スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 電車を見下ろし一休み・【cafe weekenders カフェ・ウィークエンダーズ】に行ってみた。

どっか行ったついで、とかやなくて、思い立った時にすぐ、Gパンにサンダルつっかけてお邪魔できる、そんな普段づかいができるカフェがあったらいいなあ…
と思っていたところ、近場で思いがけず素晴らしいカフェを見つけたのでご紹介。

場所は、叡電が東大路を突っ切ったらすぐ見える元田中駅のそば。
わかりにくいけど、バイク屋さんと雀荘の二階です。

実はここがあたしの一人カフェデビューのお店。
一発目からこんな素敵なカフェに出会えて、すごく嬉しかったのを思い出すわ。

雑誌その他への露出では全然劣るけど、ネットなんかじゃ先日紹介した「かもがわカフェ」さんに負けない評判の高さを誇るお店。
いわゆる穴場ってやつですな。

cafe weekenders1

広々とした店内は、元ダンスホールだったんやて。
ご夫婦でされてるそうなんやけど、たぶん奥様の趣味なんやろうなあ、メチャクチャ可愛いヨーロッパの小物が陳列してあって、インテリアも凝り凝り、とにかく乙女よ集え!!のカフェなんですよ。

噂に聞いたカプチーノと、本日のマフィンをオーダー。
コーヒーは飲めぬと言っとりましたが、甘くてミルクたっぷりのものは飲めるんです。これが偏食です。

cafe weekenders2

ここの居心地の良さは、内装の良さだけやなくて、その清潔感にあると思う。
グラスはピカピカ、テーブルは磨き上げてあるし、もちろん埃一つ落ちてない。
当り前のことやけど、結構お掃除できてなくて綿ボコリフワッフワさせてるお店ありますよ。

カプチーノ&マフィン

カプチーノ 450円   本日のマフィン 200円

カプチーノにはその都度違う絵柄を書いてくれるみたいや。
今回は…顔?
かわいいだけやなくて、うまいです。
こちらの御主人はコーヒーにこだわっておられるようで、エスプレッソには自信があるとか。
ほんで、極めて良心的なお値段なのが、学生には涙もんのありがたさ…

本日のマフィン

今日のマフィンは梨とチョコチップのマフィン。
気前よく混ぜ込んであるねい。
味は…極めてフツーやけど、手作りのあったかさを感じさせるわね。


窓際の席からは、叡電が走るのが見えます。
大通り&線路の近くでうるさいんやないん?という危惧は無用。
日が落ちるにつれて暗く染まっていく比叡山の景色を望みつつ、落ち着いて読書を楽しむことができたよ。

実にいいカフェ。
こちらはぜひとも常連にさせて頂こうと思います。


「cafe weekenders」
075-724-8182
12:00~22:00
水曜日休み(祝日の場合は営業)

京都市左京区田中里ノ内町82 藤川ビル 2F


mapはこちらから


お気に召しましたらクリックをどうぞ。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ  
スポンサーサイト
22:30 | 食べもん屋探訪・カフェ編
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://yenen.blog118.fc2.com/tb.php/108-92c7b489
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。