スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 住宅街にカフェ出現・【日杳(ひより)】に行ってみた。

今日は久々に2つ更新で頑張ります。

「六花」さん、「CAFE工船」さんという素晴らしいカフェがあります。
カフェ好きな方はご存知かと思います。
この二店を手がけられた建築家さんが、新たに設計されたカフェが昨年、左京の住宅街にオープンしました。

「日杳」と書いて「ひより」と読むそうです。

hiyori1

表からはなかなかカフェとは分かりませんね。
この辺、一昨年住んでたんですよ~。
そのとき出来ててくれたらね…。

hiyori2

お値段、まあまあ…
コーヒーは、名高いオオヤコーヒーさんとこのを出してもらえるみたいなんで若干張りますが…
ランチ800円、ケーキセット800円はポイント高いですね。

古めかしい丸ノブのドアを押して入ると、すぐ横がキッチンになってます。

hiyori3

ボケててすいません。
ちょっと対面で座るには窮屈かもしれないですね…
天井が高くて奥には庭があるので、解放感はあります。
床はタイル張り。
この人タイル使い好きやね…
出るとき、一枚剥がしてまいました…ごめんなさい。

hiyori4

あえて紅茶を注文したんですが、美味しかったですよ。
カップに着せられたモシャモシャがスッキリーィ
ケーキはいちじくと黒豆のケーキでした。

今日は美容院に行って気分が良かったので、カフェで手紙書きなんて超乙女プレイしてきました。
んで、書きながら訪れたお客さん眺めてたんですが…
買い物帰りのロマンスグレーのおじさまや、近くのおばあちゃんがふらりといらしたり、着々と地域に根付いてるようです。

いいよね。
あたしみたいに「カフェ…(ゼエゼエ)」と気負いこんでんじゃなしに、自然に、日常の一部としてカフェを楽しんでるのが。
あたしにとってカフェ通いは、非日常への逃避行ですから…
それにしても最近狂ったようにカフェ行ってるけど、大丈夫だろうかと自分で思う…

このあたりは自分にとって、京都生活を始めた思い出の地なんで、また感傷に浸りに来たいとおもいます~。


「日杳(ひより)」
お店HP
075-701-5831
営業時間 11:00~17:00
定休日  日・月&不定休
京都市左京区田中高原町29-1
mapはこちらから


記事がお気に召しましたら、バナーをクリックしてやって下さいませ。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。どうぞ、応援してやってくださいね!

スポンサーサイト
19:25 | 食べもん屋探訪・カフェ編
comment(4)     trackback(0)

 溶岩釜で焼くパン・【汎洛(ぱんらく)】に行ってみた。

今回はちょっと遠出して四条以南のパン屋さんです。
遠出と言っても、四条河原町から徒歩5分くらい。
でも街なかによくおいでになる方でも、この辺りまで足をのばされることはあまりないのではないでしょうか。

panraku1

板張りの、シンプルで素敵な外観。
中もウッディで温かみを感じさせるお店です。

こちらのはパンは溶岩釜を使って超高温で焼きあげられます。
そのため外パリ、中ふわの美味しいパンが出来上がるのだとか。

あと、こちらのパン、お手頃です。
100円以下のパンもあります。
気取らないパン屋さんはお値段も庶民的なんが嬉しいね…

帰り道、鴨川ぞいのベンチで食べてみました。
隣には犬の散歩中のおじいちゃん。

panraku2

上:溶岩(いちじく) 
  スコーンのような食感のパン。
  これでもかとイチジクが入ってる。くるみバージョンもあります。
  めっちゃ腹にたまります。
左:ウインナーロール?
  安かった…80円くらいだったような。
  ピリ辛のソースが食欲を掻き立てるパン。
  小さいのに満足度高し。
右:カスタードモーン
  今回のヒット。
  三つ葉状のデニッシュ生地それぞれにカスタードが詰まってる。
  デニッシュパリパリ、クリームも滑らかで大変美味しかったです。

鴨川といえばトンビとの攻防戦が欠かせませんが…
今回は上空からの刺客に加え、隣のじーちゃんの膝の上からじっとこちらを見つめる、チワワとの激しいせめぎ合いの中での食事でした。

まあ、そんなことはさておき、種類も豊富で思わず手が伸びてしまうようなパンばかりのお店です。
お近くにお越しの際は、ぜひ一度立ち寄られてみてくださいね。


「汎洛(ぱんらく)」
0753442378
7:00-19:00
日曜、祝日休
京都市下京区高辻御幸町南東角
mapはこちらから


お読み頂きありがとうございました。
よろしければ、バナーをクリックしてやってくださいね。
ランキング投票していただけます~。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。押して頂けたら大変喜びます。
18:38 | 食べもん屋探訪・ベーカリー編
comment(2)     trackback(0)

 ボリューミー卵サンド・【コロナ】に行ってみた。

阪急百貨店より一筋南に入ると、風俗のお店やらホテルやらが姿を現し、あたりはちょっと大人な雰囲気…
とは言っても、老舗の甘味処や喫茶店なんかあったりするんで、モロ夜の歓楽街というわけではないんですが…

