スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 祇園の極上穴子天丼、1000円・【天周】に行ってみた。

祇園、という界隈は、何かとっても敷居が高くて、湯水のようにパーッとお金を使ってしまうようなイメージがある。
「祇園に天ぷらを食べに行く」なんて、言った日にゃー「呉服屋の若旦那気取りか」とか、「親のスネかじって贅沢して!」とか非難の嵐にさらされそうですが、祇園のお店、みんながみんな高級をウリにして、お客さんに大枚はたかせてるわけじゃありません。

祇園の有名店「天周」さんは、夜はコース料理のみで展開されてる、しがない一学生にはとても手が出ない天ぷら屋さんや。
しかし、ここのランチタイムには行列ができる。
みんなのお目当ては、穴子天丼、1000円。
こんな良心的なお値段で高級料亭の天ぷらが味わえるなんて、そりゃ話題にもなるわな。

天周

この時期観光客の方も少なく、それほど待たされることもなかった。
前にいるのは、専務に率いられたサラリーマン集団。

天周2

かきあげ丼も人気のようやけど、この日は売り切れ。まだ12:30やのに~!


店内はカウンターが十数席あるくらいで、こぢんまりとした造り。
おいしそうな油の匂いが漂う中で、大将が黙々と天ぷらを揚げてる。
ジュワジュワパチパチという、ものすごく食欲をそそる揚げ音が次から次へと響く。たまらない!

そしてようやく…

穴子天丼

穴子がデカイ!!もはや穴子なのかも分からないくらい…

穴子天丼アップ

待ちきれず口に運んでみると、甘辛いタレにくぐらされた穴子天は、衣が思ったよりフワッとしてた。
圧巻は穴子のうまさ。
プリプリしてて、素材の新鮮さがよく分かる。
揚げてあるのに身がぐったりほろほろせずに、身からもうまみがジュワっと染み出る!
タレも絶妙の濃さで、これまた最高の炊き加減のご飯に染みると、それだけでも十分おいしくいただける。
ご飯は控えめに盛られてるので、女性でもペロリと平らげられます。
お昼は堅苦しい格式張った雰囲気ではないので、一人でも気軽に入りやすいお店やと思うわ~。
専務さんやなくても、ぜひおすすめしたいお店やわ。


「天周」
京都府京都市東山区祇園町北側244 

mapはこちらから

075-541-5277
11:00~14:00、17:30~20:30(夜のみ予約制)
水曜定休
あなご丼<昼>(穴子3本入り) ---- 1000円
かきあげ丼<昼>(エビ、野菜) ---- 1550円
ミックス丼<昼>(穴子2本、エビ1本) ---- 1650円
夜の天ぷらコース(13種) ---- 5000円 ※夜はコースのみ


お気に召しましたらバナーをクリックしてくださいね。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ 
スポンサーサイト
16:47 | 食べもん屋探訪・食事所編
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://yenen.blog118.fc2.com/tb.php/93-9c99ce86
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。