スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 京都の和菓子 34・第一回 あゆ型調布コンテストin京都.3

しばらく前からお送りしてました、若あゆ食べ比べですが、今回をもってひとまず終了としたいと思います。
なぜなら…… 

食べあきたからさ!

夏のお菓子なのにねあゆ。 調布って喉つまんのよ。
暑くなる毎にどんどん手が伸びなくなって…和菓子屋さんで見かけても気づかないふりして…
そんなふうに、微妙な知り合いに遭遇したときみたいな態度とり始めてたからね、これはあゆに失礼やろうと。

また「あゆ食べたいな」と思える日まで、、今度は笑顔で再会できるようにね、無理にネタ作りで食うのはやめようというわけでさ。


エントリーNo.5 畑野軒老舗 「若あゆ」
若あゆ 畑野軒老舗

畑野軒老舗さんは錦市場にお店を構える餅屋さん。
こちらのあゆ、活気溢れる市場出身のおてんばなわけやけど、意外にもすべすべお肌に薄い焼き色は、いっぱしのご令嬢の風格ですな。

若あゆ 畑野軒老舗2

求肥はしっかりめ。
やはり昔から大勢のお客さん相手に渡ってきただけあって、芯はしっかりしているのね。
皮は今まで食したものの中で、卵の風味が一番強い。
なじみ深い、庶民派のあゆさんでした。


エントリーNo.6 甘春堂 「若あゆ」
若あゆ 甘春堂

とうとう満を持して登場やよ。
以前七條甘春堂さんのあゆをご紹介したけれども、そんなら甘春堂さんのも出さないわけにはまいりますまい。
この二軒、何やら深い因縁がおありのようやからね。

さてさてこちらのあゆさん、これまでにないほどの小麦色の肌を持った健康少女。
こんがり夏仕様でしょうかね。
こいつぁかなりのじゃじゃ馬やよ。
きつく結んだ口と、小刀みたいに鋭いボディで分るわ。

若あゆ 甘春堂2

外皮の分厚さでお気づきかと思いますが、意外と体脂肪率は高め…
そしてはつらつな外見とは対照的に、内臓は病に侵されドス緑に…というわけではなくて、抹茶フレーバーの求肥なんですな。

何かの風味つきのものは初めてやけど、意外や意外、まったく違和感なく、というより正直、まったく抹茶感じられませんでした。
求肥そのものの食感は硬めのカスタードクリームくらいにトロッとしてて、なかなか好ましかったです。

どちらかといえば、あたしは七條甘春堂さんのものより、こちらに軍配をあげたいと思うわ。



というわけで、一応コンテストなもんでグランプリを決めさしてもらいます~。
栄えある第一回若あゆコンテストのグランプリはー… ドコドコドコ…

 鶴屋吉信さん、 「かつら鮎」

詳しくは 前回記事 をどうぞ。

個人的に、ダントツでしたね。
顔はいっちばんブサイクやったけど…

食べた瞬間、これやなと決めていました。これを抜くものはそうないやろうと。
洋菓子っぽいテイストが強かったから、食べなれてるってのもあったかもね。
あと、値段。 購入したもののうち最高額のあゆやったもんで、美味くないわけがない、いや、美味くあってくれという若干の浅ましさ込みでの評価です。

いや~もうこの季節、京都の和菓子屋さんには若あゆが氾濫してますのでね、鶴屋吉信さんのものに限らず、ぜひ召し上がってみてくださいな。


今後もどこかで素敵なあゆに出逢ってしまいましたら、ご紹介いたします~

参考
畑野軒老舗HP
甘春堂HP


ランキングに参加しています。
もしよろしければ、バナーをポチリとクリックして、応援してやって下さいませ。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
22:32 | 京の和菓子
comment(8)     trackback(0)
comments
グランプリ決定おめでとうございます~v-315&お疲れ様でしたe-343
鶴屋吉信さんは我が街のデパートにもはいってますが、残念なことに、若あゆが・・・ナイ!e-263見たことないv-28

そうだ 京都にいこう・・・若あゆ食べに・・・e-265
2008/08/07 22:53 | | edit posted by あゆすき
はじめまして。
おぉっv-237
私も一度やってみたかった「鮎比べ」。。。
でもそんなに好きじゃない(ぉぃ)ので放置していた案件でした。
ここで見たのでそれで満足しちゃいました 笑
2008/08/09 01:20 | | edit posted by たると
あゆすきさん、コメントありがとうございます♪
何かもう勢いで、コンテスト、強制終了してしまいました。。
先日九州に帰省した際、わが町のデパートにも出店してて驚きました。こんなに全国展開なお店だったとは~!
ぜひぜひアユをもとめて、京都おいで下さいませv-290
2008/08/09 10:14 | | edit posted by yenen
たるとさん、コメントありがとうございます♪
分かります!!あたしも割と早い段階で、「このお菓子…飽きるかも」とうすうす感づいておりました。
しかし、鶴屋吉信さんのはあゆの概念覆しますよ~!おつかいものにもいけるレベルです。
ぜひ召し上がってみてくださいねv-290
2008/08/09 10:23 | | edit posted by yenen
最低と最高
yenenさんのランキングを参考にして、鶴屋吉信さんの鮎を食べてみますね~。
で、最低ランクはどこなのか気になるところですが 笑
最高と最低を食べ比べてすべてを知った気になりたい、ズボラ者のたるとでした・・笑
2008/08/09 22:35 | | edit posted by たると
最低は…あえて言及しますまい。
正直、違いもそこまで分かってないんで、選びようもないんですが…ねv-356
ズボラなんて、そんなそんな!
自分の選んだNo1を食べてみようと思って頂けるのは、大変嬉しいです。
ありがとうございます~v-290
2008/08/11 01:21 | | edit posted by yenen
あれっv-236
今日買いに行ったら鶴屋吉信さんの売り場から鮎が消えていましたが・・・
もう終わる時期でしたっけ??
残ってるところもありましたが。。
2008/08/18 20:52 | | edit posted by たると
たるとさんこんばんは♪
えぇ~、もう販売期間終了してしまったのでしょうか…
私は京都駅伊勢丹の地下で購入したのですが…二ヶ月ほど前になります。
しかし、まだまだ夏真っ盛りですものね、どうなんでしょう…
HPにも情報が載っていないので、今度私も確認してみますね!
2008/08/18 21:29 | | edit posted by yenen
comment posting














 

trackback URL
http://yenen.blog118.fc2.com/tb.php/207-c439b247
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。