スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 タルトっていうよりリンゴ・【LA・VOITURE ラ・ヴァチュール】に行ってみた。

平安神宮のほど近くに、おばあちゃんの作る絶品タルトタタンのお店があるという話を聞きつけた。
たるとたたんって何や?って話ですけど、要するにリンゴのタルトのことらしいです。
ここの店主さんは、パティシエールでも調理師さんでもない。
けどタルトに惚れ込んで自ら磨き上げたレシピをずっとずっと守り抜いておられるみたいや。
熱意やね。

LA VOITURE

お昼ご飯がいまだこなれずにいた我々は、タルトタタンとクルミのタルト二品をテイクアウトすることにしたよ。

食べ方説明

長く持ち歩いたせいで、途中でリンゴ汁が箱から漏れだしてしまったけれども、何とか到着。
可愛らしい三角の箱には、これまたメルヘンなイラスト入りの食べ方の説明書きが付けてあったよ。

タルトタタン

タルトタタン 630円
一台に18個ものリンゴが使用されているタルトは、決してそのワンカットは大きくない。
けど、むっくりと生地の上に折り重なるリンゴの甘煮はボリュームたっぷりや!
リンゴはよく煮てあって、そのシャキシャキな歯触りはなくなってるけども、口の中に入れるとやわやわとろっととける感じ。
舌を刺す酸味もなく、口の中に残るしつこい甘さもない。
小麦粉の生地はリンゴの引き立て役程度に薄く敷いてある。
リンゴのタルトというよりも、リンゴです。
ほんとはプレーンヨーグルトをかけるのがおすすめらしいんやけど、このままでも十分十分。うまいです。

クルミのタルト

クルミのタルト 470円
結構しっかりめの堅さで焼いてあるこちらのタルトは、なかなかフォークを刺すのが難しい。
ここは思い切って、手に持って、ガブッと齧りつくのも美味しいかも。
中のフィリングは、苦みのあるカラメルたっぷり。香ばしいナッツとの相性抜群や。
あたしはこちらのタルトが好きやなあ。

お菓子づくりのプロじゃなくても、長年かけて練り上げられたタルトの出来は秀逸!
ナメたらいかん!
話題にもなるはず。このおいしさ、本物やもん…。


「LA VOITURE」
京都市左京区聖護院円頓美町47-5

mapはこちらから

075-751-0591
11:00~18:00
月曜定休、他不定休

お気に召しましたらクリックお願い致します。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ    
スポンサーサイト
22:41 | 食べもん屋探訪・パティスリー編
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://yenen.blog118.fc2.com/tb.php/98-a81d1026
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。