スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 京都でチョコレート菓子を・【BRUN BRUN ブラン・ブリュン】に行ってみた。

先日、大阪まで深夜バイトをしに行ってきた。
ベルトコンベアにのって押し寄せてくる、封筒の山の糊づけを確認する、というジミーなお仕事です。
地味はいいけど、7時間も立ちっぱで続けたもんやから、足も腰も限界…
二度と腰曲がらんのやないか、と思いました。

疲れた時にはやっぱ甘いもんに限るわよねえ。
栄養たっぷりのチョコレートなら、なお良し!!

と、自分に言い訳をして、気になっていたパティスリーにチャリを走らせました。

「BRUN BRUN」さんは、1935年に誕生した当初は、ロシア菓子中心に販売するお店やったそうな。
しかし今では、フランス語、ノルウェー語で「茶色の」を意味する店名にうかがえるとおり、チョコレート菓子に力を入れて展開されてるようです。

BRUN BRUN

閉店間際に滑り込み。
青を基調にした外観は、ちょっとおしゃれなホテルのカフェのようや。

今回購入したのは二品。

ブラントルテ

ブラントルテ 325円

プラリネショコラ

プラリネショコラ 388円

こちらのお店は今時にしては、どの商品もお手頃価格なのが嬉しいねい。

ブラントルテはこちらの看板商品のようで、「日本版ザッハトルテ」を謳う。
濃厚さを期待する人には物足りないかも…
けっこうぽそぽそしてて、淡白な味。
この辺が日本人向けを強調する所以なのかもしれんけど、我々の嗜好も日々欧米化しておりますからなぁ…


プラリネの方は、ビスキュイ生地とクランチの食感が面白い。
ずっとザクザクしてる。フォークでお上品には食べられない。
細かくクラッシュしたアーモンドの香ばしさもある。
しかし、てっぺんのクリームの味が少し変わってて、好みの分かれるところかと思う。

ネット販売もされてるようなので、興味のある方はお試しあれ。


「BRUN BRUN」
(075)231-0521
10:00~21:00 (祝日は18:00まで)
日曜日休

京都市中京区竹屋町通東洞院西入三本木町462番地

mapはこちらから


お気に召しましたらクリックをどうぞ。
(ランキング投票されます。)
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 
スポンサーサイト
16:14 | 食べもん屋探訪・パティスリー編
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://yenen.blog118.fc2.com/tb.php/109-2d7d72a9
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。