スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 狸谷不動院ってどんなん??

最近なかなかブログる暇がないけど、色々探検はしてるんや~。
探検のしすぎで風邪までこじらせて…正真正銘の京都バカになりつつあるなあ…
体力系の開拓を先日してきたので、それはまた後日♪

今日書くところも、体力系といえばそうなんかな。

こないだ紹介した八大神社の正面は、結構な傾斜の坂道になってる。
上の方にのぼると、思わず「うわあ、ジブリジブリ」と叫んでしまうような景色、町並みが眼下に広がってる。
でも、この辺は住宅街やから、それ以上進もうとする人はなかなかいない。
ところがですよ。
思いがけずすごいスポットにたどり着くのはこの先なんやねえ。

車もあんまり通らないような坂道、周囲は森。
そこを急勾配に負けずにずんずん進んで行くとありますのが狸谷不動院。

狸谷不動院1

「狸」というだけあって、狸の置物が大量に…っ。
そういや京都では普通の民家でもこの置物よく見るけど、何でなんですか。

さてさて、こちらのスポットの目玉は、「健康階段」とよばれる石段。

狸谷不動院2

狸谷不動院3

こういった階段がずーーーっと続いてる。
あんましうまく撮れてないけど、辺りは薄暗いし階段も急で、久々に心から泣きたくなった。

狸谷不動院4

途中で発見した七福神さまがた。
お稲荷さんなどもありました。狸なのにね…。

狸谷不動院5


上りきると「懸崖造り」という建築法で建てられた見事な本堂が現れるんや。
正直、圧巻。
疲れた後にたどり着いた達成感から言ってるんやないよ。ホントにすごいんよ。
清水寺を彷彿とさせると言っても過言ではない。

さらにこちらには、武蔵が修行した滝なんてのもあって、なかなか面白いよ。
本堂までのぼると、お寺の方に「お疲れさまでした」と声をかけてもらえる。
参拝に来てそういう言葉をかけられるのは初めてや。

本堂からは京都の町並みが見渡せる。
山の清浄な空気も清々しいよ。

なんとここに365日参拝するという無謀なチャレンジもあるらしい。
また、「毎日の参拝はちょっと…仕事もあるし…」という忙しい方にはお手軽なスタンプカードもあるという。
来るたびにハンコがもらえて、満点になると認定証がもらえるんやて。
健脚の称号を我がものにせんと、精進を重ねる人も少なくないみたいやった。
あたしは…健脚になる前に心が折れてしまうよ!!


タヌキ埴輪

境内で見つけた埴輪。埴輪もタヌキ。


お気に召しましたらクリックをどうぞ。毎日の励みです。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ  
スポンサーサイト
22:56 | 京めぐり・洛北編
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://yenen.blog118.fc2.com/tb.php/64-436f33e0
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。