細い路地を奥に進むと、休日にはたくさんの人が列をなす、小さなお店があります。

コロナ1

ちいさな街の洋食屋、「コロナ」さん。

アラフォーならぬアラエイ?くらいのおじいちゃんが、めっちゃ頑張って作って下さります。

連休のときなんかえらい行列できてんの見てたんですが、この親父さんがあの量のお客さんをさばいてたとは…スゲエ…。

一気に四品くらい注文入っちゃって、親父さんが「アイヨ。」と小さく呟くのを見ると、思わず

「そんなこともなげに!!ああ…おやっさ~ん!!」

とハラハラしてしまう。

お店もめっちゃ古いです。
「レトロ」なんて言葉が温く感じてしまうくらい。
何年くらいされてんのやろ~。

このお店の名物メニュー、それはこちらの玉子サンド。

コロナ2

玉子サンド 500円

四個だか五個だか、とにかく坂東英二もびっくりの量の玉子が挟まってるんですな。
半熟気味に焼かれた玉子焼きを、器用に三つに折りたたみ、ぎゅぎゅっと押しつぶして耳を切る。
お年を召されてるとは言え鮮やかなもんです。

玉子の味付けは塩のみ。
他の味付けは、パンに塗られた辛子とソースだけ。
何せ具の方がパンより分厚いんで、塩味だけの玉子焼き挟まったサンドイッチなんて、美味しいのか?と思われるやもしれません。
しかしこれが妙に美味いんですよ。
玉子も別段特別なものを使用されてるようでもなさそうなんで、これはつまり、親父さんの熟練の技による、焼き加減の巧さなんやと思います。

もう一品、チキンカツ(700円)も注文しました。

コロナ3

ゆっくりながら丁寧に作って下さったチキンカツ。
こちらも美味しく頂きました。

親父さん、ヨイヨイヨイと頑張って作って下さるんやけど、やっぱり一度にたくさんは作られんからね…
卒業旅行なんかで食べざかりの男衆、大挙して押しかけたらいかんよ、ほんとに。kao02


「コロナ」
075-351-0567
17:30~20:30
月・火曜休
京都府京都市下京区西木屋町四条下ル
mapはこちらから


よろしければぽちっと投票してやってくださいませ♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。どうぞ、応援してやってくださいね!

20:07 | 食べもん屋探訪・食事所編
comment(5)     trackback(0)

 初体験、ロシア料理・【ロシアレストラン キエフ】に行ってみた。

先日、念願かなって、ずーっと行ってみたかったお店に伺うことができました。
未知なる食べ物への開拓精神がまったくないツレを、説得し続けること数ヶ月…
ようやくOKがもらえたのですよ。

行先は「ロシアレストラン キエフ」さん。
加藤 登紀子さんのお父様がはじめられたレストランだそうです。
失礼ながら、加藤さんの歌についてそこまで存じ上げないんですが、ただ一つ言えるのは「紅の豚」サイコーってことです。
完璧な発音で歌い上げる「さくらんぼの実る頃」、マジで惚れました。

キエフ1

上階にあるレストラン。
眺めもまた格別です。
ランチは1200円のAランチ、Bランチ、1800円のCランチから選べます。
我々はAとBをチョイス。

キエフ2

Aのピロシキです。
まともに食べるロシア料理は初めてなのでドキドキ。
さすがにピロシキはありますがね。

以前住んでたとこに、延々チャイコフスキーをピロシキに聴かせ、「こうすると美味しくなるんです!」と主張してたお店があったな…
ピロシキはともかく、毎日ひたすら同じクラシックを聴かにゃならん店員さんが大変やね。

一方、ツレは「ピロシキって何?」という大たわけ者です。

ドーナツのような香ばしい皮が美味しい。

キエフ3

ボルシチです。
Aには大皿、Bにはカップでついてきます。
写真、補正してませんよ。
ビーツという野菜の色が出て、こんな鮮やかな赤色になるらしいです。

あっさりしていて、どなたにも好まれそうなお味。

キエフ4

カプスタサラダ(キャベツのサラダ)と、Aのグリビィ(きのこのクリーム煮壷焼き)です。
サラダはA、B共に付いてます。

キエフ5

これすごく美味しい!!
まろやかなホワイトソースに、バターがたっぷり練り込まれた皮を浸して食べると完璧です。
底にはマッシュルームがゴロゴロ…
ロシアびとめ…いいもの食べてやがるわ。

キエフ6

Bのプロフ(ウズベキスタン風ピラフ)です。
大概の方がグリビィにつられてAをお選びになると思うんですが、このピラフのポテンシャルは半端じゃないっす。
スパイシーで物凄く後引くお味。
混ぜられたお肉がいい感じにボリュームを出してくれてます。

