スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 美味しいご飯と絶品スイーツのカフェ・【虹色カフェ】に行ってみた。

最近暑くなってきましたね~。
朝起きたら汗びっしょびしょで驚きます。
羽根布団そろそろしまわんと。

最近鴨川で楽器をやっているのですが、もう結構紫外線がきついですね。
かと言って木陰でやってると、鳥類が来よるんですわ。
カラスって楽器の演奏と一緒に鳴くんですよ。いやマジで。
さすが三歳児並みの知能を持つだけのことはある…
鴨川でカラスと一緒にラッパ吹いてる人間がいたら、それは私です。
温かく見守っていただきたい。


さて、今日は最近仕事場の人に良く連れて行ってもらっているカフェについて書きます。
「虹色カフェ」さんです。

IMG_0120.jpg

場所が若干奥まっているので迷ってしまわれるかもしれないですが、
住宅街の一角にぽんと佇む姿が愛らしいお店です。
ドアにはご店主お知り合いのステンドグラス職人さんが手掛けられた、虹のステンドグラスがとっても可愛い!
晴れた日のお昼には綺麗に見えます。

こちらのお店にはランチの時間帯にお邪魔することが多いのですが、本当にご飯が美味しい!!
正直掛け値なしに、京都カフェの中でも相当レベル高いと思ってます。
しかも毎週ランチメニューが変わるから、食べに行くのがとっても楽しみなんですよ。
とても凝ってるし、良く研究されてるんやなあといつも感心してます。
またランチに行ったら、ぜひ記事にさせて頂きたいです。

IMG_0127.jpg

んで、今回は食事ではなくパフェを食してきました。
何やらこれからは、パフェ押しでいきたいとのことらしく、開発直後のものを頂きましたよ。
こちらのお姉さんはスイーツもびっくりするくらい上手に作られるので、
一週間前からものすごい楽しみにしてました。

カテゴリは、スイーツパフェ、定番パフェ、和パフェ、美容パフェ、男パフェがありました。
男パフェに関して、一週間前から想像を逞しくさせてたのは言うまでもない。男ォ…
あ、全部のパフェがバニラベースorチョコベース選べるんですよ。
ホント至れり尽くせりやな。

IMG_0130.jpg

私が注文したキャラメルバナナのミルフィーユパフェ!(バニラベース)
これはヤバい!すっっっごい美味しい!!
キャラメルとバナナのペアが間違いないのはもちろんなんですが、
その他にもバナナアイスやらババロア?がふんだんに盛られてて、とても満足感のあるお品です。
フルーツもこだわったものを使用されてるらしいし…
絶対手抜きされないから、どの部分食べても美味しいのよね…

IMG_0131.jpg

こちらはたくさんベリーの甘酸っぱいレアチーズパフェ。(チョコベース)
赤色が綺麗な乙女パフェやねぇ…


そしてこちら。
例の男パフェ!!!

IMG_0133.jpg

その名も男の晩酌パフェ!!!(左:チョコベース 右:バニラベース)
何とビールゼリーが盛られております。
意表突いてきたなあ。。。晩酌って!
ビールってゼリーになると柑橘っぽい感じの味になる気がします。
ネタ的に作られたそうですが、その割にやっぱウマイんよね~…
甘さ控えめらしいのですが、やっぱり男のパフェやからなのか…
焼酎ムースのパフェも開発中とのことやったので、
今後この「男パフェシリーズ」どう展開されていくんか楽しみです。ふふ。


アイデアウーマンの面白いお姉さんがいる素敵なカフェです。
最近の一押しカフェですよ。
また近いうちに食べに行きます~♪

-----------------------------------------
と、最後にここで告知させていただきまーす。

お花をやってみたいけど、先生のお宅に通ったり、道具を揃えたりなかなか大変だと尻込みされている方。
虹色カフェさんで気軽に生け花体験をしてみませんか?

◆北白川会◆

講師:井上治洲(怜芳斎) 嵯峨御流正教授
    京都大学文学研究科博士課程修了のインテリナイスガイです。
    HPhttp://kitashirakawaclub.jp/index.html
    ついったーhttp://twitter.com/reihousai
    E-mail→jisyu@kitashirakawaclub.jp
料金:ひと月3,000円(花材費別) 開催は月3回です。
    花材費は一回1,000円程度とのこと。持ち込みもOKだそうですよ
    花器や道具のご用意は一切必要ありません。
    お花はお帰り時にお持ち帰り頂けます。当たり前ですが…
開催日時:毎週金曜日18時から21時 
※その他、ご希望の方にはご自宅まで出張お稽古に参ります。
開催場所:虹色カフェ

お申し込みは井上先生に直接ご連絡いただくか、私宛にメッセージを下さっても構いません。
単発での参加も歓迎とのことですので、ご興味があればぜひお申込みくださいね。
活動の様子は虹色カフェさんのブログでもご覧いただけます♪
お問い合わせもコメント欄でお気軽にどうぞ


