイム
L.O.21:00(コース)
L.O.21:00(アラカルト)
定休日 年末年始
京都市東山区縄手通四条上ル鴨東ビル6F
mapはこちらから


お読み頂きありがとうございました。
よろしければ、バナーをクリックしてやってくださいね。
ランキング投票していただけます~。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。押して頂けたら大変喜びます。
14:33 | 食べもん屋探訪・食事所編
comment(4)     trackback(0)

 カレーうどんとスジ肉、夢の競演・【やまびこ】に行ってみた。

書くことが溜まってきた…

駆け足気味に、行ったお店を紹介させていただきますね。

府庁そばのお食事処、「やまびこ」さん。
柔らかいスジ肉入りのカレーうどんが人気のお店。

テレビや雑誌にも引っ張りだこのようで、店内には芸能人のサインが所狭しと飾られていましたさ。
観光客よりも、地元のおばちゃんが一人でふらっと来てたリ、地域にも根付いてるお店なんやと思います。
よく賑わってたしね。

yamabiko1
ミニ・ミニセット 750円

ミニすじカレーうどんと週替わりのミニ丼のお得なセットですよ。
「ミニ」と言っても、どちらも単品で成立しそうなくらいのボリューム。
「オイオイ、どんだけ炭水化物食うんよ…」と、ちょっぴり自分に不安を覚えたですよ。

yamabiko2

お邪魔した時の週の丼は、カツ丼でした。イエイキラキラ(オレンジ)

お味は、まずまず…。
いつもトンカツ屋さんでカツ丼食べてるから、揚げ具合とか、その辺の差は仕方なかろ。

yamabiko3

おつゆたっぷり~!!
麺が奥底に沈んでます。もちろん京風フニャ麺ですが、もう驚かない。
柔らかいスジ肉がゴロゴロ入ってて、嬉しいですね~。
良く脂抜きしてあるから、もたれないですね。

おつゆのカレーは辛めで、子どもたちが何度も水を汲みに行ってました。
願わくば、辛みの中にも中にももう少しまろやかさがあればいいかな~と思います。
あの、一日目のカレーのとがった感じがしますんでね。
でも、美味しいですよ。

隣で男子学生のグループも、すじカレーうどんをすすっておりました。
一人が延々、「水族館は、自分はあれは動物虐待だと思う。」だの「ペットショップは最悪だ。5万円で、犬の命が買えるか!?」だのアツく語ってたんですがね。

750円で牛の臓物貪りながら、の会話かい?

心の中で「おっしゃるよね~」とツッコミを入れときました。

やまびこさん、一度是非どうぞ。


「やまびこ」
お店HP
075-231-5477
11:00~15:00、17:00~21:30
定休日 火曜日
京都市上京区丸太町通西洞院東入ル田中町122
mapはこちらから


よろしければぽちっと投票してやってくださいませ♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。どうぞ、応援してやってくださいね!

14:58 | 食べもん屋探訪・食事所編
comment(6)     trackback(0)
| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。