スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 【六盛茶庭】に行ってみた。

スフレというのは、実に謎の食べ物や。
デザートを食べる時って、「甘いもん食べたいな~」って言うくらいやから、その甘さを楽しむのが第一の目的やんね。
けど、スフレは違う。
数分でしぼんでしまうはかなさ、しゅんっと融ける不思議な舌触り。
目で、触覚で楽しむ、一種のアトラクション的要素があるような気がする。
もちろんおいしいなら、それに越したこたーない。

こないだ美術館に行った帰りに、連れのじゅんちゃんが突然「ここ入る」と言い出したのが、ここ「六盛茶庭」さんや。

六盛茶庭


平安神宮のほど近く。
有名なお店らしく、たぶん京都唯一のスフレ専門店やなかったかな。

六盛茶庭2


入っていきなりこのようなプチ和風庭園が!

うーん、有閑マダムたちが集いそうな、上流の香りがしてきたぞ…

六盛茶庭3


中はさながらおしゃれレストランかバーとでもいった雰囲気。
落ち着いていてとっても素敵%83L%83%89

ここで突然じゅんちゃんの挙動がおかしく…
どうやらスフレとカヌレを勘違いしていたらしく、カヌレをテイクアウトするつもりやったこの人は、あらぬ展開にビビっているらしい。
カヌレ専門店って…明らかにないだろ。

とにかく、腰落ち着けちゃったのでオーダー!!
こちらのお店はオーダー後からちゃんと焼くので、20分くらいかかるんやて。

20分後…
スフレ


うおぉ!? キノコ…!?
こんなに盛り上がってるお祭り騒ぎなスフレは見たことない!!
あ、ちなみにこれはフロマージュスフレ。

ソースをかき混ぜ、スフレの真ん中にボッカリ穴を穿って注入。

味は、素晴らしい!
生地は瞬時に口の中で融けて、卵の風味を強く感じます。
あつあつのところとチーズがうまく混ざると、チーズがとろっと融けてスフレをより濃厚にしてくれるんや。

お値段は700円くらいやったかなあ?
ちょっとお高めやけど、お昼代わりにこんなおいしいもの食べられて、悔いなしや!


「六盛茶庭」
京都府京都市左京区岡崎西天王町60 


拡大地図を表示


お気に召しましたらクリックどうぞ
  ↓↓     ↓↓
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
スポンサーサイト
01:42 | 食べもん屋探訪・甘味所編
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://yenen.blog118.fc2.com/tb.php/40-8708d5a6
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。