「虹色カフェ」
11:30~20:00
ランチ営業
定休日 日曜、月曜
京都府京都市左京区北白川西町87-28 京大農学部東側上ル
mapはこちら


京都ブログランキング!
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ

スポンサーサイト
22:20 | 食べもん屋探訪・カフェ編
comment(2)     trackback(0)

 烏丸店が百万遍に移転・【boogaloo cafe】に行ってみた。

最近ついったーをほんの内輪だけで始めたんですが、結構面白い気がする。
あの義務感のなさが性に合ってるというか…
適当に何でも喋りっぱなしにできるのがいい。
mixiは、足あととか紹介とかシステムがうざったすぎて、結局一回も日記書かんとやめたしなあ。

ただ、全然知らん人から勝手にフォローされるのが怖いね。
知り合いが「歯周病」ワードを使用したがために、インプラントマニアからフォローされてましたが。
どないやねん……

さて、今日は最近百万遍にオープンしたカフェのご紹介です。

IMG_0118.jpg
boogaloo cafe 百万遍店

IMG_0107.jpg

外観全然目立たんのよね~。
たぶん、あんまりオープン気付かれてないと思います。
内装もあっさり目というか…
いつでも撤退する気満々なんやろうかとちょっと心配。

boogaloo cafeといえば、市内に数店舗経営されてる割と有名なお店やので、ご存知の方も多いと思います。
私は一度寺町店でえらい目に合ったので敬遠してたのですが、まあ、それはいいだろう。
百万遍界隈って、あんまり女性が行けるようなお店が少ないので、重宝します。
すでに3,4回お世話になったので、まとめて写真アップしますね。

IMG_0110.jpg

IMG_0108.jpg

ピザの種類が豊富でした。
値段もそんなに高くない。四条店なんかに比べて若干抑え気味に設定されてると思う。

カプチーノ好きなので、フレーバーカプチーノを行くたびに注文しました。
デザインが凝ってんのよ。

IMG_0106.jpg

おでんでんでん、と。。おでんくんです。

著作権もなんのその。だがそれがいい。
てか、カプチーノにこのキャラクターチョイスって、斬新すぎるやろ…
可愛いけど、いささかくちびるの部分がキモイ気がしまして、飲みにくかったぜ。

IMG_0112.jpg

ハートの植物。

IMG_0114.jpg

猿…のような生き物。
何か、持ってきた店員さんに謝られた。
生え際のみならず顎も割れている。

立地はめちゃめちゃいいし、居心地もわるくないので、バス待ちの際などは良いかもしれん。
店員さんも目の保養なるしな。

ランチはパン食べ放題なんやと。
一度ランチ食べに来てみよう。


「boogaloo cafe」
お店HP
※お店詳細はまた後日upします。


京都ブログランキング!
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ

22:49 | 食べもん屋探訪・カフェ編
comment(2)     trackback(0)

 喫茶店でもカフェでもない…・【喫茶fe カフェっさ 】に行ってみた。

再開一発目の記事です。
更新して早々、あたたかいコメントを下さった方々、本当にありがとうございます。
覚えていてもらえた…と、本人一番驚いております。

感激してまうやろ~!!

まだまだカンは取り戻せてませんが、
そこは褒められて伸びるタイプ、俄然やる気に燃えております。
ので、どうぞよろしくお願いします~!!


さて、一年ぶりの記事に選んだのは、東山三条、古川町商店街ほど近くの「喫茶fe カフェっさ 」さん。

IMG_0082.jpg

最近よくお邪魔しているお店です。

喫茶店でもカフェでもない特別な空間、ということで、京都の名店「六曜社」さんのご子息が昨年オープンされたのだとか。
こちらの店舗、以前は「六花」さんというカフェでしたが、内装そのままに引き継がれたようです。
「六花」さんは東大路ぞいに移転オープンされましたね。


さて、はじめどうしてもこの独特の店名が覚えられず…「き…さか……ふぇ…?ああも~!!」
とフラストレーション感じておりましたが、毎週通ううち、ようやく記憶も定着。
「今日も喫茶fe行ってきたし!」とスラスラ人に自慢できるようになりました。不毛な自慢…

こちらのお店、いらっしゃるお客さんの客層がほんと様々なのが面白い。
買い物帰りの仲良しおばさまコンビからヒッピー崩れのお兄さんまで、皆さんまったりとされてます。
今日もおばあちゃんが、入店するなり店員さんにアメあげとりました。

本日注文したのは、モーニングのマフィンサンドセット。

IMG_0080.jpg

IMG_0081.jpg

このマフィンサンドがうめーうめー。
ふわとろのスクランブルエッグをカリカリのイングリッシュマフィンと一緒に頬張ると、
幸せ気分で一日のスタートが切れますよ。


コーヒーにこだわりを持たれているだけあって、種類は豊富やと思います。
若干気になるのが、ブレンドコーヒーに「飲む音楽」と命名されてるとこ。

…飲む…音楽……のむ…おんがく……て……かっこよすぎるやろ……

いかん、こういうのはどうしても反応してしまう。


友人に
「今度行ったら、「飲む音楽、ひとつ」て注文しぃよ。(ニヤニヤ)」
と命じたところ、
「おぅ、ええで、言ったるわ!!!」
と快諾してもらえました。

ほんと恐ろしいわ~関西人……
実際やられたら、同席してる私が赤面してしまうこと必至です。

とにかく、コーヒーも食事も、とっても美味しい喫茶フェですので。
あ、オムライスもおすすめですよ。


「喫茶fe カフェっさ 」
京都府京都市東山区唐戸鼻町562-1
8:00~20:30
日曜営業
定休日 木曜日
mapはこちら


京都ブログランキング!
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ

22:46 | 食べもん屋探訪・カフェ編
comment(6)     trackback(0)

