スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 ラブレター買ってきた。・須賀神社 節分祭

明日は節分ですね。
節分なんて、気にかけていたのは小学生くらいまで…と言う方も多いでしょうが、京都ではあちらこちらの寺社で節分祭がとり行われ、街全体が盛り上がってます。

昨年は吉田神社に参拝しましたが、今年はちょっと面白いことされてる神社を見つけたので、足を運んできました。

sugajinnjya1

須佐之男神(すさのおのみこと)とその妻、櫛稲田比賣神(くしなだひめのみこと)を祀るこちらの神社は縁結びに御利益がある神社だそうです。
ものすごいご近所やのに、失礼ながら存じ上げませんでした…
近くには聖護院や熊野神社など有名な寺社もあり、若干隠れ気味のこちらの神社ですが、節分祭の日には女子が殺到するようです。

お目当ては…

sugajinjya2

こちら。

鳥居をくぐると、怪しげな覆面男が二人、うろうろしてます。
懸想文(けそうぶみ)売りという方々です。
いわゆる、昔のラブレター代筆人。
こんなアルバイトをしてるのがばれないように、覆面をして売り歩いてたのだとか…。
いや、結構バレそうやけど…

後に恋愛成就や商売繁盛のお守りとして見なされるようになったようですよ。
だから、正確には買うんじゃなくて授かるですね。
これを鏡台や箪笥にしまっておくと、容姿端麗になり衣装持ちになり、良縁が舞い込むとかで、昔のおなごがこぞって求めたんやて。

須賀神社さんでは、節分祭のときだけ、この懸想文を授けていただけます。


カメラを向けると、速攻でポーズをとって下さいました。
いや…あの、自然体がほし… いや、いいです。

かなり営業精神旺盛な懸想文売りさんで、このあとすかさず
「懸想文いかがですか~?」
と接近してこられました。

ひとつ頂きます…
1000円を納めて、注意点など伺い、改めて写真をお願いしました。

sugajinnjya3

こ、こやつ…撮られ慣れとるな(笑)
文のバラけさせ具合とかがこなれてる!

懸想文、外見はこんな感じでした。

kesoubumi1

中はこちら。

kesoubumi2

前年の干支から今年の干支へのラブレターが収まってます。
今年のは、子郎さんから愛牛美さん宛てでした。
ねずみ男さんから牛女さんへ恋なんて、何だかすごく…格差愛?ギャップ愛?ですが…
すげー尻に敷かれそう。
しかし、七夕伝説に思いを馳せながら、愛牛美さんへの熱い想いを綴ったなかなかロマンチックな恋文。
気になる方は須賀神社へ急げ!!

あ、こちら、懸想文売りさん曰く、家の中のどこかにしまえばいいらしいんですが、しまっている姿を誰にも見られたらいかんのやて!
呪術やってるって感じで、ちょっとスリリングですね。
あたしもこっそり、箪笥にしまいました。


「須賀神社」
京都市左京区聖護院円頓美町1
MAP


お読み頂きありがとうございました。
よろしければ、バナーをクリックしてやってくださいね。
ランキング投票していただけます~。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。押して頂けたら大変喜びます。
スポンサーサイト
19:37 | 京都イベント
comment(4)     trackback(0)
comments
懸想文
私も去年買いましたよ~
この独特な雰囲気が良いですよね。
ドレッサーの引き出しにしまってあります。
2009/02/03 16:02 | | edit posted by ぱすてる
手紙・・・というか文ってとっても気持ちが伝わり、いいですよね☆
メール時代にすばらしい伝統ですね★
2009/02/03 20:38 | | edit posted by aicos
ぱすてるさんこんにちは♪
そうでしたか~。
初めてこうしたものの存在を知ったんですが、改めて「京都面白い!」と思いましたね。
時代が移り変わってもいつまでも残していってほしいものですね。
2009/02/04 16:03 | | edit posted by yenen
aicosさんこんにちは♪
そうですね。
実用性ではメールには劣りますが、時間をかけて手間をかけて相手に伝えようとしているという姿勢が、手紙の良さですね。
とはいえ昔の人も代筆なんてしてもらって、楽しようとしてたというのがなんとも(笑)
2009/02/04 16:07 | | edit posted by yenen
comment posting














 

trackback URL
http://yenen.blog118.fc2.com/tb.php/288-fc9004f3
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。