スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 新感覚、話題のつけ麺屋さん・【つけ麺や ろぉじ】に行ってみた。

京都の食べもん屋さん色々紹介してきましたけど、ラーメン界だけはそのディープさゆえに、コメントするのを控えてきました…
正直ラーメンは、よー分らん!
ラーメン好きやけど、うまいと言われてる店に行っても、どこもそんな大差なく感じる…
粗末な舌で申し訳ありません…

けども、唯一、京都で食べたラーメン屋さんで「こ…これはっ!!」と度肝を抜かれたお店がありまして、それが変わったラーメンを出す「高倉二条」というお店でした。
んで昨晩、こちらの姉妹店にあたる「つけ麺や ろぉじ」さんがTVに出ていたようで、アンチラーメン党を気取る相棒が珍しく触発されたので、誘われるままに行ってまいりました。

つけ麺や ろぉじ

ろぉじというほどでもない、東大路から一本西に逸れた車も通れるほどの道、鞠小路沿いにあるお店。
阿闍梨餅で有名な「満月」さんと同じ通りです。

つけ麺や ろぉじ2

でっかい提灯が目印。
このマーク、ずっと金魚かと思ってたけど、よく見たら鯛の鯛じゃないすか。…ビミョー!!

お昼外して行ったにもかかわらず、大層な盛況ぶり。
みんな深夜番組好きなんやなあ…。


オーソドックスに、つけ麺200gと、鯛ぶぶを注文。
麺の量は200、300、400gから選べて、値段はどれも一緒なのよ。

つけ麺

つけ汁

つけ麺 680円

出す瞬間にお店のお姉ちゃんが突然「ハッ!」と、何やらしでかした顔をした。
何かと思えば、間違えて300g盛ってしまったらしい。

「よければ…どうぞ」

って、多いわ!!
そんな、いってみようやってみよう的なノリで言われても…
……まあ、食べてやってもいいけど 笑

つけ麺2

このようにして麺をつけつけお食べ下さい。
ここの麺の何が変わってるかって、白い小麦粉麺でも中華風の玉子麺でもなく、なんと全粒粉麺なんですよ!
良く冷水でしめられた麺のつるつるシコシコ感なんて、京都では特に、他に類をみないほどのコシの強さ!
まるでそばのような味の麺と、魚のダシがこれでもかと効いた、あっさりの和風つけ汁との相性は抜群で、冗談じゃなくいくらでも食べられます。
麺を頼みすぎて、つけ汁が冷えてきてもご心配なく。
卓上温熱機で何度でも温め直すことができるんやね~。

食べ終わってもまだお腹に余裕があるならば、ついでに鯛ぶぶ 200円もいかがでしょうか。

ご飯と鯛のダシを頂けるので、残ったつけ汁にぶっこむのです。
写真はあまりにも食べかけ感が強く、キタナラシかったので載せるのやめます。

確かにオイシイです。
けど、あたしは結局つけ麺の延長戦をやっているかのようやった…味ほとんど変わらないし…
もっとお茶漬け的なん想像してたからね。

とにかく、ここは一度は食べてみる価値のあるお店やと思います。
もっとそばの風味を強く御希望なら、「高倉二条」さんがおすすめ。
絶対に、「こんな麺、あったんやね~!!」と驚かされるお店ですよ。


「つけ麺や ろぉじ」
075-724-3233
11:00~15:00
18:00~21:00
不定休
京都府京都市左京区鞠小路通今出川上ル東側田中大堰町168-1

mapはこちらから


バナークリックいただけますと、ランキング投票されます。
よろしければどうぞです。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 
スポンサーサイト
17:29 | 食べもん屋探訪・食事所編
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://yenen.blog118.fc2.com/tb.php/140-8a962ef0
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。