スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 昔ながらの京豆腐・【とようけ屋山本】に行ってみた。

世間はオリンピックに沸いてますね。
いつもなんだかんだで引きずられてしまうんで、今年は生活から、オリンピックを一切排除してみようと決意しました。
「あれ?オリンピックって今年やったっけ?」くらいの無関心でいってみようと…

すでに、のべ3~4時間ほどの開会式、全部観てしまったがね。
いや、まだ大丈夫…まだいけるはず…
オリンピックなどに私の平穏な毎日を邪魔させはせん!!



さて、北野天満宮編最終章です。
帰路へつく前に、せっかく遠出したんやからと何か買い求めることにしました。
京都っぽくて、ツレと一緒に食べられそうなもの…

丁度良さそうなの、ありましたよ。

とようけ屋山本

老舗の和菓子屋さんのような店構えやけど、お豆腐屋さんです。
「とようけ屋山本」さん。
界隈では大変有名な、明治時代から続くお店なんやて。

「粟餅処 澤屋」さんのすぐそばに、「とようけ茶屋」という食事処も出しておられるようやね。
こちらすごい人気みたいで、あたしが通りかかった時も大行列やったわ。

京都は大豆製品、ある意味ブランド化されてるもんね~。
豆腐とか、ものすご高く感じる。
九州いたとき、100円を超える豆腐なんて高級品に思ってたもんね。
京都の、なんですかこの値段。白いダイヤですか。


豆乳ヨーグルト1
豆乳ヨーグルト 150円

豆腐屋さんにヨーグルトとは面白そうやったんで購入。
ふたには

「家森先生のカスピ海ヨーグルト菌で造りました
 豆乳1/3 成分無調整牛乳2/3」

と書いてあります。

家森先生が何者かということはさておき、帰宅後、早速ツレに食べるか聞いてみる。
横目でちらりと見て、「いらない。」

ぬ、ぬぅう~!!半分はあんたの為に買ったんやぞ!!
思春期の息子を相手にした、報われない母の愛が見えた気がしました。

豆乳ヨーグルト2

仕方がないので、一人で食べることに。
もたっ、とろっとした感じは、確かにカスピ海ヨーグルト。
お味は……

一人でもくもく食べてたら興味をひかれたようで、再びツレがやってきた。
一口食べて、「なにこれ。」
そしてまた去っていく…

いや、確かに芳醇な大豆の香り薫るヨーグルトに、若干の違和感を覚えるのは、あたしも同じや。。
しかし、そんな、一言で存在をどん底に突き落とすほど、悪かないわよ。
「豆乳1/3 成分無調整牛乳2/3」の比率が、ありありと舌で感じられるお味です。

ごま豆腐1

翌日、今度はごま豆腐を食することに。
つけじょうゆは自作です。。

ごま豆腐2
ごま豆腐 220円


ぬぉ… だ、騙された!!
こいつはごま豆腐ではなく、「ごま配合大豆豆腐」やないか!!
どーりで一丁デカイはずだぜ。

名店の豆腐やから、うまい、うまいんやけど…

むしやしないに、ちょっとしたデザート感覚でごま豆腐食べたかったあたしの気持ちは…

こいつぁ、もはやヤッコですぜ。
つけ醤油なんてお上品なもんやなく、もういっそ、刻みネギとか鰹節とかほしいよ…


というわけで、色々と誤算の多い豆腐劇でした。

なめらかやのに崩れないから、湯豆腐などに向いてる豆腐やと思います。
たまにはお豆腐屋さんの豆腐、いかがでしょうか。


「とようけ屋山本」
お店HP
(075)462-1315
4:00~18:30
※正月、お盆以外原則として無休
京都市上京区七本松通一条上ル滝ヶ鼻町429-5
mapはこちらから


本日もありがとうございました。
よろしければバナーをぽちっとクリックしてやって下さいませ。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。どうぞ応援よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
09:07 | 食べもん屋探訪・その他
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://yenen.blog118.fc2.com/tb.php/209-c0fb0464
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。