スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 京風だしカレーうどん・【日の出うどん】に行ってみた。

突然ですが、あたしは麺好きです。
あたしの中の麺番付では、ビーフンとうどんが同率一位の二大横綱をはっているんやわ。
というわけで、この麺食い王国、京都に住むことが出来ているのは至福の喜び…
と言いたいところなんやけど、正直、京都のうどんには頭にきているんですが!!
いや、むしろ怒りを通り越して、悲しみを覚えると言った方が正しいわ。

確かにつゆはうまい!
上品なダシのクオリティは、さすが京都と言わざるをえない。
しかし、なんですかあの麺は!!
箸で掴んだらちぎれてしまうほどの柔らかさ。
コシもへったくれもあったもんじゃない。
うどんはやはりコシ命やろ~が!!
こっちは讃岐うどんブームのずいぶん前から、うどんのコシと真摯に向き合ってるんやぞ!!
というわけで、うどん愛好家を自負するあたしはそこはかとない悲しみを覚えているのです。
京都のうどん食べる→フニャ麺→虚しい
この不毛な戦いを何度繰り返したことか…。

しかし、今回はカレーうどんという、うどん界においては若干アウトロー的存在を美味しく食べさせてくれる店があると聞いて、足を運んでみた。

日の出うどん


日の出うどんさんは、京都のカレーうどんといえばココ!!と指名されるほど有名なお店らしい。
近所で撮影がある際には俳優さんもやってくるんやと。

正直、カレーうどんにはうどん愛好家のあたしも思い入れはそこまでない。
なぜなら、あたしはカレー「ライス」もメッチャ好きやからや。
うどんとカレー、好きな物を足しても相乗効果を得られないというのが難しいところ…

なるほど、カレーうどんが名物というだけあって、カレーうどんのメニューだけでも、「特」、「肉」、「鳥」など数種類が提示されてる。
何と麺も、うどん、そば、中華麺が選べ、辛さもお好みに応じて変えてくれるらしい。
何て至れり尽くせりなサービス…
店主の心意気、汲み取ったわ!!

というわけで、特カレーうどん辛口と肉カレーうどん中辛を注文。

肉カレーうどん

肉カレーうどん 800円


特カレーうどん

特カレーうどん 900円

麺が見えないほどたっぷりと注がれたカレーの味はさすが!
だしがしっかり効いていて、良く煮込んであるんやろうね、コクがあって、スパイスの尖った感じがない。まろやか。
ヘタなカレー屋さんのものより数段格上やね。
麺も、普通の京風うどんより強い!
コシがあるというか、すすりがいのあるというか、口の中でしっかりと歯に馴染んでくれるような弾力のある麺。
量は結構多めなんやけど、最後まで飽きずに美味しく食べられたわ。

だしを楽しみたい人には、中辛がおすすめ。
あまり辛すぎると、舌への刺激が強すぎてこのカレーの美味しさが分かりづらくなると思う。
中辛と辛口でも、全然違ったよ。

雨の日の泥はねのように、カレーまみれになった紙エプロンを外して、幸福感に浸りながら店を後にすることができました。
たまには、カレーうどん、いいね。


「日の出うどん」
左京区南禅寺北ノ坊町36

mapはこちらから

075-751-9251
11:00~17:00
日曜定休


お気に召しましたらクリックをどうぞ。 
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
スポンサーサイト
18:07 | 食べもん屋探訪・食事所編
comment(0)     trackback(0)

 タルトっていうよりリンゴ・【LA・VOITURE ラ・ヴァチュール】に行ってみた。

平安神宮のほど近くに、おばあちゃんの作る絶品タルトタタンのお店があるという話を聞きつけた。
たるとたたんって何や?って話ですけど、要するにリンゴのタルトのことらしいです。
ここの店主さんは、パティシエールでも調理師さんでもない。
けどタルトに惚れ込んで自ら磨き上げたレシピをずっとずっと守り抜いておられるみたいや。
熱意やね。

LA VOITURE

お昼ご飯がいまだこなれずにいた我々は、タルトタタンとクルミのタルト二品をテイクアウトすることにしたよ。

食べ方説明

長く持ち歩いたせいで、途中でリンゴ汁が箱から漏れだしてしまったけれども、何とか到着。
可愛らしい三角の箱には、これまたメルヘンなイラスト入りの食べ方の説明書きが付けてあったよ。

