スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 三重スピリチュアル旅行!!・伊勢神宮編

学部時代の友人らと、旅行に行ってきましたよ。
行先は伊勢ー!!
最近すさみがちのこの心を洗い清めたいと思いましてね~…

全国各地に散らばった友人が集まるのは久々。
地理的には明らかにあたしが来やすい…伊勢。

申し訳ない。
楽してすまへーん。
しかし、許してやってよ。。。

ise1

近鉄京都駅から、鈍行にゆられ3時間。
運賃も1980円と、節約させてもらいましたよ。
宇治山田駅に降り立ちました。

んでいきなり、近くの定食屋さんで作戦会議。

ise2

速攻で食べちゃったよ~…これ。

ise3

伊勢うどん。

友人は、日本のうどん三本柱は、さぬきうどん、稲庭うどん、そしてこの伊勢うどんや!
と言い張ってたけど、ホントかね…
聞いたことなかったけど。

柔らかいけど、もちっとした不思議な食感。
やたら太い!
つゆがさしみ醤油みたいに濃いぃ…

友人には不評やったけど、あたしは好きだ。
少なくとも、京都のへにゃへにゃうどんよりは…な。


スケジュールが決まったとこで、内宮へバスで移動。
案内所の人がお得情報教えてくれたんや。

内宮は特別区域なので、そこまで乗っちゃうと運賃は410円と多少高め。
しかし、二つ前の猿田彦神社前で降りると280円!
まだまだ稼げない我々には大きいよ。
猿田彦神社で降りると、おはらい町の中を歩いて内宮に向かうことになる。

もちろん、我々は早めに降りて、おはらい町の賑わいを楽しみながら、内宮目指しました。

ise4

さすが連休だけあって、大変な人出!

伊勢って渋いチョイスなのかなぁと思いきや、半数は若者。
ギャルも伊勢参りする時代ですよ~。

ise5

境内にある御手洗場。
ここに手浸し、参拝前に穢れを落とします。


伊勢神宮の鎮守の森にゃ、とにかく圧倒されます!!
樹齢、いったい何年よ!?
と思うくらいの杉の大木が、そこいらじゅうにそそり立ってる!!

もののけ姫出てきそ~。。
藤岡弘もハイテンションで、「大先輩に、エイ!」と、大木に正拳突きをあてまくりそうです。

ise6

これ、何か分かります?
初詣じゃないすよ。
みんな正宮にお参りするために並んでるんですが…
お正月でも何でもない、ただ連休の初日ってだけで、この状態…
行列に並びながら、

「石段脇にベルトコンベア設置して、お賽銭、流れてくようにすればいいんじゃ?」

なんて話してました。。。

ise7

後ろの皆さんのプレッシャーに負けず、渾身のお参りしてきましたよん。

今回の旅行、旅行ではありません。
巡礼や!!

というくらい、結構本気お参りですよ。
もうね、ギャルにも問いただしたいですよ。

「君らは本気で神宮と向き合ったのか…」と・ω・(余計なお世話)


しばらく旅行編が続きます~♪
気が向いたらポチっと投票してやってくださいませ。。。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。よろしければ応援してやってくださいね!

20:12 | よそもんよそへ行く
comment(2)     trackback(0)

 意外にやりよるな!大分!の旅。その2

昨日の続きです。

ブルーベリーソフトなる微妙なものを食べながら、我々は吊り橋を後にしました。

来たときとは違う道で…阿蘇の方まで下って帰ることにしたんやわ。
もはや「やりよるな、大分」のテーマから外れてますが、お気になさらずどうぞ…

やまなみハイウェイ1

阿蘇方面に南下するこの道は、やまなみハイウェイと呼ばれているんや。

日本を走ってるとは思えないような、雄大な自然に囲まれながらのドライブは最高ね。
こんな景色がずーっと続いてます。
「スイスみたいやね」と、スイスに行ったことのない友人が隣でぽつり呟き…
何とも感慨深くなってしまいました。

免許やっぱほしーなー…

やまなみハイウェイ2

阿蘇山ですよ。
中学校の修学旅行以来、噴火口まで登ってないな。
熊本には4年くらい住んでたけど、街にいるとこんな凄いのが県内にあるなんて忘れるんです。

観光地として九州を意識してくださらない方もなかなか多いですが、ぜひおいでませ。
京都の文化財も魅力的やけど、九州の自然には圧倒されますよ。
正直、人もそんなおらんし、まわりやすいしね…


