スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 まるごと一日宇治旅行・伊藤久右衛門で抹茶三昧!編

とうとう来ました伊藤久右衛門!
宇治で抹茶スイーツといえば、伊藤久右衛門さんと中村藤吉さんですな。
今回はこの宇治の二大横綱を制覇するのが、真の目的やったんやわ。
昼食も抹茶スイーツ、おやつにもちろん抹茶スイーツ。
「自分もそれで構わない」と言う相棒を「バカヤロウ!生半可な気持ちで迎合するんじゃねー!!」と前日叱りとばし、もめる。
食事の代わりに甘いもんを食うというのは、本物の甘党にのみ許された禁断の行為…
「それでいい」なんて適当な気持ちで臨むなんて、スイーツに対する冒とくよ。

とりあえず相棒には、茶そばでもあてがうことにして、やってまいりました。

伊藤久右衛門1

お店に近付くにつれて芳しいお茶の香りが…ではなく、蕎麦つゆのダシの香りがただよってる。
どういうこっちゃ!

伊藤久右衛門2

店内は、歴史あるお茶屋さんの風情はほぼ皆無です。
置いてある商品は、茶葉で売られるお茶よりも抹茶のお菓子やらの方が目立ってる…何か複雑な心境。
いや、まああたしもスイーツ目当てで来たんですがね…
ふと気がつくと、スピッツやらジャニーズやらがオルゴールでアレンジされたBGMが流れてて、「ありゃまー」な気分は最高潮に。

気を取り直して席につき、注文です。
にしんそば
にしんそば 840円
初めてにしんそばを食した相棒やけども、「意外にうまい」と喜んでいた。
確かに、何やここのにしんはぷりぷりしてたな。
細い茶そばがひたひたのおだしに浸かってます。
お茶の味はしない。横のお茶の佃煮も、お茶の味はしない。
けど、普通に満足させてくれます。
あたしはこれで十分です。

ほうじ茶ゼリーと抹茶チーズケーキ
ほうじ茶ゼリー&抹茶チーズケーキ 892円

敢えてパフェなどにせず、このセットをチョイス。
見た目は派手じゃないけど、実にそそられるルックスやわ~チューリップ

ほうじ茶ゼリー

ほうじ茶シロップがかかっているので、かき混ぜて食べる。
無造作に砕かれたゼリーは大きさもまちまち。
デコボコの断面にシロップが良く絡み、ほうじ茶のほんのりとした香りが病みつきにさせる、さっぱりとしたお味。
プルプルとした絶妙な弾力のゼリーはつるんとのどごしが良く、ほんっとにいくらでも食べられそう。
そして混ぜられた小さな白玉が、これまたいいアクセントで…
これ、相当好きです。

抹茶チーズケーキ

小さなチーズケーキやけども、見た目以上にどっしりしてる。
チーズのしょっぱさが思いの外強くて、一瞬「おっ」と驚く。
ねっとりと舌に絡みつくような濃厚なケーキは、抹茶もガンガンに利かせてある。
けど、舌を刺すような苦味はなくて、爽やかなお茶の香りが突きぬけます。
この小さな1ピースでも十分、食べ応えのあるお品やった。


想像以上に商売魂の垣間見られる店舗に少し戸惑ったけど、いいもん食べさせてもらいました。
駅から歩いてでも十分行ける距離やよ。
平等院そばにも支店があるから、ぜひお試しあれ。


平等院編につづく。


「伊藤久右衛門 」
0774-23-3993
10:00~18:00
無休 (元旦は除く)
京都府宇治市菟道荒槙19-3

mapはこちらから


バナークリックでランキング投票していただけます。
応援していただけると喜びます!
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
スポンサーサイト
21:53 | 食べもん屋探訪・甘味所編
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://yenen.blog118.fc2.com/tb.php/150-0d9e7bcd
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。