スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 南禅寺天授庵ってどんなん??

水路閣に続いて、今日は見事な庭園を持つ庵のご紹介。
天授庵は三門のすぐ側に位置してるんやけど、みんなそっちに気をとられて、天授庵にはあまり足を運ばないみたいや。
確かに三門にのぼって楽しそうな人らを見たら、気がはやるもんね…
そら「早く自分も、絶景かな、絶景かな、って言いたい」と思う気持ちは分かる。
それに、ただでさえ南禅寺には拝観料ポイントが多いしね。
けど、人が少ないのは綺麗なお庭を満喫できるチャンスなんやね~。

天授庵1

入り口付近の様子。
庭園は全く見えないけど、何か隠し持ってそうな予感や。

天授庵2

さっきの建物の入口からの写真。
きっと、ここから見た風景が最も美しくなるように設計されているんやろうけど、残念なことに上がれないんですね。

天授庵3

奥に進むと枯山水の庭が現れる。
何だかモダンさを感じるね。
前方には楓の木が多く植えられてて、もっと秋が深まったら、風情がありましょうな。
広い縁側で、ゆっくり休憩できるんよ。

天授庵4

続いては、池泉回遊式庭園の登場。
文字通り、大きな池が配された庭園の中を巡ることができるんや。
今までの庭園は岸辺くらいまでしか近付けなかったからちょっと新鮮。
自然の中を散策してる気分。

天授庵5

天授庵6

天授庵7


という具合に一周です。
ホントはもっと感動的なんやけど、所詮素人の腕ではねぇ…
けど、庭園の中じゃかなり満足度高かったと思う。
こうして、妙な期待を持たずに何気なく入ってみたところが、案外良かったりする。

実は、今回の南禅寺編はこれで終わり%8A%BE

拝観料をケチってしもーたんや!!

とはいえ、やっぱ南禅寺の本領は紅葉の時期やろ!
もう少し寒くなったら、また攻めに行くからな!!

南禅寺紅葉

ちょっとづつ色づき始めた紅葉。


お気に召しましたら、宜しければクリックをお願いしますね。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
スポンサーサイト
10:44 | 京めぐり・洛東編
comment(2)     trackback(0)

 最高級宇治抹茶パフェ・【京はやしや】に行ってみた。

京都の抹茶パフェ勢力図は、「都路里」を頂点に、「京はやしや」、「茶房こいし」、「ぎをん小森」の四大派閥争いと形容することができましょうが、今日は「京はやしや」さんの話。

はやしやさんは、四条の繁華街からは少し離れて、三条の鴨川のわりと側にある。
やから、休日にふと思い立って行ってみても、あまり待たなくていいんやね~。

はやしや1

はやしや2

雑居ビルの6Fに店舗を構えてる。
「世界のお茶」のキャッチフレーズがどこか妙にチープさをかもしてるけど、宇治に茶園を持つ立派な老舗茶舗や。
立地的にはそんなに流行りそうもないにもかかわらず、そこは名店、賑わってる。

店内はまっったく和テイストにしようなんて意気込みはなく、思い切りそこらの喫茶店みたいな感じや。
清潔感もあるし眺めもすごくいいけど、お茶屋さん…老舗…雰囲気はない。

さっそく抹茶パフェ(800円)を注文。
このお店は良心的で、「二人で一つのものを食べたい」という注文にも快く応じてくれた。
出てくるのも早い!! 
待ちがないっていうのは非常に好感が持てるわね。

はやしや 抹茶パフェ

けっこうデカイ。
ここの抹茶パフェは、造形も気合いが入ってるわけやないし、なぜかバナナやらパイナップルが入ってて、それは正直合わんと思う。
でも、それを差し引いても、お茶が、使用されてる抹茶がすごく美味なんや!!
苦みやら渋みやら、舌を刺激するものが一切なくて、まろーんってしてる。
味が柔らかいから、どんどん食べ進めることができて気がついたらなくなってる、っちゅー感じ。
食べ終わっても満足するどころか、「まだ足りない!」と思ってしまうんや。
個人的には中盤からのソフトクリーム部が相当ヒットやった。
ここは正真正銘味勝負のお店やね~smile-8

「世界のお茶」言うだけあって、紅茶のパフェもあるみたい。
次回の注文は決定やね。


「京はやしや」
京都市中京区三条通河原町東入る中島町105
タカセビル6F
11:30~21:00
不定休


拡大地図を表示 

お気に召しましたらクリックお願い致しますね。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
22:52 | 食べもん屋探訪・甘味所編
comment(0)     trackback(0)

 南禅寺水路閣ってどんなん??

古都京都、和の代名詞とも呼べるこの土地に不似合いな「ソレ」は、よりにもよって寺院の境内にでんと構えている。
ヨーロッパにでも旅行に来たのかと錯覚させる建造物。南禅寺水路閣。
名前は雅やかやけど、古代ローマの水道橋を模したもので、アーチ、アーチ、そして赤煉瓦、という具合にとびきり西洋の匂いをさせてるんや。
明治21年建築、文明開化ですよ。

琵琶湖疎水1

異国情緒ただよってるやろ?それでも京都よjumee%81%99faceA3

琵琶湖疎水2


琵琶湖疎水3


どうもここでは、柱の後ろからぴょこりと顔を出して写真を撮るのがツウらしい。
相棒じゅんちゃんも観光客に写真を頼まれてた。
けど、柱の裏に行った瞬間になぜかお互いを見失い、
「あれ?いなくなった??」
と柱のまわりをグルグルまわっていた。あほやね%81L%84t%81M%83g%83z%83z

琵琶湖疎水上


このとおり、上部には水が通され、現在でもしっかりと水路閣の役割を果たしてます。
結構高いから、高所恐怖症のあたしは足がすくんだよ。

ハート


鉄柵のハート模様がキュートです%83%89%83u%83%8A%83B%83n%81%5B%83g


クリックいただけましたら嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
22:56 | 京めぐり・洛東編
comment(0)     trackback(0)

 お菓子でめぐる弘法さん・後編 (京都の和菓子 15)

今日のお菓子は、何ヶ月も前からず~っと狙いを定めてたもの。
なぜ数ヶ月も待ったのか。
それは、このお菓子が弘法さんが開催される日とその前後、月にたった三日間しか販売されないからなんや!
販売日と自分のスケジュールが合わないと、手に入らない。
その名もどら焼き。
でも、某ネコ型ロボットが好むやつではないんやね。