個人的には「ピラフなんていつでも食べられるし、絶対Aやろ」と考えてたんですが、どちらを選んでも満足度に変わりありませんよ。

キエフ7

ラストのロシアンティー。
バラのジャムを入れて飲むんです。
京都の街を見おろしながら、バラジャム入りの紅茶を飲む、こんな優雅なことできるなんて…


さて、実はこちらのお店、名物営業部長さんがいらっしゃいまして…
大変精力的な方のようで、京都くいしんぼうの会というブログもされてます。

何やらテーブルを巡回されてる紳士がおられる!もしや総支配人的な…!?
と緊張してたんですが、

一周目→キエフのビラを「またお願いしまーす」と軽妙なノリで置いていく。
二週目→自分の名刺を全員に配付。
三周目→なぜか別のレストランのビラを軽妙なノリで置いていく。

せわしない…せわしないぜ営業部長!!
そもそもレストランで営業部長って何なんだぜ!

その間にも、記念撮影に応じたり、お子さんにロシアの鳴子?の演奏披露など、お客さんを楽しませるのに余念がありません。

我々もその恩恵にあずかり、屋上に登らせていただくことができました。

キエフ8

この部長さん、もんのすごいしゃべりーで(笑)
繰り出すマシンガントークに、我々たじろぎっぱな(笑)

京都についてものすごい博識でいらして、色々教えて下さるんですが、
「それにしてもこの部長、ノリノリである…」
とか余計なこと考えてたら、肝心な情報逃してまいました。
ツレに聞いて復習しときます。

でも、部長さんの京都七大お気に入りカフェ、絶対行くからね!!


すごく楽しいランチタイムを過ごすことができました。
機会があれば、ぜひまたロシア料理&部長さんのトークを楽しみに訪れたいです。


「ロシアレストラン キエフ」
お店HP
075-525-0860
12:00~24:00
21:00からは酒房タイム
L.O.21:00(コース)
L.O.21:00(アラカルト)
定休日 年末年始
京都市東山区縄手通四条上ル鴨東ビル6F
mapはこちらから


お読み頂きありがとうございました。
よろしければ、バナーをクリックしてやってくださいね。
ランキング投票していただけます~。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。押して頂けたら大変喜びます。
14:33 | 食べもん屋探訪・食事所編
comment(4)     trackback(0)

 ちょっと贅沢カフェランチ・【cafe cannelle カフェ カネル】に行ってみた。

は~、とうとうやってしまった…
これだけはすまいと思っていた禁断の…禁断の、一人カラオケ。
自分で引くくらいにsuperfly絶唱したった。三回。

週末カラオケ誘われてんですよ。
メッチャ上がり症なもんで、初めて行く人らの前じゃ全然歌えんのです。
というわけで自主練。意外と気持ちいい。

中学生の頃ぁ、トイレにも一人でよー行かんかったのにね~。

一人ラーメン、一人王将… 夢が広がるぜ!!


さて、メモリーカードに去年の写真が残ってたので引っ張り出してきました。

以前から京都カフェスタンプラリー、スイミープロジェクトについてしばしばご紹介しておりますが…まだちまちままわってます。

東山三条にある「cafe cannelle」さんも参加店。

cannelle1

ずっと行ってみたくて、念願の訪問と相成りました。

cannelle2

自然光で明るい店内。2階っていいね。
ほんと、人んちのダイニングキッチンにお邪魔してるみたい。
可愛い雑貨なんかも販売されてます。

ちょっとお茶するだけのつもりやったんですが、メニューボードを見てたら腹が減ってきたので、がっつり食うことにしました。

cannelle3

これぞ盛り合わせですな。
ちょっとずつ、違うおかずが時計の文字盤のように盛られてるんです。
正直、カフェめしってことで、ある程度のぼったくりは覚悟してたんですが、いい意味で裏切られましたね。
手間かけてくれてます。

五穀米とパンが選べます。
アホなあたしは、五穀米選んでしまいました。

ここのお姉さん、元パン職人らしいのに…
パンの販売もあるとあれほどアピールしてあったのに、コメを選ぶというKYさ加減に自分で失望。

cannelle4

でもハンバーグのときは、やっぱりお米欲しいよね。
ナイフを入れたら、肉汁がドバドバ溢れてきてびっくりしました。
できたてのハンバーグ美味し~!!
火の通り具合も申し分なし。

ランチで1000円弱とるなら、このくらいのレベルはあってしかるべき。
以前街なかのカフェでえらい目合いましたからね。。。
カフェめしのレベル向上を切に願います…。

ちょっと椅子が落ち着かない感じなんで長居はできませんが、次は自慢のパンでも食べに来てみようかと思います。


あとスタンプ一個で、念願の六店舗目、特典が受けられます。
どこのお店になるか、お楽しみにですROSE PiNK


「cafe cannelle」
お店HP
080-5322-9885
8:00AM~8:00PM ぐらい
水曜定休、月一回不定休
東山三条通神宮道北東角2階
mapはこちらから


