スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 パンを片手に鴨川散策・【hohoemi ホホエミ】に行ってみた。

京都有名ベーカリーの記事を書くことが増えてきたな…
おいしいパンを求めて東奔西走、ごはん党でありながらお気に入りのパン屋さんを開拓しようと日々いそしむ、自分の貪欲さを褒めてあげたいわね。

鴨川リバーサイドには北から南まで面白い店が多数存在しております。
今日ご紹介するベーカリー「hohoemi」さんもその一つ。

荒神口といえば中心街からしたらかなり上の方、この辺まで来ると人口密度はかなり下がるけれども、このお店はいつ通りがかってもお客さんが溢れているわね。

hohoemi

小さなかわいらしいお店は、ナチュラルテイストで統一されてます。
リネンのシャツ着て髪をおだんご一つに結いあげ、有機栽培の野菜を毎日食べています、的な色素の薄いお姉ちゃんが好みそうなお店やね。

ウッディな店内に入ると、お盆の代わりに、藁半紙を敷いたちーまいバスケットに選んだパンをのせてく。
うーん、「それっぽい」ね。

とは言え、店のお姉ちゃんたちは、スローライフテイストな店には似つかわしくないほどの見事な客さばきで、さほどレジ行列に待たされることなく、あたしは家路についたのでした。

hohoemiパン

上:ベーコンエピ
エピとは麦の穂のことやけど、ここのは粒一つ一つ丁寧に細かく作られた、美しい形のパンやね。
一口噛むと、「カリッ!!」というとても小気味よい音がする。
とは言っても顎が痛くなるような硬さはなくて、わりともっちりしてる。
ベーコンのうまみがじゅわっと広がって、このパンはあたしのエピ歴の中でも断トツNo.1の称号を与えられるわね。

右:シナモンロール
シナモンの強さも甘みも丁度いいです。
上のクリームにはチーズが混ぜ込まれているそうなんやけど、あまり分からず…

左:フロマージュ
こいつにはしてやられたわ!
チーズ系のクリームを抱き込んだパンは珍しくないけど、このパンのクリームの濃さと言ったら、まるでレアチーズケーキを食べてるみたいなんです。
菓子パンとしてお昼にするのもいいけど、デザートとしておやつに採用するのもアリだわね。
気に入った!!


このお店から徒歩一分くらいで鴨川河川敷に下りてくことができます。
いい季節になってきたことやし、おにぎりの代わりに焼きたてのパンを携えて、川辺でまったりと時を過ごす京都人に紛れ込みたいね。


「hohoemi」
075-212-7727
11:00~19:00
木曜日休
京都市上京区亀屋町128

mapはこちらから


バナークリックでランキング投票されます。
記事がお気に召しましたらどうぞ。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 
スポンサーサイト
20:51 | 食べもん屋探訪・ベーカリー編
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://yenen.blog118.fc2.com/tb.php/135-eef8670c
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。