スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 京都御所ってどんなん??

先週は、京都御所の一般公開ウィークでした。
去年は見学時間に間に合わなかったり、一般公開自体を忘れていたりで潜入できず。
んで、やっと一年越しの念願叶い、あのご大層な塀の中身がどうなってんのか見てきてやりました。


門

土曜日だったこともあり人がわんさと押し掛けておりました。
みんな、激写激写。

扇遊び

いきなりですけど、これは投扇興という扇を的に投げて得点を競う遊び…を再現したマネキンです。
基本的に建物は外から見れるだけ…
混雑で建物全体を写すこともままならず、思わずこれを撮ってしまった…

襖絵

参内したものを迎える諸大夫の間の襖絵。
参内した者を歓迎しながらも、油断はしていないぞ、という念押しが、この虎の絵に表現されているんやと。

紫宸殿

朱塗りの門の向こうに、即位礼などの最重要の儀式が行われる紫宸殿が見えております。
そしてご覧のとおり、見学者の行列が果てしなく…
人いきれと思いがけない強い日差しに、このあたりからだんだん帰りたくなってくる。

清涼殿

平安時代の天皇が日常生活を送られた建物、清涼殿。
今はもう、ほぼ使用されることはないんでしょうな。
人の、生活の匂いがまったくしない。ただがらんとしてる。

紫宸殿2

紫宸殿を裏から。
左端の小さな門を出たら、次はお庭です~。
も~でけーよ~!!
こんなに大きなおうちはいりません!!

庭



御所は、思ったよりもシンプル、簡素で目にも鮮やかな豪華絢爛さというのはありません。
ただし、敷地は超広大なんで、二か所ほどショートカットルートが設けられてた。
やっぱ、疲れたり見飽きたりする人がおるんやろうな、と…。
一度は見に来てもいいかもしれんが、たぶんもともと公開を目的とはされてないと思うので、「ウワァ~キラキラ(オレンジ)」という面白さは期待して来たらいかん。と思う。


立派な建物も素敵だけど、あたしはむしろ、みんなが自由にスポーツしたり日向ぼっこしたり、人々の生活に身近な御苑が好きです。
最後に御苑内を未だに彩っていた桜でもどうぞ。
桜1

去りゆく花の季節を最後まで目に焼きつけてきました。

桜2

大好きな季節、また来年。

桜3




記事がお気に召しましたらクリックをどうぞ。
ランキング投票されます。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
スポンサーサイト
23:00 | 京めぐり・洛東編
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://yenen.blog118.fc2.com/tb.php/130-ce0b8105
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。