お読み頂きありがとうございました。
よろしければ、バナーをクリックしてやってくださいね。
ランキング投票していただけます~。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。押して頂けたら大変喜びます。
18:59 | 食べもん屋探訪・カフェ編
comment(2)     trackback(0)

 たま木亭に再突撃。

京都ベーカリーでプチメックと人気を二分するお店、たま木亭。
前回伺ったのは半年以上前でした。
黄檗やからなかなか行きづらいんですよね。

第一回遠征は日曜夕方で商品もほとんど残っておらず、不首尾に終わりましてね。
リベンジを胸に誓って時間ばかりが過ぎてたんですが、今回、ようやく足を運ぶ機会に恵まれました。

tamaki1

お昼前に到着。
大きな袋を抱えた奥様が数人出てらしたのを見て、ひやっとしましたが、今回は種類も量も豊富にそろってました。セフセフ。

色んなブログで見かけた代表的なパンばかりを買ってきました。
やっぱりはじめは基本からということで…

tamaki2

めんたいが挟まったパンは、「博多」という名前。
見た瞬間「小っせ!!」と呟いてしまいましたが、しょっぱいめんたいは、このくらいの量がベストでしたね。
パンなのに、まわりのあられのせいで、お茶漬け食べてるような不思議な感覚。

右の「硬焼きバター」は、温めると中でバターがじゅわ~っと融ける面白いパン。
うーん、美味い…!!
ただ、皮が厚くて一度焼き戻したくらいではなかなか中心まで熱が通らん。
何かいい方法ご存知の方、教えて下さいませ。

tamaki3

左は「山栗ショコラ」。
チョコチップを混ぜ込んだ生地の中心には粗くつぶした栗のペースト。
周囲には半分に割られたアーモンドがまんべんなくくっつけられた、何ともお祭り騒ぎなパン。
それぞれの素材が主役級なのに、こんなに一堂に会しちゃうなんてねー…
カロリーどのくらいなんか知らんけど、ちょっと考えたくないですね…

右は「パンシュー」。
中には…

tamaki4

巨大なベーコンの角切りが相変わらずゴロゴロ…
ホント、すっごい男性的よねここのパンって。
アイデアを実行する潔さと、材料をケチらない気前の良さが、たまらんとです。
しかも味も良いんやから、もう完璧ですよ。

tamaki5

くるみとラムレーズンのサンドイッチ。
ラムレーズン好きなんですよ。
まさかパン屋さんで見かけるとは思わなんだ。
もうね、ありがとうだよ、ホントに。
たま木亭追いかけて黄檗に移住したいわ。


以上、占めて1000円くらいでした。
ツレが半分出してくれるって話やったんに、半分以上むさぼった上にお金くれません…
訴えてもいいですか。。


あーあ、次はいついけるんやろ…。


「たま木亭」
0774-38-1801
7:00~19:00
定休日 月曜・第2第4火
京都府宇治市五ケ庄新開14-91

mapはこちらから


記事がお気に召したら、バナーワンクリックで投票していただけます。よろしければ…
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。どうぞ、応援してやってくださいね!

21:18 | 食べもん屋探訪・ベーカリー編
comment(4)     trackback(0)

 一風変わったぜんざい・【平安殿】に行ってみた。

突然ですが、私はぜんざいというものが大好物でして…
実家にいるときは母親が大鍋でぐつぐつやってくれてたんですが、自分ではなかなかそういうこともできず、地元を離れて以来、冬になると決まってぜんざい欠乏症に襲われます。

というわけで、どっか美味しいぜんざいでも食べに行ったれ!
と家を飛び出しました。

heianden1

伺ったのはこちら。
店名、お読みになれますか?
「まあな」……ではなく、「平安殿」と読みます。
かくいう私も、看板が読めず、しばらくあたりをさまよったというのは内緒。

heianden2

一枚目の写真でも、矢印で茶房アピールがされてますが、こちら、店内で甘味を頂くこともできるんです。
まあ、茶房と言っても、ちょっとした喫茶スペースみたいなものですが。
一応すだれで目隠ししてあります。

冬はメニュー二つしかないんで、座りしなに注文。

heianden3

平安殿名物、「玖豆善哉(くずぜんざい)」 750円

ぜんざいの上に、練りたて、上質の吉野葛をとろーりとかけた、なんとも素敵な逸品。
これ考えた人天才ね。

お椀の大きさに比べ明らかに不釣り合いな、デカい匙も泣かせる…
このお匙を浸して持ち上げると、信じられないほど、まるでスライムのようにみょーんと葛がくっついてきました。
店の奥で一人、「うわわわわー!!」と興奮しっぱなし。

heianden4

ぜんざいそのものが美味しいのは当たり前なんですけど、この玖豆善哉の特徴は、とろんと流れ込んでくる葛の喉ごし。
喉ごしのいいぜんざいなんて、なかなか聞いたことないでしょ。

