スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 梶井基次郎をしのんでフルーツを・【八百卯】に行ってみた。

どーも、お久しぶりです~。
福岡で友人たちに再会し、英気を養ってまいりました。
気心知れた仲間たちとは、ホントに何時間だって喋れるぜ。
店員さんのアツい視線を浴びながら、カフェに居座ってやったわ。

徘徊してたら、福岡随一の歓楽街、中洲の「おしごと」の勧誘までされちまったぜ!
何が何でも仕事内容を教えてくれない、秘密主義のお店だったので、
「ムリです!!」  
と言い残して逃げてきました。

けど、若干嬉しい…スッキリーィ

今回はデジカメ不携帯やったんで、福岡ネタはナシです。
しかし、まっこと素晴らしい街です。
油山という夜景スポットから見た繁華街の夜景は、まさに宝石箱。。
大好きです。


さて、今回は珍しく、フルーツパーラーのご紹介。
梶井基次郎の『檸檬』という作品をご存じかな?
病んだ主人公がレモンを買い求めて、丸善の美術書の上にそれをのっけて、「レモン爆弾や~ムフフ…」というあらすじです…
こう書いてしまっちゃ、変態小説以外の何物でもないですな。身もフタもありゃせん。。
まあ、梶井基次郎を代表する名作なんですが、なんと、この作品中で主人公がレモンを購入したのが、こちら、「八百卯」さんなんです。

八百卯

八百卯2

一階は青果店、二階がフルーツパーラーとなってます。
大正時代の文学作品に登場するお店がいまだに残ってるなんて…さすが京都やなあ…

『檸檬』とのかかわりを示す新聞記事やらなんやらが展示してあったけど、無粋なんで撮影なしです。
女は黙って、フルーツパーラー!
狭い階段を上ると、がらんとした店内に、店の御主人がぽつんと座っておられました。
BGMは、まさかのドリフチョイス。
ビバビバ、陽気な音楽だけが響く店内に一人は、なかなか居心地の悪いもんでした…

オーソドックスに、注文したのはフルーツパッフェ。

フルーツパッフェ
フルーツパッフェ 600円

パフェでなくパッフェ。
さらには、F.パッフェなどと略され表記してあったりもします。
この、盛りが素晴らしいでしょう!!

フルーツパッフェ2

メロン、オレンジ、パパイヤ、バナナ、グレープフルーツ、キウイ、リンゴ、パイナップル…
てんこ盛りです。
フルーツパッフェというよりは、果物盛り合わせバニラアイス添え、といった感じです。

フルーツぬるいけど、アイスちょっぴりやけど…さすが果物屋さんです。
果物おいしい~!!
よく熟れた果物たちは、すべてが食べごろ!!
甘くてジューシー… ほとんどがフルーツやから、全部食べきったってあんまり後ろめたくないよね。

このパーラー、どうもあまり繁盛されてないみたいやけど、とっても親切なご夫婦が丁寧に接客してくださって、気持ちいいお店です。
たまには美味しい果物を食べながら、寺町をゆったり見おろしてみるのはいかがでしょうか。


☆お知らせ☆
諸事情により、更新頻度を落とします。
これから数か月、わたくしの人生の正念場になりそうでして…
一週間に2~3回ほど更新できたら…  頑張ります!
美味しいお店めぐり、名所めぐりはガシガシ継続中ですので、よろしければ末長くお付き合いくださいませ。


「八百卯」
075-222-2585
11:00~17:00
定休日: 日曜日(祝日は営業)
京都市中京区寺町二条角
mapはこちらから


お読み頂きありがとうございました!!
ランキング参加中ですので、よろしければバナーをポチリと押してやって下さいませ。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。押して頂けたら大変喜びます。
スポンサーサイト
20:28 | 食べもん屋探訪・その他
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://yenen.blog118.fc2.com/tb.php/212-34acf455
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。