スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 嵐山めぐり・天龍寺ってどんなん??

熊本時代の知人がやってきた。
嵐山観光がしたいと言うので、ちょろりと案内してきたよ。
っつっても、こっちが案内してほしいくらいやったけど…
実は嵐山一回しか行ったことないんやけどなあ。

嵐山1

そもそも嵐山って、自然の風景の美しさを楽しむ場所やないん?
この季節来てもねえ…見るがいいわ、この寒々しさ…。

渡月橋

嵐山名物渡月橋や。
本体以外は全部木造の橋。のどかな雰囲気に溶け込んでおりますなあ…
行ったことない者にとっても、嵐山といえばおなじみの橋やね。火サス火サス。

まだ京都に来て一年も経ってないけど、今の時期の京都は観光客、ほんとに少ないなあと思う。
人が少ないせいで、景色も寂しげ…
客引きの人力車の兄ちゃんも「姫、姫」と大量に寄ってくる。
そら姫はいいけど、こなすの大変やわ。

嵐山に到着して、みんなまず向かうことになるのが天龍寺やろうな。
足利尊氏が後醍醐天皇の祈って創設したお寺。
去年の初夏訪れた時、こちらの庭の素晴らしさに感動した覚えがあるので、期待が高まる。

とここで、突然の天龍寺鬼瓦コレクションを。
天龍寺の鬼瓦はデカイです。ごっついです。

天龍寺1


天龍寺2


入り口の門をくぐると、いきなり白砂のお庭がある。

天龍寺3

異国からのお客さんなら、ここでもう「ワーオ」と大興奮のところでしょうが、正直この光景にも見慣れてきましたので、サクサク進む。

天龍寺4

こちらがメインのお庭、曹源池庭園。…あれ?

天龍寺5

いやあ~…枯れてる?
去年来た時はもっとエネルギッシュなお庭やったはずなんやけど…
やっぱ冬はこんなものなんかね…虚しい…
冬枯れの寂しい景色を愛でるという、風雅な心は持ち合わせておらんもので…がっかりやがな!
必死でツレに「夏は青々してたのよ☆」と言い訳してみる。
けど、これはこれで意外に喜んでたので、とりあえず一安心です。

天龍寺6

天龍寺はこの他にも、小高い丘を登って京都市内を一望できる場所があったりと、なかなか楽しいお寺です。
嵐山でめぐったお寺の中では、あたしはここが一番好きなんやけど…
でもやっぱり、春とか秋とか、見応えのある季節に訪れたほうがいいなあ。


お気に召しましたらクリックどうぞです。
にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ          
スポンサーサイト
21:47 | 京めぐり・洛西編
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://yenen.blog118.fc2.com/tb.php/97-05c2408c
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。