どら焼き
どら焼き1

どら焼き2

棒状!竹皮!!
何とも野趣あふれるバウムクーヘンのような見た目やけど、実は由緒正しいお菓子。
東寺御用達の和菓子司「笹屋伊織」さんが、東寺の僧侶のおやつにと開発したもの。
銅鑼で薄皮を焼いて餡をくるんでみたら、ありゃまーうまいと大評判になったんやと。

見た目どおり結構ダイナミックな味。
と言っても、大味ということやなくて、竹の皮の風味やら皮の食感やら、諸要素の特徴が際立って、主張してくるということ。

餡は京菓子の例に漏れず口溶けがいい。
よく皮が「もちもち」と形容されてるけど、あたしは単に「弾力がある」と言うにとどめたいと思う。
「もちもち」っていうほどの歯ごたえは意識させないと思う。
そして、この皮がわりと甘い!
説明書きに温めることが推奨されてたんでチンしてみたら、ま~皮の甘さが前面に出てくること!!
ムワッとして、餡よりも甘味を強く感じた。
あたしは常温が好きや。
ちなみに翌日残りを食べてみたら、何か前日よりうまく感じた。
朝やからか味が馴染んだんかは分からんけど…

1300円くらいで結構値段もするし、また食べられる機会あるかな…
たまに弘法さんの日関係なく、京都駅伊勢丹でも売られてるみたいや。
そういや、弘法さんのときは東寺餅さんの近くでも出張販売してたよ。


「笹屋伊織」
京都市下京区七条通大宮西入花畑町86
笹屋伊織




拡大地図を表示

お気に召しましたらクリック宜しくお願い致します。
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
02:48 | 京の和菓子
comment(0)     trackback(0)

 お菓子でめぐる弘法さん・前編 (京都の和菓子 14)

弘法市からは何も戦利品を持ち帰ることはなかった。
けど、甘いもん好きとして、ちゃっかり東寺のお菓子はチェック済み!
今回は現地消費した二つについて書こう。

東寺サブレ
東寺サブレ1

東寺サブレ2

東寺サブレは、弘法市の都度、東寺の南大門で売られるらしい。
ネット注文もできるとか。

中途ハンパにデフォルメされたビミョ~な東寺の押し型(なぜか四層しかない)と、謎の卵形に心くすぐられるね。
しかし、味、食感はメチャ好みです。
ちょっと固めでザックリとした歯ごたえ。
割とあっさりしてて、パティスリーで作られたもののような濃密な風味には乏しいけど、それだけに紅茶だろうが緑茶だろうが、どんなお茶請けにもなりそう。

さて、お次。

東寺餅
東寺餅


何やらハムスターでも手に乗っけてるかのようやけど、お餅ね。
一つだけ購入したら、ホントにこのまんま紙袋に入れてくれました。
こちらは、東寺の東門そばにある、「東寺餅」さんのお菓子、名前まんま、東寺餅。

行列ができてたけど、このお餅は~凄い!
雑味、雑感が一切ないとでも言いましょうかね。
とにかくすべてが滑らか。
滑らかに皮がのびて、滑らかにこし餡がとけてく。お餅のダマも、小豆の粒も一切ない。
餅粉のむらがないから口に入れた瞬間の舌触りもいいしね。
塩気も強くないから、上品で控えめな印象や。
お餅系では、一押しです。


「東寺餅」
京都市南区東寺東門前町88
東寺餅外観



拡大地図を表示


お気に召しましたら、ぜひクリックして下さいね。
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
00:10 | 京の和菓子
comment(4)     trackback(0)

 東寺・弘法市を冷やかしに♪

先月は知恩寺の手作り市に突撃してみたけど、今月は少し足をのばして、東寺、弘法市に行ってみた。
地元の人に「弘法さん」と親しまれるこの市は、毎月21日に東寺の境内で開催されてるんや。
今月の21日は日曜日!
相当の人出が見込まれたけど、腹をくくって潜入してきたよ。

普段は荘厳な五重塔が参拝客を圧倒する東寺さんですが、この日ばかりはみんな、塔を見上げるのもそこそこにお祭り騒ぎ。
境内に入りきらなかった露店が歩道に溢れ出してた!
テキ屋さんもたくさん店構えてて、ホント、市っちゅーよりも祭みたい。
「なんやなんや、みんなはしゃいでからに…お祭り気分もたいがいにせな」
と思いつつ、焼きトウモロコシを購入。さらにタイ焼きを購入。

さあ、レッツ境内。

弘法さん


人多いやんね~やっぱり。。。うぬ、若干アダルトな市の予感。
それもそのはず、弘法市は骨董屋さんの出店がきわめて多いんやねえ。

弘法さん2

このような、ね。
いい仕事なのかどうかは素人目には分かりかねますが、身の丈ほどもある水瓶なんか、どうやって持って帰るんかね。

弘法さん3

甘納豆を砂糖で固めたザ・メタボ菓子、岩納豆。でもうまそう。

弘法さん4

弘法さん5

ドロボウ柄の招き猫たち。上品な顔してるけど派手。

弘法さん6

弘法さん7

竹細工のカニ。かわゆいけど意外と高い。
使い道は…手に乗っけて楽しい、とかかね。

弘法さん8

弘法さん9


こんな乙女ゴコロをくすぐる雑貨もあり。
でも正直、店が多すぎて何がなんやら…人波に揉まれまくって意識も朦朧としてくるし…。
結局、残るもんは何一つ買わずに帰ってきた。
まあ、ガラクタ漁るんは宝探し的感覚で悪くなかったけどね。
平日もこんなに混むんか知らんけど、悠々自適のナイスミドルを多くお見かけしたし、混むんでしょうな。毎月。

弘法さん10



お気に召しましたらどうぞ、クリックして下さいね。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 
20:53 | 京都イベント
comment(2)     trackback(0)

 時代祭・ぶらっと昼休み観光♪

昨日は待ちに待った時代祭の日!
今年は開催日が平日なので、学生のあたしも授業が…%81L%84t%81M%83g%83z%83z
しかし、好運なことに月曜は昼休みを挟んで1コマ空いている!
2限目、授業延長気味の先生に時計チラ見で無言の圧力をかけ、終了と同時に学校を飛び出したよ。

チャリで爆走したかいあって、行列通過15分くらい前に到着。
御所周辺は黒山の人だかりやったけど、狙ってた烏丸二条あたりは空いてた。
祇園祭でおっちゃんおばちゃんのカオスを経験しただけに、ほっとしました。

ほどなくして、行列が!!

