スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 つぶつぶとろんの絶品粟餅・【粟餅処・澤屋】に行ってみた。

今日はいつになく早起きして、清清しい気持ちで勉強がはかどったので、お昼から自転車で遠出してみました。
目的地は北野天満宮。普段の生活からは考えられない移動量やけど、ちょっとお目当てのものがあったのでね
たまには運動運動、と…

飛行機雲

こんな奇麗なヒコーキ雲も拝めたりして、ご機嫌なサイクリングになるはずやったんに、さっそく嫌なことが…
信号待ちで停まろうとしたら、真横からやってきた別の自転車の通行の邪魔になったようで、「どけやボケ!!」と突然の罵声!!
そんなあからさまに邪魔になってたわけやないですよ
フツーに避けられる感じやったしここはお前んとこの私道かと!!

てか、こんな汚い言葉を吐かれたんが同世代くらいのフッツーの女性やったんで、驚き&ムカつき100倍でね~!!
ひっさびさにハラワタ煮えくりかえったんで、速攻で追いかけてって力の限り蹴たぐりたおしてやろーかと思いましたわっ!!!  やってないけど。

ホント申し訳ないですけど、京都の方、短気な方多いです。。。罵声率高いすよ。。
去年から住み始めて、何度か浴びせられましたもん…あたしがのんきにやりすぎなんか?

はんなりと天使のようなおもてなしをしてくださったかと思いきや、ものすごいイジワルで地獄の底へと突き落とす…
…読めん…読めんぞ、京都府民!!


というわけで、愚痴をば失礼いたしました。

今回、北野天満宮への参拝と同時に楽しみにしていたもの、それは粟餅!!

澤屋

ご存知の方もきっと多いと思います。
300年以上この地でやってらっしゃる、超老舗の粟餅屋さんですな。
ツレに「行こう行こう」と誘いをかけてたのですが、まったくもって無関心やったもので、諦めて一人での来店です。

驚いたんは、お客さんが女性ばっか、しかも、若い女の子率が高いこと!
素晴らしいやないですか、ねぇ、300年も昔からやってるお店を、現代の女子もこんなふうに贔屓にしてるなんて。
甘いもの目当てにチャリで30分以上かけてやってくる女の気持ちなんて、男共には到底理解できますまい。。
軽はずみなわけではない。執念深いだけです。

粟餅
粟餅 緑茶つき 550円

注文してから丸めてくださって、1分くらいで出てきます。早ぇー。
茶托ほどの大きさのお皿に、餡子の粟餅3つときなこの粟餅2つ。
比率は変えられると聞いた気がします。

粟餅2

このトローリ感をご覧あれ。
粟のつぶつぶが程よく残りながらも柔らかいお餅が、口の中でねっとりととけていって、まさに至福!!
きなこの方がもう少しモチモチしていたかな。
こんな素敵な食べ物、300年も受け継がれないわけがないね。

お店の方もニコニコと接客してくださって、ほんとに居心地の良いお店です。
持ち帰りもできるみたいやけど、ぜひお店でできたてをどうぞ。
あたしもまたうかがいたいと思います~。


「粟餅処・澤屋」
お店HP
075-461-4517
9:00~17:00(売れきれ次第閉店)
定休日 木曜・毎月26日
京都府京都市上京区北野天満宮前西入紙屋川町838-7
mapはこちらから


お読み頂きありがとうございます
記事がお気に召しましたら、バナーをクリックしてやってくださいませ。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。ワンクリックで投票していただけます。よろしければ♪
スポンサーサイト
21:32 | 食べもん屋探訪・甘味所編
comment(2)     trackback(0)
comments
罵声なガール
きれいな写真をいつも楽しませてもろてます~
ところで、自転車罵声、ここにも居ましたかっ!
腹立ちますよね
私は、元々京都出身ですが、ひさしぶりに帰郷したとき
やはり自転車に乗った若い男性が「死ね」と道ばたの人に
言い捨ててました。。。。もう悲しい。
どついてやりたい!けど追いつかずですね
昔は、こんな人いなかったですよ。
やっぱり世知辛いですねー
地元人だけでなく多様な出身、国の人と
ともに住んでるんですもん。
楽しんですめる京都にしていきたいですよね。
ではでは
2008/11/13 23:53 | | edit posted by yonayona
yonayonaさん、コメントありがとうございます♪
いつもご覧いただいているとのことで…大変嬉しいですv-291
悲しい世の中になったもんですね…
こういう経験、私京都に来て数回あったんですが、やはり色々な人が集まる所は荒れてしまうのでしょうかね…。
よそもんながら、京都は日本の顔だと誇りに思っています。
京都の方も寛容に、よそから来た者もきちんと礼節を持って、もっと素敵な街になるといいですね。
どうぞ、これからも見てやってくださいませ。
2008/11/14 13:58 | | edit posted by yenen
comment posting














 

trackback URL
http://yenen.blog118.fc2.com/tb.php/206-17df15dd
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。