スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 絶妙、和洋折衷カフェ・【Prangipani フランジパニ】に行ってみた。

あぁ…とうとう京都、滋賀のカフェ本買ってもーた…
普段貧乏性なもんで、こういう娯楽本には手をつけないことにしてたのに…

でも、マイカフェブームが最高潮に達してる今、ツレに「カフェの何がいいの?」と氷の眼差しで蔑まれようと、カフェ代捻出のためにお昼がおにぎり一個になろうと、もう止められないのです。

今日ご紹介のお店はこちら。

フランジパニ

「Prangipani」さん。
「フ」ランジパニであって、「プ」ランジパニではないのでご注意あれかし。
フランジパニとは、バリ島など、南の島のシンボル的お花。

フランジパニの花
↑コレのことらしい。(画像は関心空間さんから拝借)

けど、そんなリゾート地なんぞ足を踏み入れたこともないあたしは、知りませんでした。

もう、このお店を探してどれだけ徘徊したことか…
全然分りやすい所にあるんやけど、店舗は周囲の民家に溶け込んでるし、この日は立て看板も出てなくて迷ってしまったのよ。
辺りを何周もグルグルしながら、虚ろな目をして人様のお家を眺め回してたんで、マジで不審者として通報されるかと思いました。

フランジパニ2

一番奥の座敷席。
ガラス障子には市松模様状に、互い違いに紙が張られてる。
この面白い趣向に入店した瞬間ハッとさせられる。
この一角だけ和のスペースなのに、うまく調和してる。

フランジパニ3

お一人様用のソファ席は階段の下。
気兼ねなくまったりできそう。

フランジパニ4

入り口付近のお席は、ガラス窓から差し込む日の光で明るい。
テーブルも椅子もシンプルそのもの。装飾なんてほとんどないお店だけど、居心地の良さは抜群です。
すっきりしてて気持ちがいい。アクセントで置かれた緑が清々しいね。

ケーキセット
ケーキセット 550円

や…安い…!!
今日びこのお値段でケーキセット頼めませんよ。
どこのカフェでも、定食くらいの料金取られます。

コーヒーか紅茶(アッサム)が選べて、ケーキは日によって違うのかな?
この日はベイクドチーズケーキかガトーショコラでしたわ。

ガトーショコラ

おそらくママさんの手作り。
小さいけど、満足感あり。

こちらはコーヒーにこだわっておられるようやね。
ドリップで一杯一杯丁寧に淹れてくださるらしい。
あんまり飲めないから普段頼まないんやけど、試してみたら良かったかも…。
ママさんお一人で切り盛りされてて、厨房でせっせと作業される姿が見えます。

この界隈にはあまり足運ばんけど、お気に入りカフェとしてぜひまた伺いたいなあ。
今度は噂のスパイシーなチキンカレー、頂きます。


「Prangipani」
075-411-2245
10:00~19:00
定休日 日曜日
京都府京都市上京区室町通鞍馬口下ル森之木町462

mapはこちらから


バナークリックでランキング投票していただけます。
毎日の励みにしています。よろしければどうぞ。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
スポンサーサイト
21:44 | 食べもん屋探訪・カフェ編
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://yenen.blog118.fc2.com/tb.php/164-520c3b85
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。