昔、一休禅師が、大徳寺の和尚さんにモチ入りの小豆汁を振る舞われて、「よきかな、この汁!!」と激賞したのが善哉の名前の由来らしいですよ。
今ならさしずめ、「やっべー、この汁マジ美味いんですけど。」といったところでしょうか。
フレーズが名詞になっちゃうって…どんだけ「よきかなー、うぅん、もう、よきかなー」っつったんでしょうね。

大徳寺で
「あいつまた来やがったよー」
「また?しょうがねーな、例の『よきかな』出しちゃり。」
なんて冷やかされやしなかったか、ハラハラしますね。ん?しない?

heianden5

掛札でもアピール。
ちなみに冬季のもう一つのメニューは、生菓子とお茶のセットです。

柔らかいわらびもちや餡子がお好きな方は、ぜひお試しください。
きっとお気に召すはず。


しかしこのぜんざい、昔は600円やったんやて。
野菜とかは収穫量によって価格変動するけど、一回値上がりした甘味の値段って、いつ下がるんやろ?
ケーキとか昔300円台前半やったんに、今500円とか普通やもんね。
ということを、最近よく考えてます。


「平安殿」
お店HP
075-761-3355
営業時間/午前9時~午後6時
年中無休

※甘味処
4テーブル16席
営業時間 午後1時~午後5時
年中無休

京都市東山区平安神宮道三条上ル堀池町
mapはこちらから


記事がお気に召しましたら、ポチっと投票してやってくださいませ。。。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。よろしければ応援してやってくださいね!

20:13 | 食べもん屋探訪・甘味所編
comment(11)     trackback(0)

 2009ケーキはじめ・【chez la mere シェ ラ メール】に行ってみた。

ふー、冬将軍の猛攻はとどまるところを知らず…
もう一歩も外に出たくないんですが、かと言って家の中も厳寒で、どうしようもない今日この頃です。

年明けごろ、シェラメールさんでとても可愛らしい、招き猫のカップに入ったデザートが売られてると聞き、行ってみました。
4日に伺ったところ、既に完売。
仕方なく、別の新春ぽいケーキを買ってきました。

chezlamere1

雑貨屋さんのようなキュートな外観…
「お母さんの家で」という意味の店名ですが、現実のおかんの家は似ても似つかぬあばら家です。

chezlamere2
左:今どきのプリン
右:COWCOW

丑年にちなんで牛柄のケーキ…
もっと牛柄が良く出たやつもあったのに、やっぱりこういうビミョーなのにあたってしまいます。
今年もこういう役回りか。。。

しかしこの名前、もはやあたしは伊勢丹の紙袋スーツの芸人さんしか想像できんわ。

ねっとりとしたホワイトチョコのコーティングと柔らかなスポンジの組み合わせは、実に食べるのが難しく、ボロボロにしてしまいました。
しかし、こちらのケーキ、すごく懐かしい味がする!
うまく言えんけど、昔住んでた地元に一軒しかないケーキ屋さんのケーキと同じ感じなんよ。
グルニエさんやらベックさんやらの凝りに凝った洋菓子も素晴らしいけど、たまに原点回帰するとホント泣きそうになるわ~…

そうよ、昔はこれがものすごいご馳走やったわね~…


プリンのほうは、何が「今どき」なのか、聞くの忘れてしまいました。
しかし、このプリンがこのまま十年も二十年も売られ続けるとして、「今どき」の定義はどうなってしまうのだろうか。 

プリンは滑らか系に絶対のこだわりを持つ私ですが、負けました…
脱帽です。
正直、プリンなんて、コンビニのも洋菓子店のも、そんな変わらんやろうと思ってたんです。
何これ、すげー美味い!!
ムチムチした今までにない食感に絶妙の焦がし具合のカラメル。
やるやーん!!

ご近所にこんないい洋菓子店あったとは。
これからちょこちょこ利用させていただこうと思います。


「chez la mere」
お店HP
075-241-0765
10:00~18:00
定休日 第3水曜日
京都府京都市中京区寺町通夷川上ル久遠院町673-1

mapはこちらから


お読み頂きありがとうございました。
よろしければ、バナーをクリックしてやってくださいね。
ランキング投票していただけます~。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。押して頂けたら大変喜びます。
15:28 | 食べもん屋探訪・パティスリー編
comment(2)     trackback(0)

 アイスなパンを真冬に・【エッフェル】に行ってみた。

伏見稲荷ついでにパン屋さんにも立ち寄ったので、ご紹介します~。
まあ、そんな大したもんは買ってないんですが…

eiffel1

京阪電車、伏見稲荷駅ほど近くのベーカリー。
見るからに昭和な雰囲気がそそりまっす。

eiffel2

このパッケージを見た瞬間、「ああああ!!」と奇声を上げながらシャッターを押していました…
なんて…なんて素敵な…
もうたまらんですよ、このレトロさ。

こちらのお店、パンの種類が非常に豊富で、しかもそれぞれ工夫の凝らされたものばかり…
迷うわ~。
あのパキッと弾ける食感でお馴染みのウインナーを使用し、そのまま商品名にしちゃったパンがあったんにはちょっと驚いたけど…

eiffel3

購入したのは2つ。

まずは「アイスネオショコラ」。
京都の学校では給食にも登場するそうな。
粉砂糖がふんだんにまぶされたコッペパン?の間に、チョコクリームが挟まれてます。
さらに、なぜか冷凍庫でキンキンに凍らされているという何とも奇妙な、いや不思議なアイス。