タルトタタン

タルトタタン 630円
一台に18個ものリンゴが使用されているタルトは、決してそのワンカットは大きくない。
けど、むっくりと生地の上に折り重なるリンゴの甘煮はボリュームたっぷりや!
リンゴはよく煮てあって、そのシャキシャキな歯触りはなくなってるけども、口の中に入れるとやわやわとろっととける感じ。
舌を刺す酸味もなく、口の中に残るしつこい甘さもない。
小麦粉の生地はリンゴの引き立て役程度に薄く敷いてある。
リンゴのタルトというよりも、リンゴです。
ほんとはプレーンヨーグルトをかけるのがおすすめらしいんやけど、このままでも十分十分。うまいです。

クルミのタルト

クルミのタルト 470円
結構しっかりめの堅さで焼いてあるこちらのタルトは、なかなかフォークを刺すのが難しい。
ここは思い切って、手に持って、ガブッと齧りつくのも美味しいかも。
中のフィリングは、苦みのあるカラメルたっぷり。香ばしいナッツとの相性抜群や。
あたしはこちらのタルトが好きやなあ。

お菓子づくりのプロじゃなくても、長年かけて練り上げられたタルトの出来は秀逸!
ナメたらいかん!
話題にもなるはず。このおいしさ、本物やもん…。


「LA VOITURE」
京都市左京区聖護院円頓美町47-5

mapはこちらから

075-751-0591
11:00~18:00
月曜定休、他不定休

お気に召しましたらクリックお願い致します。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ    
22:41 | 食べもん屋探訪・パティスリー編
comment(0)     trackback(0)

 嵐山めぐり・天龍寺ってどんなん??

熊本時代の知人がやってきた。
嵐山観光がしたいと言うので、ちょろりと案内してきたよ。
っつっても、こっちが案内してほしいくらいやったけど…
実は嵐山一回しか行ったことないんやけどなあ。

嵐山1

そもそも嵐山って、自然の風景の美しさを楽しむ場所やないん?
この季節来てもねえ…見るがいいわ、この寒々しさ…。

渡月橋

嵐山名物渡月橋や。
本体以外は全部木造の橋。のどかな雰囲気に溶け込んでおりますなあ…
行ったことない者にとっても、嵐山といえばおなじみの橋やね。火サス火サス。

まだ京都に来て一年も経ってないけど、今の時期の京都は観光客、ほんとに少ないなあと思う。
人が少ないせいで、景色も寂しげ…
客引きの人力車の兄ちゃんも「姫、姫」と大量に寄ってくる。
そら姫はいいけど、こなすの大変やわ。

嵐山に到着して、みんなまず向かうことになるのが天龍寺やろうな。
足利尊氏が後醍醐天皇の祈って創設したお寺。
去年の初夏訪れた時、こちらの庭の素晴らしさに感動した覚えがあるので、期待が高まる。

とここで、突然の天龍寺鬼瓦コレクションを。
天龍寺の鬼瓦はデカイです。ごっついです。

天龍寺1


天龍寺2


入り口の門をくぐると、いきなり白砂のお庭がある。

天龍寺3

異国からのお客さんなら、ここでもう「ワーオ」と大興奮のところでしょうが、正直この光景にも見慣れてきましたので、サクサク進む。

天龍寺4

こちらがメインのお庭、曹源池庭園。…あれ?

天龍寺5

いやあ~…枯れてる?
去年来た時はもっとエネルギッシュなお庭やったはずなんやけど…
やっぱ冬はこんなものなんかね…虚しい…
冬枯れの寂しい景色を愛でるという、風雅な心は持ち合わせておらんもので…がっかりやがな!
必死でツレに「夏は青々してたのよ☆」と言い訳してみる。
けど、これはこれで意外に喜んでたので、とりあえず一安心です。

天龍寺6

天龍寺はこの他にも、小高い丘を登って京都市内を一望できる場所があったりと、なかなか楽しいお寺です。
嵐山でめぐったお寺の中では、あたしはここが一番好きなんやけど…
でもやっぱり、春とか秋とか、見応えのある季節に訪れたほうがいいなあ。


お気に召しましたらクリックどうぞです。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ          
21:47 | 京めぐり・洛西編
comment(0)     trackback(0)

 吉田神社・節分大祭

ちょっと前の話になるけど、うちの近くの吉田神社で節分祭りがあるっちゅーことで、寒いの我慢してのこのこ行ってみた。
もう何か、京都は隙あらば祭りやるよね。おちおち気抜いてられんわ…。
全くのノーマークやったんやけど、実はこのお祭りが吉田神社では一年で最も盛り上がるもののようで、寒風吹きすさぶ中たいそうな人手やったわ。