時代祭1


ほわあぁ~美しい~!!

時代祭2

時代祭3


本物の牛馬を連れているだけに、扱いには一苦労の様子。
むずがる牛の鳴き声が、ビル街に響いていたよ。

時代祭4

時代祭5

時代祭6

こちらは静御前。りりしいお姿です。

時代祭7


婦人行列は、京都の五花街が持ち回りでされているそうな。
ということは本物の舞妓さんや芸妓さんなんやろうか?着こなしも素晴らしいです。

着こなしで思い出したんやけど、男性陣のかつら、あれをもっと頑張ってほしい!!
衣装立派なのに頭だけドンキのパーティー用品乗っけてるみたいになってたから…
維新志士やらは長髪にしてもらうとか、何とかならんものかね。
いっそ松浪健四郎議員あたりに依頼したらどうかね。

今年から室町時代の行列も増えたらしく、大変見応えのあるお祭りやった。
昼休みを利用してぶらりと訪れることができるのも、京都に住む者の特権やね。今のうちに堪能しておかな。
祭は見るが授業の予習はしない。
そんなダメ学生ですが、ちゃんと4限には引き上げていきました。
ええ、一人でね!!


お気に召しましたらクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
10:02 | 京都イベント
comment(4)     trackback(0)

 街のケーキ屋さん・【童夢】に行ってみた。

パンでおなかを満たした後は、デザートの時間%83%89%83u%83%8A%83B%83n%81%5B%83g
今日もおいしいケーキを求めて街をさまよいましたがな。
マークしてたお店がなんと移転してしまってたんで、急遽目的地変更!
もう一つ気になってたお店があったんやね~cake

童夢


新しくはないけど、あったかい。ふと寄り道して帰りたくなるようなお店。
地元の人から愛されて続けて30年ですってよ。
今日もお母さんに手を引かれた女の子が、真剣にケーキを選んでたよ。

愛想のいいママさんにおすすめを尋ね、2つのケーキを購入です。

童夢 ケーキ


秋の実りロールと定番商品のカマンベール
ロールケーキは、しっとりとしたスポンジに、ほわほわ軽い生クリーム&チョコクリームが絶妙!
ぶどうといちじくが入ってたんやけど、どうも日によって使用するフルーツは変わるみたい。
カマンベールの方は、さすが定番!
生っぽいチーズムースの味は、チーズそのものを食べてるみたいなコクがよかですよ!
スポンジとの食感のコントラストもありましたしね。

街のケーキ屋さんとはいえ、レベルの高いケーキを味わえる。
京都、さすが大都市やね。

「童夢」
京都市上京区今出川通り寺町東入る
10:30~22:00
月曜・月一回日曜不定休


拡大地図を表示 

お気に召しましたらぽちっとお願いします。
  ↓↓      ↓↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
23:58 | 食べもん屋探訪・パティスリー編
comment(0)     trackback(0)

 フランス仕込みの本格パン・【eze bleu】に行ってみた。

遅めの昼食と京都散策を兼ねて、いつものようにマイ赤チャリで出動。
う~、京都さっみーよ!!
街に出るとあたしだけ冬の装い。浮く浮く!!
京都人はみんな元気ッ子かぁ…。

今日のお昼はパン!
おいしくて安い、そんな我々学生の味方的存在のパン屋さんがあるそうな。

eze bleu


パリの街角にでもちょこんとありそうな可愛らしい外観。「eze bleu」さんだよ。
ここのご主人はフランスでパンのおいしさに惚れ込み、本格的にパン作りを学んだそうやから、かなり期待が持てます。

既に15時くらいということもあって、かなりのパンが売り切れてた。
それにもかかわらず、選ぶのに手間取ってしまうくらいの種類の豊富さ。
決して大きなお店ではないのに、ご主人の意気込みを感じますな。
「本格的」を売りにしているけど、バゲット、菓子パン、総菜パンから焼き菓子まで、どんな客層にも対応してます。
しかも、値段も50円くらいから。
何て良心的なんや!!

今日は出町柳デルタの公園で食べたよ。ちょっとしたピクニック%E5K%E5N

eze bleu パン


左上がブリオッシュ、右がポモドーロというハーブ入りのパン、そして下が、カスタードクリームをバゲットで挟んだ甘いパン。

うん、悪くないですよ~%83I%83%93%83vP2
それぞれのパン、きちんと特徴が際立ってる。
バゲットは完成から恐らく時間が経ってると思うんやけど、それでも皮のパリパリが残ってて良し。
噛めば噛むほど味わい深いっちゅーのはバケットの醍醐味やね。
きちんと、忠実にフランスのものを再現しようとしてるのが分かる。
次回はまるまる一本購入して、酒のつまみにチーズでも乗っけて食べたいね。

ここのパンの良さは、一回行っただけじゃまだまだ感じ尽くせない。
紹介したい、そそられるパンがいっぱいあるんや。
またキコキコチャリこいでお邪魔するとしよう。


「eze bleu」
京都市上京区今出川通西入ル大原口町212 カーサビアンカビル1F
7:00AM~7:00PM
火、第3月休


拡大地図を表示 

お気に召しましたらクリックお願い致します。
  ↓↓      ↓↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
22:51 | 食べもん屋探訪・ベーカリー編
comment(0)     trackback(0)

 老舗のあんみつ・【月ヶ瀬】に行ってみた。

こないだは若いおねーさん方が切り盛りする甘味所を紹介したけど、今日は老舗の味です。
河原町OPAの向かいにある細い路地の奥、風俗店が軒を連ねるところに「月ヶ瀬」さんはあるんや。
何か、こういうの多いなあ…
やましいことないのにほほを赤らめつつお店を目指さなきゃなんない…うう微妙…

月ヶ瀬


ここは地元京都の方もよく足を運ぶお店なんやて。
この本店以外にも、堺町店と高島屋店があるそうな。
本店はこぢんまりとしてるけど、和風のプチ中庭なんかもあってほっと一息つけるお店やった。