極寒の屋外でこんなものを食う自分の神経も信じられませんが…

多分、8割くらいの人が「パンは凍らせなくても良い」という結論に達するでしょう。
残念ながら私は残りの2割に振り分けられてしまったんですがね。

真ん中のクリームがアイス状になってて美味い~ハート
飛び散る粉砂糖の傍迷惑さも気にしない。
パン、ボソボソになっちゃってるけど、そこがまたいい。
美味しいまずい別にして、好みのパンでした。

そして、もう一つ、クロワッサン。「プラティニ」という名前。
あたしは知らんかったんですが、ツレがテンション上がってたんで聞いてみると、
「将軍」と呼ばれた、フランスのサッカーの名選手らしいです。

自身が決めたスーパーゴールにオフサイドの判定を下され、怒ってフィールドに寝転がっちゃったというお茶目な将軍。
の名前がなぜこのクロワッサンの名前に採用されたのかはナゾ…。
エッフェルさんのあらゆる技術の粋を集めて完成に至った商品やというのがえらい宣伝されてました。
確かにかりっかりの端っことか、美味かったです。
結構つっこみポイントの多い店やな~と思ったんですが、実はここ、かなり実力派のパン屋さんなのかもしれません。


でも、やっぱ外で食べたら凍えて味あんまり分からんかったんですよ。
他にも心惹かれるパン目白押しやったし、ここ、絶対また来たいと思います~。


「エッフェル」
075-643-6666
6:00~22:00
定休日:火曜日(但し1日の日は営業
京都市伏見区深草一ノ坪町37番地の6
mapはこちらから


よろしければぽちりと投票してやってくださいませ♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。どうぞ、応援してやってくださいね!

00:14 | 食べもん屋探訪・ベーカリー編
comment(6)     trackback(0)

 初詣アゲイン。伏見稲荷大社。

年末年始、TVでずっと舞妓さんが
「はつもーでは、きょーと伏見のお稲荷さんへー」
と挑発してきてたので、行ってきました。

実際は初「二」詣くらいなんやけど、気にしない。
おみくじを引かんと2009年はじまらんですよ。

daimonjiyuki

あ、家出たら大文字こんなことになってました…
このときあたしはまだ、冬の京都の恐ろしさを思い出せてはいなかったのでした。

fushimi1

いやー、伏見稲荷さんの集参拝客力?あなどってました~…
もう今年も10日過ぎてんやから、そろそろ人も少なくなってるはずやと踏んでたんですが。
なんのなんの。

fushimi2

お狐様です。
お目にかかるのは久しぶり。
伏見稲荷大社は、全国のお稲荷さんの総本社ですからね。
地元でもよく目にしていた赤い鳥居の総元締めがこちらかと思うと、やっぱり感慨深いですね。

fushimi3

fushimi4

今回の目標は伏見山制覇だったので、さっそく登ってみました。
おみくじも大吉やったし、ここで苦しみに耐えて山登りやり遂げたら、なんかいい年になりそうな気がする…

伏見山は、てっぺんまで行って戻ってくるのに2時間くらいかかります。
最初は「シタタタ…」なんて忍者のマネしながら元気に登ってたんですが、20分くらいで死にそうになってました。

運動不足の恐ろしさよ…

fushimi5

fushimi6

は~、素晴らしい眺め…
と言ってもここ、全然頂上やないんですが…

これからさらに鬱蒼とした山中を800mほど行ったところが頂上でした。
頂上にはお社があります。
と言っても道中、全部お参りしてたら破産するくらいのお社があるので…ね…
見晴らしがいいわけでもないので、
「え?ここ?ここ頂上??かお
と、結局かなり締まりのない山登りでしたとさ。

いや、でもこれでいいんや…苦しみを味わうのがこの山登りの目的。


帰りは案の定膝大爆笑で…
雪は降るわ死ぬほど寒いわで、
「もっと端行ってくれんと、あたし歩けんがや!!!」
と、自分でも忘れてたような訛りでツレにあたる始末…
こんなんじゃ神様も呆れるわ汗あせ


どうぞ、この季節伏見山に登ろうとお考えの方、
スニーカーと貼るホッカイロをお忘れなく…
舐めてたら、本気で伏見山に食われますよ。


お読み頂きありがとうございました。
よろしければ、バナーをクリックしてやってくださいね。
ランキング投票していただけます~。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。押して頂けたら大変喜びます。
11:15 | 京めぐり・洛南編
comment(2)     trackback(0)

 商店街のサラサ・【サラサ3】に行ってみた。

やっと学生最後の大仕事から解放されました…kao02
これで無事卒業できる…はず…多分。
まだ京都にはいますので、よそもんは続けます~。
これからもどうぞよろしくお願いいたしますハート