翌日、ベタに温泉に足を運んだんやけども、割愛します。
写真撮るの忘れました。
別府の「夢たまて箱」という温泉ね。
風呂に浸かりながら、いいとも増刊号見れたわ。楽しい。
肩こりとかしない方やのに、うたせ湯に全身うたせまくったら、めっちゃ揉み返しきました。
フィリピンのグラマーなお姉さまに話しかけられたりして、超ドギマギしたり…
いやー、温泉楽しい。


ほんで、友人が一ヶ所だけ、地獄めぐりに連れてってくれました。
連れてってくれたのは…

鬼山地獄1

鬼山地獄。
ごっつい名前ですけど…

看板の上の方に、さりげなく「ワニ」と表記されてますね。
そう、何を隠そうこの鬼山地獄は、温泉で育つワニが名物という結構びみょうなスポットなのです。

なぜワニを育てているのか、謎。
なぜ友人は、数ある地獄の中であえてこれを私に見せたかったのか、謎。

けど、こういう妙なところは嫌いじゃないので、喜んで入場してきました。
以下、ワニ画像なので、爬虫類お嫌いな方は見ないでやってくださいね。









ほれ。
↓↓↓

ワニ1

デカー!!
苔とかめっさ生えとる。

ワニ2

かつてここには「イチロウ」という名の、世界一長寿なワニがおったそうな。
そいつが死んでしまって、跡を継いだのがこちら、二代目イチロウ。
二代目なのにイチロウって変じゃね?とも思いますが、かなり立派なワニだったので、よし。
全然動かんのに、口だけどんどん開いていって、我々は「うわあぁ!!」と大興奮でした。


他にもワニの群とか見れるし…
鬼山地獄、来てみてね。

鬼山地獄2

ちなみに鬼山地獄のメインはこっちね。
激しく噴出する超高温の温泉です。


もー大分楽しかった~!!
また行きたいわ。
九州、いいですよ。ほんとに。



大分編、お付き合いいただきありがとうございました!!
次回からはまた、京都ネタに戻ります。
ランキング参加中ですので、よろしければバナーをポチリと押してやって下さいませ。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。押して頂けたら大変喜びます。
12:06 | よそもんよそへ行く
comment(2)     trackback(0)

 意外にやりよるな!大分!の旅。その1

ご無沙汰しております。

実家の退屈に耐えかねて北上。
多分20年ぶりくらいに大分に行ってまいりました。

正直、大分のことはナメにナメきってましたんで、驚きましたわ~…
あんなに栄えてるなんてね…
温泉の集客力恐るべしやね。

この土地には悲しき腐れ縁の知人が住んでますので、車でちょこちょこ観光しました。
では、大分の雄大な自然をご覧あれ。

九重夢大吊橋1

九重にある、日本一の吊り橋、九重夢大吊橋。
長さ390m、高さ173mでいずれも日本一。

根っからの高所恐怖症であるわたしをも惹きつける、何かがここにはある…

九重夢大吊橋2

橋が揺れて、メッチャ酔う~…
この揺れが恐怖心をあおって、なかなかスムーズに進めない…

何かとキャーキャー騒ぐ、一番キライなタイプの女に自らなり下がっておりました。
だって、マジで怖いんやもん。

九重夢大吊橋3
九重夢大吊橋4

360度の大パノラマ!最高の眺めですよ~!
恋の吊り橋効果なんて言いますけど、これくらい素晴らしい景色なら、さらに盛り上がること間違いなしですよ。
あたしはそんなときめきもなく…
ツレに背後から「手すり持つか離すか、はっきりせーよ。写真は帰りに撮り。」と冷たく煽られていましたが。。

九重夢大吊橋5

青空の下で、鶏めしいなりなるものを、二人でがっつきました。
大分の鶏肉に対する執着心は相当なもの。
鶏天を郷土料理に挙げるくせに、鶏のから揚げも大好き。さらに、めしにまで混ぜ込んでやがる…
ま、まあ、悪くなかったからまた食べてやってもいいけど!

