スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 何べん食べても…ケーキのイリュージョン♪・【Bec Rouge ベック・ルージュ】に行ってみた。(3回目)

はい、すいません…。またベックさんとこの記事です。
満を持しての最終週分のキャンセル待ちが成功しました。
その際、「22日も少しご用意できますけどいかがですか?」なんて言われちゃったもんやから、調子こいてアワアワと2週連続で予約した者です。そうです、ケーキ狂のわたしです。

昨日はツレを無理やり引っ張りだし、バイクに乗っけてってもらいました。
ヘルメットを脱ぐのももどかしく、「ええい、ままよ!!」と入店。
お客さん一人もいてないのに、なぜかコック姿のままのオニイチャンが奥の住居から登場。

なぜか手違いで、最終週の予約がキャンセルされかかってたんやけど、メット装着のよそもんの必死なアピールが功を奏し、無事来週も食べられることになりました…フゥ。

今回食べたのはこちらです~。

トランシュ・シャンプノワーズ1
トランシュ・シャンプノワーズ
何とシャンパンのムース!!見た目にもジュエリーのように美しいケーキです。

トランシュ・シャンプノワーズ2

表面の濃厚でまったりとしたチョコレートのあとを、シャンパンの華やかなアルコール味が追っかけてくる。
真ん中の桃ももしかしてシャンパンで風味づけしてあるのかな?

ローザス・フランボワーズ1
ローザス・フランボワーズ
西洋のお菓子によく使用される、アニスという香辛料のリキュールを使用したケーキ。

もうね…、こんな上等のケーキを毎度100均の皿にのっけて、お恥ずかしいことです…。
いつかめんこい皿、買うから…。きっと…。

ローザス・フランボワーズ2

アニス、お土産のアメかなんかで食べたことあるくらいで、やっぱり食べなれない感じの味するんやけど、なかなかどうして、いや、やっぱり美味い!!
日本人向けにものすごく上手に調整されてる。
メレンゲとクリームのとけ具合も微妙に違って、大変エレガントなケーキっす。

エヴァズィオン1
エヴァズィオン
パイナップル、ライム、バナナ、ココナッツと、トロピカルフルーツオンパレードなムース。
「逃走、現実逃避」の名にふさわしい、夏らしい爽やかでチャーミングなお味。
心は京都を飛び出し、ハワイかグアムか…リゾート気分。行ったことないけど。

エヴァズィオン2

ライムの風味がスカッと爽快でさっぱりしてるんやけども、ホワイトチョコやビスキュイ生地で濃度が落ちつけてあるから、軽過ぎないのよ。

どれをとっても、一つのコンセプトでもって型にはめず、その複雑な味、香り、食感の複雑な構成に驚かされるケーキたちは、まさにパティシエのイリュージョン!!でした。

値段ははっきり分らんのやけど、3つで1850円。
貧乏症のあたしでも、ここのケーキは高いと思いません。おも…いません!!一個600円…

※お店は今月末で一時閉店され、1年後、同じ場所にリニューアルオープンされます。
お店情報はこちらをどうぞ。

では、今日はこのへんで。


京都ブログランキングに参加しているのです。
以下のバナーをクリックしていただけると、大変うれしいです~。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
よろしければこちらもお願いしますね♪
スポンサーサイト
23:37 | 食べもん屋探訪・パティスリー編
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://yenen.blog118.fc2.com/tb.php/178-45c3ddbb
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。