さて、京都で一番有名なオシャレカフェといえば何はともあれサラサグループですね。
以前、花遊小路のお店に伺った記事を書きましたが…

今回は三条商店街内にある「サラサ3」にお邪魔しました。

こちらはなかなか元気のある商店街で…
三條若狭屋さんをはじめとした老舗はもちろんのこと、若い方もどんどん面白いお店を始めたりされて、活気で溢れてます。

sarasa3

何か知らんが、みんなに見つめられる「サラサ3」…

お正月やったもんで、家族連れやセール帰りの女子などいっぱいでした。

sarasa3-2

ボケボケですいません。
こちらのお店は元々たばこ屋さんやったそうですね。

古さを生かしつつモダンに改装された店内は、なかなかのくつろぎ空間。
店員さんもよく気のつくお姉さんばっかりで…かなりの好印象です。

sarasa3-3

お茶の時間は注文できるフードが限られてまして…
あたしはこちらのクロックムッシュのセットをチョイスしました。
確か750円くらい。

目の前は幸せそうな若夫婦+赤子。
こちとら一人でソファ席を占拠。
なんてロンリー正月…

でも、美味しいクロックムッシュに満足でした。

サラサは他にも3店舗。
こうなったら全制覇目指してみようかなと思います。


「サラサ3」
お店HP
075-811-0221
定休日 水曜日
営業時間 11:30〜23:00
 お昼ごはん ● 11:30〜14:00
 お茶の時間 ● 14:00〜18:00
 夜ごはん  ● 18:00〜22:30
mapはこちらから


よろしければぽちっと投票してやってくださいませ♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。どうぞ、応援してやってくださいね!

22:57 | 食べもん屋探訪・カフェ編
comment(2)     trackback(0)

 カレーうどんとスジ肉、夢の競演・【やまびこ】に行ってみた。

書くことが溜まってきた…

駆け足気味に、行ったお店を紹介させていただきますね。

府庁そばのお食事処、「やまびこ」さん。
柔らかいスジ肉入りのカレーうどんが人気のお店。

テレビや雑誌にも引っ張りだこのようで、店内には芸能人のサインが所狭しと飾られていましたさ。
観光客よりも、地元のおばちゃんが一人でふらっと来てたリ、地域にも根付いてるお店なんやと思います。
よく賑わってたしね。

yamabiko1
ミニ・ミニセット 750円

ミニすじカレーうどんと週替わりのミニ丼のお得なセットですよ。
「ミニ」と言っても、どちらも単品で成立しそうなくらいのボリューム。
「オイオイ、どんだけ炭水化物食うんよ…」と、ちょっぴり自分に不安を覚えたですよ。

yamabiko2

お邪魔した時の週の丼は、カツ丼でした。イエイキラキラ(オレンジ)

お味は、まずまず…。
いつもトンカツ屋さんでカツ丼食べてるから、揚げ具合とか、その辺の差は仕方なかろ。

yamabiko3

おつゆたっぷり~!!
麺が奥底に沈んでます。もちろん京風フニャ麺ですが、もう驚かない。
柔らかいスジ肉がゴロゴロ入ってて、嬉しいですね~。
良く脂抜きしてあるから、もたれないですね。

おつゆのカレーは辛めで、子どもたちが何度も水を汲みに行ってました。
願わくば、辛みの中にも中にももう少しまろやかさがあればいいかな~と思います。
あの、一日目のカレーのとがった感じがしますんでね。
でも、美味しいですよ。

隣で男子学生のグループも、すじカレーうどんをすすっておりました。
一人が延々、「水族館は、自分はあれは動物虐待だと思う。」だの「ペットショップは最悪だ。5万円で、犬の命が買えるか!?」だのアツく語ってたんですがね。

750円で牛の臓物貪りながら、の会話かい?

心の中で「おっしゃるよね~」とツッコミを入れときました。

やまびこさん、一度是非どうぞ。


「やまびこ」
お店HP
075-231-5477
11:00~15:00、17:00~21:30
定休日 火曜日
京都市上京区丸太町通西洞院東入ル田中町122
mapはこちらから


よろしければぽちっと投票してやってくださいませ♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。どうぞ、応援してやってくださいね!