月ヶ瀬あんみつ


抹茶クリーム白玉ぜんざい


あんみつ抹茶クリーム白玉ぜんざいです。
こちらのあんみつは、寒天がすごく柔らかい!!
歯で噛まなくても、舌と上あごの力でほろっとくずれてくれる。
それに、なにより甘さがいやらしくなくてさらっとしてるんよ。
といってももちろん、味が薄いってわけじゃないよ。
上品で、食べても食べても胸が悪くなったりしない。
極端に言うと、ガブガブ丼食いしても差し支えなさげなくらい。

惜しまれるんはちょっと値段がはること。
クリームあんみつ一杯で、ランチ一回行ける%8A%BE%82%C6%82%A9

堺町店はもっとモダンな感じなんやて。
もっと寒くなったら、冬季限定の粟ぜんざい食べてみたいな%81%F4


「月ヶ瀬 本店」
京都市中京区河原町通四条上ル 二筋目東入


拡大地図を表示 

お気に召しましたら、1クリックお願いします。励みになります。
  ↓↓      ↓↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 
23:46 | 食べもん屋探訪・甘味所編
comment(2)     trackback(0)

 ご存知超行列のケーキ屋さん・【Qu'il fait bon・キルフェボン】に行ってみた。

キルフェボンといえば、青山でも一時間待ちは当たり前、超人気パティスリーやね。
実は京都店は、関西進出第一号店なんや。
高瀬川のほど近くに店を構えてます。

キルフェボン


ここって外観に「キルフェボン」って書いてないよね?
まあ、人がぎゅーぎゅーひしめいてる農具倉庫思い描いてりゃ、わりかしすぐ見つかる。
この日は日曜日やったんやけど、そりゃあも~、とんでもない込み具合!!
とてもじゃないけど、ゆったり落ち着いてケーキ味わえる雰囲気やない…

キルフェボンショーケース

キルフェボンショーケース2

キルフェボンショーケース3


まー、きれーにショーケースに並んじゃって…目移りしちゃって選べないわ!!
現在は栗やらお芋やら、やっぱり旬の素材を豪勢に使用したケーキがおすすめのようだよ。
しかし、人多すぎて息苦しい…早いこと選んで早々に退散や。

キルフェボンケーキ


上がサツマイモのタルト、黒糖風味。下が栗とメイプルのタルトや。
芋の方はタルト生地にフレークが混ぜ込んであって、サクサクの食感。
栗の方はコリアンダーがアクセントで使用してあるらしく、不思議な爽やかさが口に広がります。
クリームもあっさりしてて好ましいんやけど…
正直、黒糖も栗も、かなり微妙にしか感じられないんよ、すごい残念。
あと、デカすぎ!!
アメリカ人並にガッツリ食わせてくるよね~。
もうちょっと小さくして、値段も押さえてもらえたらもっと嬉しいんやけど…
どうっすかキルフェボンさん!


「キルフェボン 京都店」
京都府京都市中京区木屋町通三条上ル恵比須橋角


拡大地図を表示


お気に召しましたらポチリとクリックどうぞ。
  ↓↓      ↓↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
22:52 | 食べもん屋探訪・パティスリー編
comment(0)     trackback(0)

 知恩院ってどんなん?? 後編

知恩院の境内にある二つの庭園、方丈庭園友禅苑
それぞれ拝観料は400円、300円やけど、共通入園券は500円。お得~やね。

正直、ここの庭園に足を運ぶ人はあまりおらん。
あたしが行ったときは平日やったこともあるけど、ほぼ貸し切り状態やった。
けども、よく造りこんである非常に美しいお庭を楽しめるんや。

まずは友禅苑から。

友禅苑1

友禅苑2

友禅苑3

友禅苑4

ほらほら誰もおらんでしょうが。
お庭独り占めや%83%89%83u%83%8A%83B%83n%81%5B%83g

友禅苑5


池あり庵あり林あり。静寂ですよ。
のーんびりゆったりの時間が流れてきます。


お次は方丈庭園
方丈庭園

方丈庭園2

方丈庭園3

京都市を見渡せる場所があるとは、ビックリ。

方丈庭園4


とまあ、こんな感じで。
写真ばっかりになってしもたな。

そういえば、あたしがお庭を散策していると、業者さんがライトのセッティング位置の確認に来てた。
秋のライトアップってのがあるんやね~%83I%83%93%83vO1夜の姿はいかがかな?

こんなに有名なお寺に足を運ぶ人が少ないとは、何とももったいない。
清水も祇園もすぐ近くよ。
一度は行ってみたら、いいんじゃないかね。


お気に召しましたら1クリックどうぞ。
  ↓↓      ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ 
01:17 | 京めぐり・洛東編
comment(0)     trackback(0)

 知恩院ってどんなん?? 前編

金閣や清水寺みたいに人が大勢押しかけはしないけど、たっぷりお腹いっぱい満喫できるお寺、それが知恩院%83L%83%89%83L%83%89
浄土宗の総本山であり、映画「ラスト・サムライ」のロケ地にもなったんでありますね~。

知恩院三門


実はこちらにお邪魔するのは2回目。
この日は何かの法要が行われていたようで、三門には鮮やかな垂れ幕が張られていたよ。
ちなみにこの三門世界最大級の木造の門なんやと。
近くで見上げると、ホント圧巻ですわ。

石階段


これがトム・クルーズが駆け上がった石階段。
写真はしょぼいんやけど、ずっと上まで続いてて、一段一段がデカい、高い!!
のぼってるとキツくてキツくて、確実に笑いがこぼれるという幸せなスポットです。

知恩院本殿


知恩院の境内はとにかく広い!!
どこかの観光ついでに立ち寄るとかいう甘い考えではいかんよ。
疲れのあまりとんでもないテンションの転落を経て、どんよりモヤッとした面持ちで下山することになるからね。絶対。

ところで、知恩院には七不思議があるんや。
そのうち四つが非公開というモヤモヤな七不思議です。
でも、鶯張りの廊下はキューキュー鳴ってくせ者気分が味わえるし、忘れ傘も探すのは楽しい。

大鐘楼


大鐘楼。超巨大な釣り鐘や。
大晦日には17人がかりで撞く。お坊さんが鐘撞きの丸太にぶら下がってね。

知恩院廊下から


これは廊下からの眺め。
観光客もあまりいないから、けっこうのんびり拝観できるんやね。

さてさて、知恩院が広大というのは、二つの庭園があるからなんや。
その紹介は後編で。


お気に召しましたらクリックどうぞ。
  ↓↓      ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
00:42 | 京めぐり・洛東編
comment(0)     trackback(0)

