スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 見るのも命がけ、炎天下の山鉾巡行。その3

はいはい、すみませんね~、今日までねちねちと山鉾巡行の記事書かせていただきますよー。

巡行3-1
こちらは唯一のからくり仕掛けの山、蟷螂山。

巡行3-2
てっぺんに乗っけられたかまきりが、ぎこちなくカマを振り下ろし…振り下ろし…
もうね、観覧客、暑さと遅延にへばっちゃってるから、物珍しいもの出てきて、「うぉお、カマキリ!!」と、大喝采!

去年は天気悪くてビニールかぶってたし、おととしも大雨やったみたいやし、動きを見せてくれるのは久々なんやないかな。

うーん、しかし、意外にリアリティ溢れる姿やな…  昆虫。

巡行3-3
こちらは菊水鉾。
山鉾の懸装品って、歴史ある舶来モンのタペストリーとかなんやけど、菊水鉾は…

巡行3-4
キリンです。

あの伝説の生き物、麒麟ではなくて、ガチでキリンです。
どういうこと?

巡行3-5
菊水鉾の鉾頭。
菊の花モチーフの飾りが、横向きにくっついてる。
鉾によって違うので、注目してみるのも面白いよ。

巡行3-6
こちらは放下鉾。
後姿を見てみると……

巡行3-7

ハリーポッター、ハリーポッター!!!



お次はいよいよお待ちかね…

巡行3-8


ふ、船来た!!


巡行3-9

船来た~!!!

いや~やっぱこの超異色鉾、目立つよね~。
本物の船に乗り込んでるみたいでしょ?
今日も大漁、大漁ってね。

巡行3-10

だが、横から見るとやや尺がみじかい。

子どもたちが舳先から元気に手を振ってくれる。お客さんも振り返す。
若干エレクトリカルパレードを彷彿としないでもない。
見たことないけど。


祇園祭、特にこの山鉾巡行は、こんなにも観光化されてるけど、れっきとした氏子さんたちのお祭りです。
けど、世界の人々にとって1100年も続くこの例祭が、日本の伝統への良きアクセスポイントとなっていることは素晴らしいですね。
またこのお祭りを通して、逆に京都、日本も世界へアクセスしてるんやね。
国際化=文化風習の欧米化ではないんですな。


よそもんやけど、京都にいると日本が大好きになってきます。

祇園祭、次回は何らかの形で参加してみたいな~。

山鉾巡行記事、本日で終了です。
三日間おつきあいいただいた方、まことにありがとうございました。

明日からはまた、通常営業に戻りますぜ。。


ブログランキング参加中です。
記事がお気に召しましたら、ポチっとワンクリックしてやってくださいね。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。更新の活力になりますので、ぜひ…
スポンサーサイト
21:13 | 京都イベント
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://yenen.blog118.fc2.com/tb.php/196-338434ea
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。