14:58 | 食べもん屋探訪・食事所編
comment(6)     trackback(0)

 人生初です。京風雑煮・【錦もちつき屋】に行ってみた。

追われてる作業が一段落しましたので、
雑煮を求めて徘徊してきました~。

よーじやのメニューにあるらしいと聞いて、まずは哲学の道へ。
しかしさりげなく休業だったもんで、街なかへ出てきましたよ。

それにしても、途中通りかかった平安神宮がエライなことに…
いっつもガラガラやのにねぇ…

結局三条のよーじやも行列で断念。
よーじやにこだわる理由もないので、錦に足を向けました。
年末と違って歩きやすーい。

mochitsuki

錦市場は「錦もちつき屋」さん。
こちらは店頭でよく、もちつきのパフォーマンスをされてますね。
今が書き入れ時ですな。

zouni1
お雑煮 750円。

ヒュー、高いぜ…
ここ最近ファミマのチキンとパンで暮らしてたので、京都の物価の高さに改めてビビります。

はじめましての京風雑煮です。
これは…  あめー!!
トロッとしてて、最初の一口、砂糖でも入ってるんじゃないかと思うくらい甘かったです。
白味噌は米の割合が多いんで、白く、甘いらしいですね。
京都じゃある意味、味噌って甘味料として扱われてますものね。

食べなれない感じやけど、美味しい~♪
お餅も柔らかくて、満足でした。
餅は餅屋やね。


帰りに錦天満宮で初詣も済ませました。

nishiki1

nishiki2

参拝の方々、大勢いらしてました。

獅子舞が舞いながらおみくじを出してくれるからくりが設置してありましたよ。
面白い。
お孫さん連れのおじいさんが、

「ほら、○○くん、タンタカタンタン、タンタンターン。」

と自らBGMを口ずさみつつ、お孫さんにからくりを見せてらしたんですが…

じーちゃん、それ、カトチャンのストリップの曲!!

無意識なんでしょうが、思わず笑ってしまいました。
なんか、いいなあ。


「錦もちつき屋」
お店HP
075-223-1717
11:00~17:30(土・日曜、祝日は~18:00)、季節により変更あり
無休
京都府京都市中京区錦小路通柳馬場東入ル東魚屋町175
mapはこちらから


よろしければぽちりと投票してやってくださいませ♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。どうぞ、応援してやってくださいね!

22:07 | 食べもん屋探訪・食事所編
comment(4)     trackback(0)

 京都の和菓子36「おきあがりこぼし・栗蒸し羊羹」・笹屋伊織

改めて、明けましておめでとうございます。
年明けなんやかんやで、新年のご挨拶が遅れてしまいました…

正月らしくない正月を送っています。
テレビはほとんどつけてません。
youtubeがあれば生きていけるさ…

とは言え年明け早々、仕上げねばならない作業に追われてまして。
毎日パソコンの前でパンを齧っております。

唯一の正月らしさ、こちらでした。

sasaya1
左:栗蒸し羊羹
右:おきあがりこぼし

2009初和菓子。ちょっとめでたくバージョン。
質素すぎて自分で涙が出そうです…
正月やから、縁起担ぎにだるま的なものをチョイスしてるあたり、いじらしいでしょう?

お茶は蓬莱堂の蓬莱茶を淹れました。
100g500円もする玄米茶ですよ。
でも、名前が縁起いいからね。

sasaya2

ああ~、だるまの表情がたまらん。
二つともお味はふーむやったんですがね。
だるまは水分が少ないためにぽろぽろ食べにくくて、
最終的に顔面に黒文字を突き立てて食しました。
合掌。

作業も一段落したし、明日はお雑煮でも食べに行こうかなあ…
京都の伝統的な雑煮、何かすごいですね。
ボーンと頭芋?ってやつがお椀を占拠してて…
でも、白味噌美味しそうです。

うちの地元では、おやしという大豆の豆もやしを必ず入れます。
地方によってそれぞれですね。


それでは今年も当ブログを、何卒よろしくお願いいたします!!


「笹屋伊織」
お店HP
075-371-3333
京都市下京区七条通大宮西入花畑町86
mapはこちらから
※大丸や高島屋、伊勢丹でも購入できます。


よろしければ2009年初ぽちでもしてやってくださいませ♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。どうぞ、応援してやってくださいね!

03:37 | 京の和菓子
comment(4)     trackback(0)

 間に合わんかった…・【本家尾張屋】に行ってみた。

今年もガキ使で、いつの間にか年越してた…
だがそれがいい!

年越し蕎麦ネタ間に合わんかった…
今年はどんべーじゃなかったぜ!

owari1

owari2

圧倒されるなかれ。
すごい外観、内装の割にお安~い♪

owari3
ボケボケの利休そば 1050円

何で利休なのかは…知らん。。


owari4
玉子とじそば 683円

こちらは蕎麦アレルギーの方も、うどんを召し上がれます。
きちんと別釜で茹でて頂けるんやないかと思います。

owari5
蕎麦わらび餅 315円

ざりっとした粒子の粗いそば粉が何とも香ばしいです。


京都の方はやっぱ、にしん蕎麦召し上がったんですかい?


「本家尾張屋」
お店HP
(075)231-3446 
0120-17-3446
営業時間:9:00~19:00
蕎麦処:11:00~19:00 (ラストオーダー18:30)
休日:1月1日・2日のみ
京都市中京区車屋町通二条下る
mapはこちらから


本年もよろしくお願いいたします。
きちんとしたご挨拶はまたのちほど…
記事がお気に召しましたら、ぽちっと投票してやってくださいませ♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。どうぞ、応援してやってくださいね!
01:25 | 食べもん屋探訪・食事所編
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。