スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 京都の和菓子:甘楽花子「岩根の躑躅・藤浪」

今日からゴールデンウィーク!!
あまり私には関係のないこと…

凄く気持ちのいい陽気だったので、鴨川デルタに行ってみました。

IMG_0083.jpg

食事中の親子連れが、とんびの集団にものっすごい襲撃されとりましたけど…
実は昨日もここでランチしたのですが、いたって穏やかでしたけどね。
ノーとんびでした。
やっぱり煮物とかには興味ないか…

IMG_0084.jpg

IMG_0085.jpg

ピクニック中のカップルなんかもいて、私はどちらかというとこっちを襲撃したかったですけど。
ええ、嫉妬です。


今日は、久しぶりに和菓子屋さんで生菓子を購入することにしました。

IMG_0088.jpg

「甘楽花子」さんです。
かんらくはなご と読みます。
「京華堂利保」さんの息子さんがされているお店です。

「花子」とは狂言の演目らしいのですが、そっち方面には全く疎いもので…
どういう演目かご存知の方いらしたら教えてくださいませ。

この表の布巾さえなければ…結構いい感じの外観なんですけど。


購入したのは二点。
色気のない器ですみません。

IMG_0099.jpg

岩根の躑躅 410円

読めますか?
えげつない漢字です… 
決してドクロとかお読みにならないように。漢字似てますけど。
つつじです。

そろそろつつじの季節ですね。
浄水場までつつじを見に行ったのは、もう二年前…
時の流れとは残酷なもんです。

IMG_0101.jpg

中心は、なんとこっくりした粒あん。
甘さは割としっかり目で、粒あんがとても良い食感でした。


二つめ~。

IMG_0103.jpg

藤浪 410円

ふじなみというと、無粋な私はプロレスラーの方しか思い浮かばんのですが、
辞書によると、「フジの花房、また、藤の花が風で波のように揺れ動くこと」という意味があるそうです。
やだ…素敵……

IMG_0104.jpg

うっすら黄みがかった白あんを、薄紫色の求肥で包んであります。
求肥の下に黄色が透けて、とっても可憐な姿です。
一つめのものより甘さも控えめで、柔らかく、上品なお味でした。
私はこちらが好き。


繊細な生菓子は持って帰るのに難儀しますが、それだけの価値はあると思います。
ホイップクリームとフルーツたっぷりのケーキもいいですが、たまには和菓子もいいですよ。


今日はこんなところで。


「甘楽花子」
075-222-0080
京都府京都市中京区烏丸丸太町下ル大倉町206 オクムラビル 1F
9:00~19:00
定休日 不定休
mapはこちら


京都ブログランキング!
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ

スポンサーサイト
23:24 | 京の和菓子
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://yenen.blog118.fc2.com/tb.php/305-3463fa62
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。