 お手頃湯葉料理・【とうふ処 豆雅傳】に行ってみた。

遡ること三週間ほど前、熊本からてまきちゃんが遊びに来たときに、突然湯葉を食べたいと言い出したんやね。
それまで、どこかの親子丼が食べたいとか、京都に全く関連のないものをチェックしてた彼女やから、そら~、あたしゃ焦りましたよrirakuma

とにかく、お手頃価格で湯葉を!!!
必死にガイド本、めくりにめくって探し当てましたよ。

豆雅傳

「とうふ処 豆雅傳」さん。ずっと「まめまさひろ」と思ってたんやけど、「うがでん」と読むんやて。
フフ、誰やマサヒロって。

湯葉丼セット

豆腐唐揚げセット


湯葉丼セットと、豆腐唐揚げセットですよ。
あたしは豆腐唐揚げのほうを食べたんやけど、豆腐と鶏の唐揚げ出てくると勘違いしてた。
実際は、豆腐の唐揚げが乗っかった丼が出てきたんや。
どうせ揚げ豆腐ついてくるんやから、別のもんにしときゃ良かった~、なんてことを思いつつ…
まあ、おいしかったからいいか。

丼は、とろーっとしただしがたっぷりかかってる、なかなか変わったものや。
しょうがも結構多めに乗っかってて、しっかり効いてる。
でも、値段の割にはおいしいと思う。
特に湯葉料理なんて、一回の食事でヘタしたら何千円もとられたりするやん。
ここのは、1000円くらいの予算でいけるんや。
お店もまだ新しくて綺麗やし、学生旅行で来られた方なんかは、ぜひ試してもらいたいと思うね。


「とうふ処 豆雅傳」
京都府京都市中京区三条通河原町東入ル中島町87


拡大地図を表示 

お気に召しましたらポチリとクリックよろしくです。
  ↓↓      ↓↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
20:14 | 食べもん屋探訪・食事所編
comment(0)     trackback(0)

 こだわり素材のあんみつ・【みつばち】に行ってみた。

噂になってるもんには何でも手を出してみたいタチ。
あんみつがおいしいお店があるということで、この日も例によって、相棒のじゅんちゃんと出かけたよ。
もう日も暮れかかった頃の突然の発案やったんで、ややあたしも驚きましたが、案外近くにあった。

みつばち


「みつばち」さん。
うん、手作りのあったかい雰囲気漂うお店やね。
でも驚くなかれ、中はなぜかエスニック調に統一されてあるんや。
一瞬自分がカレー屋に来たような錯覚に陥る。
甘味とエスニック。これぞセンスってもんですよ。うん。

とはいえ、こちらは双子の姉妹が経営してるという萌えポイントがあるらしい。
うちらが行った時にはお一人しか見受けられませんでしたがね。
かわいらしいお姉さんですよ。接客も丁寧。

白玉あんみつ

抹茶クリームあんみつ


若干ぶれてるのは素人仕様です。
いや~、うまいものを前にすると気がはやっちゃってね~、やむおえないんです。

たしか、上のがオーソドックスなあんみつ
下のが抹茶クリームあんみつやったと…。

嬉しいのは黒蜜かけほーだいってこと!!ドブドブいくよ!!!
しかもこちらは素材一つ一つにこだわっておられるそうで、沖縄の黒糖やら北海道の小豆やら、あんみつを構成するパーツそれぞれがおいしい。
注目はテングサから手作りされてる寒天で、結構しっかりめなんやけど歯触りがよくて、何より寒天の風味が残ってる。
お値段も他の甘味所と比べたらお手頃やし、いいよ、ここ。


「みつばち」
京都市上京区河原町今出川下ル梶井町448-60


拡大地図を表示 

お気に召しましたら1クリックお願いします。
  ↓↓      ↓↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
19:25 | 食べもん屋探訪・甘味所編
comment(2)     trackback(0)

 安井金比羅宮ってどんなん??

はー、新学期が始まってなかなか忙しいこと。
でも、書きたいこと行ってみたいとこは山ほどあるんや。困ったもんです。

さて、突然ですが日本中に縁結びの神社ってのはどれくらいあるんやろうね。
多分数えきれない程あるんやろ。

ではでは縁切りの神社は??
フフフ、今日はまたまたマニアックに、縁切りの神様を祀る神社について書くよ。

その名も安井金比羅宮さん。
安井金比羅鳥居


何だかとってもヘビーな…。
のっけから投稿心霊写真を彷彿とさせるようなおもむきですが、そんな罰当たりなことを考えちゃいかん。
というのも、この神社、祇園のホテル街のど真ん中にあるんや。
ずっと昔から、この街で渦巻く男と女の様々な情念を受け止めてきた、大変な神社やってことが分かるでしょ?
日本中から、あらゆるものと縁を切りたい人が日々参拝に訪れるんや。

安井金比羅2


縁切り縁結び碑


これは縁切り縁結び碑というものらしい。
貼り付けてあるおびただしい数の短冊は、形代というんやて。
まず、形代に願い事を書いて、碑の表から裏へ穴を通って悪縁を切り、裏から表へ通って良縁を結ぶ。
んで、最後に形代を碑に貼って祈願するもんやそうな。

参拝に来ていた女の子の集団が、きゃっきゃっとはしゃぎながら、アナグマのように体を突っ込み、写真を撮っている。
ズリズリと、代わる代わる穴を通り抜けていく。
例外なく、最高のキメ顔をして写真を撮りながら。

そんな遊び感覚で、ここに来ちゃいけません!!

彼女らが去った後、一人神妙な面持ちで穴をくぐる女性を見た。
…うお~…リアル…。これですよ。

この神社は絵馬にも驚かされるよ。
「◯◯が会社を辞めますように」とか「◯◯さんと◯◯が別れて私と結ばれますように」という、暗黒な願いが書かれた絵馬が、数多く奉納されてる。黒い、果てしなく黒いぞ!!
神聖な神社とおどろおどろしい人間の感情むき出しの絵馬、ミスマッチやろ?

