スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 知恩院ってどんなん?? 前編

金閣や清水寺みたいに人が大勢押しかけはしないけど、たっぷりお腹いっぱい満喫できるお寺、それが知恩院%83L%83%89%83L%83%89
浄土宗の総本山であり、映画「ラスト・サムライ」のロケ地にもなったんでありますね~。

知恩院三門


実はこちらにお邪魔するのは2回目。
この日は何かの法要が行われていたようで、三門には鮮やかな垂れ幕が張られていたよ。
ちなみにこの三門世界最大級の木造の門なんやと。
近くで見上げると、ホント圧巻ですわ。

石階段


これがトム・クルーズが駆け上がった石階段。
写真はしょぼいんやけど、ずっと上まで続いてて、一段一段がデカい、高い!!
のぼってるとキツくてキツくて、確実に笑いがこぼれるという幸せなスポットです。

知恩院本殿


知恩院の境内はとにかく広い!!
どこかの観光ついでに立ち寄るとかいう甘い考えではいかんよ。
疲れのあまりとんでもないテンションの転落を経て、どんよりモヤッとした面持ちで下山することになるからね。絶対。

ところで、知恩院には七不思議があるんや。
そのうち四つが非公開というモヤモヤな七不思議です。
でも、鶯張りの廊下はキューキュー鳴ってくせ者気分が味わえるし、忘れ傘も探すのは楽しい。

大鐘楼


大鐘楼。超巨大な釣り鐘や。
大晦日には17人がかりで撞く。お坊さんが鐘撞きの丸太にぶら下がってね。

知恩院廊下から


これは廊下からの眺め。
観光客もあまりいないから、けっこうのんびり拝観できるんやね。

さてさて、知恩院が広大というのは、二つの庭園があるからなんや。
その紹介は後編で。


お気に召しましたらクリックどうぞ。
  ↓↓      ↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
スポンサーサイト
00:42 | 京めぐり・洛東編
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://yenen.blog118.fc2.com/tb.php/50-edc09486
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。