スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 京都の和菓子 10 「つばらつばら」・鶴屋吉信

今日は久々に京和菓子のことを書こうかね。
これは、あたしの和菓子熱を知った生粋京女の先輩が推薦してくれたお菓子なんや。

つばらつばら
つばらつばら


つばらつばら2


「鶴屋吉信」さんのお菓子です。
今回は、京都駅の伊勢丹で、ここ限定の栗入りを購入したよ。
さっそく、ベンチで開封!!

さて、つばらつばらって変わった名前やけど、「しみじみと、心ゆくままに、あれこれと」っていう意味の万葉のことばなんやて。
あたしはこの名前がずっと聞き取れずに、

「えっ?ずぼらずぼら??そりゃまたすごい名前っすね~!!」

というアホ発言をしていました。

見た目はご覧のとおり、二つ折りになったどら焼きのようなかんじ。
しかし、口にした瞬間見事に期待を裏切られました。もちろんいい意味でラブリィハート

皮が…もちもちしとるえぇ

どら焼きは柔らかくて手でぱっくり割れるけど、このつばらつばらは、皮に弾力があってそんなん無理。歯ごたえがたまりません♪
蜂蜜が使用してあって、とっても豊潤なお味。
そして、なめらかな餡と皮とのコラボがまた絶妙はーと
京都の和菓子って、餡の美味しさが抜群やと思うわ。
そして、刻んで混ぜてある栗もしっかり主張しております。

うーん、さすが地元人が推薦するだけのことはある!
これはリピートの価値大やね!!


「鶴屋吉信」(本店)
京都市 上京区 今出川通 堀川西入(西陣船橋)


拡大地図を表示


お気に召しましたら1クリックお願いいたします。
    ↓↓        ↓↓
にほんブログ村 スイーツブログ 和菓子へ 

スポンサーサイト
22:45 | 京の和菓子
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://yenen.blog118.fc2.com/tb.php/32-dddbe84a
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。