とはいえ、この神社の方針(?)は、良縁を得るにはまず悪縁を絶つことから、というきわめてポジティブなもんなんや。悪縁というのも、何も人との縁ばかりやないしね。
自分にまとわりついた嫌なもんをスッキリ祓って、人生をリセットしたい人にはうってつけやないかね。


「安井金毘羅宮」
京都府京都市東山区東大路松原上ル下弁天町70


拡大地図を表示

お気に召しましたらポチッとクリックどうぞ
  ↓↓      ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
02:09 | 京めぐり・洛中編
comment(4)     trackback(0)

 京都の和菓子 13 「グリーンピース煎餅、丹波栗煎餅、黒糖ピーナッツ太鼓」・伊藤軒

今日は珍しく、乾き系の和菓子を紹介しようかな。
しかもちょっと遠出です。

グリーンピース煎餅&黒糖ピーナッツ太鼓
グリーンピース煎餅&黒糖ピーナッツ太鼓

丹波栗煎餅
丹波栗煎餅


京都駅を南に下ったとこにある、お煎餅屋さん「伊藤軒」さんのお菓子です。
こちらのお店は煎餅を焼く作業を店頭で実演されていて、とっても面白い。
さすが職人さん、素晴らしい手際の良さやったよ。
焼きたてのお煎餅を一枚もらったけど、お煎餅は冷えてからの方がおいしいらしい。
なるほど、ほかほかのお煎餅はまだ若干柔らかかったです。

グリーンピースの方は、とにかく豆の量がすごい!!
お煎餅に豆が混ざってるというよりも、豆を煎餅生地で繋いでるって感じ!
生地は若干甘くて、豆の歯ごたえもたまらんわ~%97%CE%82%CC%82%AB%82%E7%82%AB%82%E7
こりゃー手が止まりませんな!!

ピーナッツの方はめちゃめちゃ固い!
ボリュームがあるから、食べきるの大変かも…

栗せんは、見た目からして可愛いっすね%83%89%83u%83%8A%83B%83n%81%5B%83g
こちらは、白餡がベースになった変わったお煎餅なんや。
割るまでは固いんやけど、噛んでるうちにシャクシャクというか…白餡のおなじみの舌触りが立ってくるという不思議なお菓子や。

いや、やっぱりお気に入りはグリーンピースかな。
大人買いしておやつに酒のつまみにと、家に常備しといても悪くない、と思ってしまったわ。


「伊藤軒」
京都市南区東九条中殿田町16-1
伊藤軒



拡大地図を表示


お気に召しましたらクリック宜しくお願いします。
  ↓↓      ↓↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
20:38 | 京の和菓子
comment(0)     trackback(0)

 【Bistro Cerisier・ビストロ スリージェ】に行ってみた。

昨日はわたくしことyenenの誕生日でありました。おめでとう、ありがとう。
たまには貧しい食生活に潤いを、ということで、豪華にフレンチを堪能してきたよ。
しかしそこは学生、いくら奢りとはいえ高級フレンチなんか所望しないだけの慎みは持たなくちゃねぇ…%81L%84t%81M%83g%83z%83z

うまくて安いフレンチ、この条件で我々が探し当てたのがこちらのお店なんや。

ビストロスリージェ

Bistro Cerisier・ビストロ スリージェさんです。
ネット上で「スリージェ」となっておるけど、ホントは「スリズィエ」、桜の木のことなんやね~。ま、こまかいか。

オムライス屋さんの裏にひっそりある小さいお店。
店内にはフランスのポスターやら絵葉書やらが壁一面に貼られていたよ。

スリージェ料理

スリージェ料理2

スリージェ料理3

スリージェ料理4

残念ながらこちらじゃ既にコース料理はされておらず、一人二皿づつアラカルトで注文せないかんです。
我々は鶏のレバーのムース、洋風イカめし、白身魚の煮たの、牛の臓物料理を頼みました。(ヒドい名前やけど、正式名称はもっとシャレてるんです。ただ覚えてないんです。)

味は…はっきり言って、素晴らしいです!!
あたしの育ちが悪いということを差し引いても、すごくおいしい!!
「味」ってこんなに複雑になれるもんなんや…と思ったよ。
特に、レバーのムース、虜になりました。
パテよりも滑らかで軽いのに、お味はとっても濃厚!!
レーズン入りの甘い木の実のパンに塗って食べると、そのコントラストに一瞬で魅了されたよ。
食べもん食べて、初めてウルウルしてしまったわ…。

一皿900円~2000円くらい。
ただ、ご主人お一人で調理されてるんで、出てくるのは決して早くない。
我々も食べ終わるのに2時間半くらいかかったよ。
でも、絶対また行きたい!
メッセージ入りの特製デザート盛り、きっと無理を聞いて頂いたんやろな。
はにかんだ笑顔が素敵なご主人です。お姉さんもべっぴんさん。
今度はどんなおいしいものが食べられるんやろheart0


「Bistro Cerisier・ビストロ スリージェ」
075-723-5564
12:00~14:00LO・15:30閉店、18:00~21:30LO・23:00閉店
木曜、第3水曜休 
京都市左京区田中関田町22-75  ルミエール出町柳 1F
※移転されました!
 新住所→京都市左京区田中下柳町1-3 すぐ斜め前ですが…

mapはこちらから



ランキングに参加しています。
記事がお気に召しましたらポチッとワンクリック、お願いいたしますね~
  ↓↓      ↓↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
20:29 | 食べもん屋探訪・食事所編
comment(2)     trackback(0)

 【AU GRENIER D'OR・オ・グルニエドール】に行ってみた。

連休はアグレッシブに!!
っちゅーことで、今日は京都じゃ知名度NO1ではないかと思われるケーキ屋さんに行ってきました。

オ・グルニエドール


「AU GRENIER D'OR」さんや。
いやーまーこのお店、京都のグルメ本開いたら必ず載っていると言っても過言ではないくらい有名なお店なんや。
夕方にお邪魔したんやけど、決して大きくはない店内に人がひしめき合ってました。
そして…

ケーキがねぇ~!!おいぃ~!!

こじんまりとしたショーケースの中はほとんどカラ!!
遅かった~あ!!
負けた…完全な敗北や…。
有名店に乗り込む心構えってもんがなってなかったんやね。
とりあえずモンブランと木の実のタルトを何とか購入していそいそと退散。
覚えてろよ!