節分祭り

参道にはものすごい数の出店が!
晩ごはん代りに「美容と健康」サツマスティックを購入。芋ウマイ。
昔と比べて、テキヤのお兄ちゃんお姉ちゃんも様変わりしたな~。
何かおしゃれな都会の若者風や。

でもあれね、節分なんて小学校の時以来やってないし、そんな大きな行事でもないと思ってたんやけど…
京都人節分大好きね。
関西発祥で近年全国的に広まった恵方巻きも、どのお店も信じられないぐらいの大量入荷やったわ。
酒屋さんでさえも店の軒先で恵方巻き売り…
結局買わなかったけど。

吉田神社の節分大祭の目玉は、火炉祭。
直径5m高さ5mの巨大な八角柱型の火炉のなかで、節分祭中参拝者が持参した古い神札を燃やすんや。
開始は午後11時。翌日月曜日やったし、人来るんかね~なんて思ってたけど、予想外の混雑でした。

火炉

写メじゃ大きさよく分らないな~。
金網が張り巡らしてあって、次々に古いお札や破魔矢が投げ込まれていく。
環境問題を考慮してか、受付のおっちゃんが「これはダイオキシン出てまうから持って帰って~」と、プラスチック製のものを返却してたのが印象的。

しばらく待つと火が入れられた。
あっという間に燃え広がって、火炉はものすごい状態に…。

火炉2

バチバチ、ゴウゴウ音を立てながら、火炉のはるか高くまで火柱が燃え上がる様は圧巻。
あまりに凄まじいので、ボルテージ最高潮に達しちゃった若者たちから、「ヨイサー」の掛け声があがる。

もう最近じゃ炎を間近で見る機会なんてないけど、火って恐ろしいねえ…。
家がこんな状態になったら、とてもじゃないけど太刀打ちできんわあ…。
この大迫力に、人間の卑小さを思い知らされました。

そういや、何か賞品が当たるかも、ということで、抽せん券付き厄除福豆を購入して帰ったよ。
意外にこの商品が豪華で、Vitsやらデジタルテレビやらたくさん陳列してありました。
中にはおもしろいのもあって「この、畳とか消火器とか当たったらどうしよ~」なんて、要らぬ心配をしてしまったよ。
結果は勿論…ハズレ。
まあ、縁起もんやしねぇ…。


お気に召しましたらクリックどうぞ。
にほんブログ村 地域生活ブログへ  
22:57 | 京都イベント
comment(0)     trackback(0)

 六角堂ってどんなん??

もう数ヶ月前の話になるけど、京都の「ほぼ中心」に行ってきた。
正式名称は、頂法寺、通称六角堂。
開祖は聖徳太子というんやから、ものすごい歴史のある、由緒正しいお寺なんでしょう。
地元の人に「六角さん」と親しまれるこのお寺は、華道の家元、池坊の本拠地なんやそうな。

六角堂1

結構な町なかに位置する六角さんは、明らかに周りと雰囲気が違う。
近代的なビルに囲まれて、ほんとそこだけ時間が止まってるような…。

六角堂2

周りはこんな感じ。
すぐ隣にめっちゃものものしい大きなビルがあったもんやから、「いわゆる景観のミスマッチか…」などと考えてたところ、実は池坊さんのビルでした…。
エレベーターで上がりながら、上から六角堂が六角形なところを自由に見れる、という大変魅力的なサービスをされてたので、二往復させてもらったよ。(展望室などではなく、あくまでエレベーターから見せてもらえるだけ…。)

六角堂は何だかものすごい。

六角堂の柳

こういう、ものすごいフサフサな柳の木もある。
また、ものすごい数の鳩が飛び交ってたりもするんで、境内では若干の恐怖心をおぼえる。
お寺にいるのに、何か落ち着かない。

六角堂3


周りにはお地蔵さんが大勢祀られていたり、池では白鳥が泳いでいたりと、こぢんまりしたお寺の割には見所が多い。

六角堂4

お堂は上から見たら本当にきれいな六角形をしてるんやけど、下から見上げた屋根の形もなかなか面白いんや。

へそ石

これが京都の「ほぼ中心」、要石。へそ石とも言うらしいけどね。
それにしても、京都の中心は町なかにあるんやなあ。
昔テレビで我が県宮崎の中心を探すという企画をやってたけど、信じられないくらいの山奥で出演者半分遭難状態やったがな。