 美容院プロデュースカフェ・【サボンカフェ】に行ってみた。

汗ばむほどの陽気だと思ったら急に冷え込んだり…
どうもいかん季節です。
体調を崩しやすくなりますね。

それはそうと、花粉症に打ち勝つため、
免疫力を高めようとヨーグルトを食べてます。
全く効く気配がないのですが…
これが世に言う「手遅れ」というやつですね。

さて、今回は街なかから行きやすい町屋カフェ、「サボンカフェ」さんのご紹介です。

sabon1

お隣の美容院が経営されてるカフェらしいですが…
やからサボンなんかなあ。

町屋というか、古民家と言った方がしっくりくるかも。
京町屋っぽい格子やらはないです。
むしろ隣の美容室のほうがすごく京都っぽいんで、間違えて入ってっちゃうお客さんもいるみたいす。

sabon2

お客さんがゆっくりされてるところを、失礼してパチリと。
畳のスペースがあるかと思いきや、テーブル席や半個室の席も。

sabon3

こちらは味噌を使用したカレーが名物のようですが、昼食をとったばかりで腹イッパイでしたので、
今回はパス。

sabon4

まだまだぜんざいが美味しい季節は終わらない。終わらせない!
ちょっと贅沢して抹茶アイスもトッピングしてもらいました。

sabon5

小さい白玉がいっぱい入って、甘みもちょうどよく、なかなか好みのぜんざいでした。

よそから来た知り合いなど連れてくるのにいいかも。
よそもんにとって町屋って衝撃ですからね…


「サボンカフェ」
075-213-1299
12:00~18:00(L.O)
定休日 月曜・第2第3火曜日・不定休
京都府京都市中京区麩屋町通三条下ル白壁町438
mapはこちらから


よろしければぽちりと投票してやってくださいませ♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。どうぞ、応援してやってくださいね!

17:44 | 食べもん屋探訪・カフェ編
comment(7)     trackback(0)

 静寂に浸る午後・【李朝喫茶 李青】に行ってみた。

目がかいぃ…
朝自分のくしゃみで起きる…
電車とかに乗っとっても、そんなつらそうな人おらんのやけど…
なに?花粉症って都市伝説??って、本気で思います。


ブログネタが溜まってきはじめたので、短めに二つ投下しときます。
まずは、こちらのカフェのお話。

risei1

「李朝喫茶 李青」さん。
出町にあります。

risei2

失礼ながら、あまり聞いたことのないカフェやったんやけど、
何気にすごく評判が良かったんですよ。

中が全く見えず、すごく入りにくい感じの店構え…
しかし、ぜひ勇気を出して入って頂きたい。

risei3

静けさを楽しむカフェをコンセプトにやってらっしゃるようで、
メニューにも大声でのお喋りを控えるようにとの注意書きが…

でも、全っ然やな感じじゃないんですよ。
友人と小声で喋ってたら、ホント思いがけず、もう今年最後かと思われるほどの大爆笑をとってしまい…
「うおかお しー!しーっっ!!」
と焦ってたら、マダムが、
「いいですよ~、他にお客さんいらっしゃらないし、楽しんでいって下さいね。」
と優しいお言葉をかけて下さいました。

もう、これだけでこちらの高感度満点ね。

risei4

んで、何がいいかって、すごいお手頃なんですよ。
京都に有名な韓国茶のお店ありますけど、いかんせん高くてなかなか行けない…
こちらは、飲み物ほとんど500円です。
ケーキセットにしたら700円という驚異のお値段でした。

内装もすごくいい感じに造りこんであって、仄暗く、BGMは韓国の弦楽器かなんかの「ビン ビビーン」という音。
ああ、めっちゃ落ち着く…

シャッター音が気になって、お店の写真あんま撮れんやったんですが、すごくおすすめのお店だと主張しときます。

帰り際に友人が、レジ側で売られてた「おこげ味飴」なる謎の食べ物を購入し、分けてくれました。
すごく…すごく、おこげ味でした。


「李朝喫茶 李青」
075-255-6652
11:00~18:00
定休日 月曜・火曜
京都府京都市上京区河原町通今出川下ル2筋目東入ル448-16

mapはこちらから


記事がお気に召しましたら、バナーをクリックしてやって下さいませ。
更新の励みになります。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。どうぞ、応援してやってくださいね!

15:20 | 食べもん屋探訪・カフェ編
comment(0)     trackback(0)
| HOME | next
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。