帰宅後…
ぐるにえけーき


まずは木の実から…いただきます!

お…おおぉ…、これは、パラダイス、パラダイスや!!

口に入れた瞬間、一口目からありとあらゆる味と食感が駆け巡っていく!!
ナッツの香ばしさ、カリカリ、洋酒の風味、オレンジの爽やかさ、バターの芳醇な香り、生地のサクサク…
全部が口の中で、一瞬にして弾けてくれました……祭や。

モンブランは本当に炊いて潰した栗そのもののいい味が残ってる。
中の生クリームも、栗の風味を損なわないように甘さはごく控えめ。でもふわふわしててすごくおいしいんです。

グルニエ…かなりやりおるわ。
うまかった。だがしかし、安易に認めんからな!
今度は早めに行って、生クリームのケーキを試してみよう!!


「AU GRENIER D'OR」
京都市中京区堺町通錦小路上る527-1


拡大地図を表示



お気に召しましたらポチッとクリックお願いしますね。
  ↓↓      ↓↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 
22:34 | 食べもん屋探訪・パティスリー編
comment(0)     trackback(0)

 大阪デパ地下食い倒れ・阪神百貨店

昨日、ふらふらと大阪へ行ってきた。
洋服を買いに行くのが目的やったんやけど、とりあえず腹ごしらえっちゅーことで、デパ地下へ。
阪神百貨店の地下といえば、名物あるやんね。アレアレ。

いか焼き!!

いか焼き


ものすごい行列できてたわあ…。
でも、回転が速いので、十数分くらいで買えたよ。

今回食べたのはオーソドックスにプレーン。
見た目は…はっきり言ってジミー…%8A%BE

あたしもおばちゃんおっちゃんに混じって堂々の立ち食いや!!

お味は…
えびせんみたいな味。(カッパではない。丸いやつ。)
結構しょっぱめで、中心に薄ーく、申し訳程度にソースが塗ってあるよ。
しかし、イカの量はすごい!
ブツ切りにしたイカがこれでもかと入っているのよ。
イカ好きのあたしにはたまらんですよ。
おやつ的に食べるにはいいんでないかな。

さて、まだまだ食い足りんちゅーわけで、すぐ近くで売っていた、ちょぼ焼きなるものに手を出してみたよ。

ちょぼ焼き


いやいや、何か似たよーな感じですが…
何とこのちょぼ焼き、たこ焼きの原型らしい!
しかし、

タコは入ってない!!

かわりにこんにゃくがいっぱい入ってた…。
いや、決して文句を言ってるわけやないんよ。
これおいしかったもん。
あたしは餅チーズちょぼ焼きを食べたんやけど、ちょっと焦げてカリカリになったチーズ、お餅の弾力は非常に好ましいですよ。
安いし、こりゃまた食べてもいいな。


お気に召しましたらぽちっとお願いします。
  ↓↓     ↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ 
21:39 | よそもんよそへ行く
comment(0)     trackback(0)

 京都の和菓子 12 「栗おはぎ」・京都くりや

京都は本当に旬の食べ物を存分に楽しむところやね。
9月になったと同時に、和菓子屋さんでは栗入りのお菓子やら赤飯やらが売り出されて、驚いたもんです。
今日もまたまた、その栗の和菓子について。

栗おはぎ
栗おはぎ


妙に暗くてぼやけているのはご愛嬌。

栗おはぎというだけあって、もちろんまとっているのは小豆ではなく栗餡!
写真やと大きく見えるけど、二口くらいで食べられそうな、可愛いおはぎや。

「京都くりや」さんのお菓子なんやけど、「くりや」というだけあって、香料なんかでの小細工は一切なし!
なめらかな栗餡は、本当に素朴な栗の味だけがします。
甘さはかなり控えめやね。
おばあちゃんがつくる甘ーくてボリュームがあって…というおはぎとは一線を画してるような…
どちらも好きやけどな。
上品さが前面に押し出されてるおはぎなんや。

秋の味覚を感じたいときにはぜひ。


「京都くりや」
京都市中京区丸太町通堀川東入る
京都くりや



拡大地図を表示


お気に召しましたらワンクリックどうぞ 
  ↓↓     ↓↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ 
10:06 | 京の和菓子
comment(1)     trackback(0)

 八坂の塔ってどんなん??

またまた清水寺周辺です。
京都の観光ポスターなんかでよく見る、民家の中にそびえる五重の塔。
あれは法観寺というお寺の境内にある、八坂の塔というもんらしい。

八坂の塔


この塔、本当に東大路から脇道に入ったらすぐ見える。
こんなもんが住宅街の一角に突然そびえてるって…やっぱ京都すごい。

八坂の塔2


この塔、内部にも入れるらしい。多分てっぺんまでは無理やろうけど…

塔からの坂道を下ってるときに不思議なお寺を発見したから、それも紹介。

八坂庚申堂


八坂庚申堂2


こちらは八坂庚申堂というお寺。
何やらカラフルなお手玉のようなものが吊り下がってるんやね~。

くくり猿


これはくくり猿といって、手足を縛られている猿を模してるんやて。
人間が、お猿さんのように内に秘めた欲望のままに行動しないようにという戒めが込められてるとか。
この界隈のお店の軒先には、みーんなこのくくり猿がぶら下がってた。

産寧坂、二年坂からはちょっと外れてしまうんやけど、人気も少ないし、ぶらっと散歩がてら来てみるのもいいかも%83A%83b%83v%83%8D%81%5B%83h%83t%83@%83C%83%8B


お気に召しましたらポチッとクリックお願いします
  ↓↓     ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
02:51 | 京めぐり・洛東編
comment(2)     trackback(0)

 【六盛茶庭】に行ってみた。

スフレというのは、実に謎の食べ物や。
デザートを食べる時って、「甘いもん食べたいな~」って言うくらいやから、その甘さを楽しむのが第一の目的やんね。
けど、スフレは違う。
数分でしぼんでしまうはかなさ、しゅんっと融ける不思議な舌触り。
目で、触覚で楽しむ、一種のアトラクション的要素があるような気がする。
もちろんおいしいなら、それに越したこたーない。

こないだ美術館に行った帰りに、連れのじゅんちゃんが突然「ここ入る」と言い出したのが、ここ「六盛茶庭」さんや。

六盛茶庭


平安神宮のほど近く。
有名なお店らしく、たぶん京都唯一のスフレ専門店やなかったかな。

六盛茶庭2


入っていきなりこのようなプチ和風庭園が!