今日も宮崎ネタでしめてしまったな…。


お気に召しましたらクリックをお願い致します。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ         
01:00 | 京めぐり・洛中編
comment(0)     trackback(0)

 2008'冬・帰郷 宮崎はどげんかなっていたか。

久々にブログ、更新します。
あたしは故郷宮崎に帰省しておりました。
最近何かと話題の県やけれども、実は九州人からさえも「陸の孤島」と称されるほどの僻地なんや~…。
知事さんがかなり鹿児島訛に近い、ガチ県民には若干の違和感のある方言で「どげんかせんといかん」と頑張ってくださっておりますが、宮崎はちょっとは変わっていたんでしょうかねえ…。

伊丹から飛行機で約一時間、セスナのようなちいこいプロペラ機で揺られて、宮崎空港にたどり着いたんやねえ。
荷物受取所から出ると、いきなり辰兄こと梅宮辰夫氏に遭遇。
生辰兄も、相変わらず黒いぜ!!

それから電車で一時間半ほど揺られて、本当に辟易しました。
宮崎には一時間に一本しか電車が来ず、その割に車両も2~3つしかついてないので、ラッシュと重なるとかなり混むんや。
もっともでかい宮崎駅でさえ、自動改札は存在せず、駅員さんに直接切符を渡すんや~。
どーや~?ものすごいところでしょうが。
宮崎駅の前で、写真を撮ってみた。

宮崎駅前

ほーら、南国だよ~。
そういや以前、他県の友人に「宮崎はヤシの木生えすぎや!」と指摘されたことがあったな。
その時は「でっちあげだ」と否定したんやけど、後日帰省して改めて街中を見てみたら、なるほど、そこいらじゅうにヤシの木が群生してました……。
あまりにも日常の風景になりすぎて、気付かなかったんやなあ…。

実家に帰ると、母親がテレビを買い換えてた。
民放が2局しかない宮崎にとって、地デジは革命や!!
それはいいけど、母さん気合い入れすぎたみたいで80インチもあるテレビを購入してしまった。
六畳の茶の間に巨大なテレビが設置されてる様は、もう何か……とにかくすごい。
逆に見づらいわ!!

翌日、隣町にあるおおきなショッピングモールに連れてってもらった。
こんな感じでした。

ショッピングモールからの風景

意外と迫りくる大自然!駐車場が無駄に広い!!


結論として、宮崎はまだそこまで変わってなかったな~。
けど、人々が何とか宮崎の良さを知ってもらおうと奮闘してる姿は垣間見れた気がする。
この県民パワーが変な方向に向かって、とりあえず何かと知事の顔イラストのっけときゃいい、みたいな傾向が強まらないことを願うよ。
宮崎はホントに温暖で人もあったかいし、いい土地です。
何にもないですが、リゾート感覚で、みなさん来てやってください。



久々に九州に帰ってきたということで、熊本、福岡と九州縦断友達再会行脚を決行した。
まずは熊本。

熊本イルミネーション

熊本は隣県なのに、宮崎と比較してもかなりの都会です。
去年熊本城が築城400年だったということもあって、街には熊本城をかたどったイルミネーションが輝いてたよ。
PARCOがリニューアルしてて驚いた。
他県の人には、熊本にPARCOがあることがまず驚きかもしれませんがね。
熊本も京都とおんなじ盆地で寒い寒い!!
熊本に住んでた時は、年に4回ぐらい必ず熱出してたわ。


最後に福岡。
ここは特に言うべきこともないんやけどもね。
名物もつ鍋食べてきたよ。

もつ鍋

家畜の内臓を食らうと、エネルギーが満ち満ちてくる気がするね。
そういや天神にLoftが、九州初上陸を果たしていたな。
オープン当初は人が来すぎて入場制限おこなわれていたそうな。
大丈夫か福岡県民…九州No1都会人の誇りを忘れないでほしい。


今回の帰省で、何年も会ってなかった友人にも再会できたし、何やら久々にほっこりできた数日間でした。
京都も好きやけど、やっぱ地元で感性の似たもん同士で語らうのも楽しいね。
次回帰省した時には、宮崎がもうちょっと発展してることを望む。



お気に召しましたらクリックお願いいたします。
にほんブログ村 旅行ブログへ   
 
03:07 | よそもんよそへ行く
comment(2)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。