うーん、有閑マダムたちが集いそうな、上流の香りがしてきたぞ…

六盛茶庭3


中はさながらおしゃれレストランかバーとでもいった雰囲気。
落ち着いていてとっても素敵%83L%83%89

ここで突然じゅんちゃんの挙動がおかしく…
どうやらスフレとカヌレを勘違いしていたらしく、カヌレをテイクアウトするつもりやったこの人は、あらぬ展開にビビっているらしい。
カヌレ専門店って…明らかにないだろ。

とにかく、腰落ち着けちゃったのでオーダー!!
こちらのお店はオーダー後からちゃんと焼くので、20分くらいかかるんやて。

20分後…
スフレ


うおぉ!? キノコ…!?
こんなに盛り上がってるお祭り騒ぎなスフレは見たことない!!
あ、ちなみにこれはフロマージュスフレ。

ソースをかき混ぜ、スフレの真ん中にボッカリ穴を穿って注入。

味は、素晴らしい!
生地は瞬時に口の中で融けて、卵の風味を強く感じます。
あつあつのところとチーズがうまく混ざると、チーズがとろっと融けてスフレをより濃厚にしてくれるんや。

お値段は700円くらいやったかなあ?
ちょっとお高めやけど、お昼代わりにこんなおいしいもの食べられて、悔いなしや!


「六盛茶庭」
京都府京都市左京区岡崎西天王町60 


拡大地図を表示


お気に召しましたらクリックどうぞ
  ↓↓     ↓↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
01:42 | 食べもん屋探訪・甘味所編
comment(0)     trackback(0)

 京都の和菓子 11 「栗まる」・亀屋良長

今回の和菓子も伊勢丹で買い食いした一品や。
秋になったらやっぱり栗食っとけ、ということで相棒のじゅんちゃんがチョイスしてきました。

栗まる

栗まる


栗まる2


「亀屋良長」さんのお菓子や。
こちらのお店は、当時一世を風靡していた菓子司亀屋良安から、暖簾分けして1803年に創業したんやて。
ほんとに京都には、創業100~200年レベルの老舗がゴロゴロある。
適当にチャリを走らせても、道すがら必ず二、三軒は見つかるから、大したもんですよ。

さてさてこのお菓子、何かがクレープ状の生地でくるまれてる。
この生地は調布と言うらしい。
思い切ってガブリとかぶりついてみました。

でっかい栗丸ごとや~!!

上品な栗餡に栗の甘露煮が包まれてる。
そして、栗のうま味が信じられないくらい強い!

栗の甘露煮といったら、普通スーパーなんかに瓶詰めで売ってあるやん。
異常に黄色くて甘いやつ。ケーキとかにもたまに乗ってる。
あれもあれでおいしいけど、はっきり言って「砂糖で煮られた栗」であって、栗の果実のおいしさじゃないと思う。
その点栗まるの栗は、本来の栗の味を損なってない。
それどころか、栗そのもの食べるよりも、「栗食べた~」って満足感が得られるんですよ。
まったく不思議なことです。

少しづつ秋めいてきたことやしね。
「栗食いてーなー」って思ったら、コンビニの甘栗なんかで我慢しないで、ぜひこの栗まるを食べてほしいと思うよ。


「亀屋良長」
京都市下京区四条堀川東入ル


拡大地図を表示


お気に召しましたらぽちりと1クリックどうぞ。
↓↓     ↓↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ
22:52 | 京の和菓子
comment(2)     trackback(0)

 奈良日帰り弾丸ツアー・最終回

奈良編も第三回目にして早くも最終回や。
つまりは、結局日帰りやったがために、大してまわれなかったということや…落ち込み
奈良は広いぞ!!

最終回は、お土産について書こうと思う。
やっぱり旅行に来たからには何かその証を残したいもんやね。
でも、早まって鹿の人形やら鹿の置きもんやら、無用の長物を購入してしまうのは軽率というもんや。あたしのようにね。まあいいんだけど…

やっぱり、喜ばれるもんってったら、食べもんでしょう!!
そして、奈良の名物といったら、これや!!

柿の葉寿司


柿の葉寿司!!

我々はこれを、当日の晩御飯として購入したんや。
近鉄奈良駅近くの、「柿の葉すし本舗たなか」さんのお品です。

「名物にうまいもんなし」と言うし、正直最初はまったく期待してなかった。
でも、これは絶対に買うべきって断言できる!!

そもそも、奈良でお土産を見つけるのはホント難しい。
どこの観光名所に行っても、販売されてるのは同じもんばかり…
こだわった品選びができないんよ。
こだわりたいんなら、ここではお土産物屋さんやなくて、「和菓子屋さん」とか「柿の葉寿司屋さん」とか、それ専門のお店で買ったほうがいいと思う。

というわけで、我々も柿の葉寿司やさんでこれを入手しました。

柿の葉寿司2


器が不似合いなのは気にしないとして、多分見かけからは、鯖寿司のような味を想像すると思う。
でも、ぜんぜん違う!ぜんっぜん違う!!
ご飯はふわっとしてて、甘い。
ネタももともとの魚の味が酢で殺されてるなんてことはなくて、普通の握り寿司並みに魚本来のおいしさを感じる。
「酢、ガンガンきいてるから。保存したいだけしてっっ!」ってな保存第一のお寿司とは違うんや。
とはいえ、常温で持って帰れるし、二日間なら保存もきく。
お土産には持ってこいじゃないん?駅も近いしね。

ちなみにこのお店では柿サブレというものも販売してあって、こちらも美味でした。


「柿の葉すし本舗たなか」
近鉄奈良駅西出口 

~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆番外編☆

てまきちゃんが熊本のお土産を持ってきてくれたんや%83I%83%93%83vB2

デコポン


デコポンは熊本名産の柑橘類%83L%83%89%83L%83%89

でこぽん2


プルプルでジューシーで、ゼリーなんかでこぽんゴロッゴロ!!
すごくおいしかったよ~!
てまきちゃんに感謝やわあ%83%89%83u%83%8A%83B%83n%81%5B%83g


お気に召しましたらクリックお願い致します♪
↓↓     ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログへ
18:01 | よそもんよそへ行く
comment(2)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。