九重夢大吊橋6

噴煙上がる阿蘇山も見えてます。

演歌調の夢吊橋ソングが流れてたけど、何でもかんでもテーマソング作っちゃうのはどうかと思うよ。

次回は、やまなみハイウェイを下りまして、さらに雄大な自然を満喫&地獄でワニに遭遇編です。


明日につづく。


お読み頂きありがとうございました!
ランキング参加中ですので、よろしければバナーをポチリと押してやって下さいませね~♪
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。押して頂けたら大変喜びます。
15:22 | よそもんよそへ行く
comment(0)     trackback(0)

 友人と数年ぶりの再会in名古屋

本日は京都ネタはお休みです。
痛々しく一人語ってますので、京都ネタをお求めの方は無視してください。


大学の友人が卒業後、極秘入籍して愛知にいやがりましたふるーつ☆Cultivation・笑(小)
全員と個人的によく遊んでたわけやないんですが、当時の研究室仲間は、みんな物凄くウマが合いましてね~。
あんなにも笑いのツボを同じくする人間が集まることは、これから先ないのではないかと思うくらい…

ものぐさなせいで数年ぶりの再会となったわけなんやけどねぇ…
人妻となった同級生を前にうまく話せるかドキドキしながら名古屋まで出向いてきたよ。

みそかつ

駅地下で、ベタにみそかつを食いながら、詳しい事情聴取を開始。

鶴亀紅白のアルバムから剥ぎ取らせてきた、式の写真なども見せてもらい…
もうね、
「く~!!」
と、川平慈英ばりの悶絶の嵐ですよ。

なんてうらやましいんだ!!
ピンクのドレスですよ、でかいケーキですよ… 友人はどえらい恰好で余興し、御両親はこっちが嬉しくなるくらいの素敵な笑顔で写っててねぇ…

あたしゃ結婚願望の塊のような人間で、高校の時から、ずっと早く結婚したいと思ってたんですがね…
まさか「結婚は一生しない」と言い張る同級生に先越されるたぁ思いませんでした。
彼氏の写メを見せ合ったあの子がね…まさにその写メのお方とね…
当のあたしの写メの君はというと……いや、秋は来にけりでしたよ。悲しい。

みそかつ2
なんか写真の入れ方おかしいですけど気にせず…

幸せそうな彼女のおかげで、信じられないほど不味い米のみそかつ丼も美味しくいただけました…

この世はすべて縁ですね~。
「こうしよう!」と人生思い通りに調整できることなんてほとんどない。
いつの間にか、流れ流れて「こうなった」自分がいる。それだけです。
特に努力の足りないあたしはその傾向が強い……
とは言え、また懲りずに「あと3年以内に結婚する!!」と宣言してきましたがね。
完璧やらかしましたね。


名古屋はね、京都とは比べ物にならんくらいの大都会で驚きました。
駅周辺は高層ビルがいくつも建ってて、昨日は天気が悪かったんで上層は不気味に霞んじゃってましてね、これぞ摩天楼でしたよ。

手羽先
またベタに手羽先。

軽く街をぶらついて、ドタバタと京都土産を押しつけて帰ってきました。

昔は数年後の自分を容易に想像できたのに、今は…まったく五里霧中ってますね。
とりあえずどう転んでもいいように、今できる努力はしとこう、なるべく…
友人に会うと自分が見えるな、うん。

ものすごく楽しかったので、また行こう、名古屋。
友人の幸せオーラが、滝のマイナスイオンばりに癒し効果抜群やったので。
あと、きしめんも味噌煮込みうどんも食べてないし、あんかけスパの存在意義も確かめてないしね…
麺食い女王の名にかけてね!!


それではまた明日。


本日もありがとうございました。
よろしければバナーをぽちっとクリックしてやって下さいませ。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもランキング参加中です。どうぞ応援よろしくお願いいたします。

21:11 | よそもんよそへ行く
comment(2)     trackback(0)

 火の国でこんなもの食べてきました。

4年ちょいほど住んでいた、我が第二の故郷に帰省してまいりました。
交通費をケチって、1番やっすいバスに乗って…さすがに死にました。
暑いし寒いし、身体はカチコチ…往復で丸1日、車内にいたことになります…エコノミーな症候群になるわ!!

火の国1

火の国のお城は最近工事が終了したんですな。
中心街から天守閣丸見え。周りをぐるりとお堀に囲まれ、武者返しの石垣は見事な反り具合、なかなか立派なお城です。
真ん中に加藤清正の銅像が見えてますな。

火の国2

町のメインストリート。
朝なんで閑散としてますが…半年で相当な変わりよう。
シャッターが下りた店もちらほら、何だかさみしいわ…

ここからは個人的な記録代わりに、火の国で食べた物をボボボンと載せていきたいと思いますー。
まだ疲れが取れないもので、今日はちょっと手抜きさせていただきます。

割烹

お世話になった方の御親戚が割烹料理のお店をオープンされたとのことで、お邪魔してみました。
初めてお座敷でちゃんとした日本料理を食した…
この他にも5~6品出てきたのよ。全部美味し。そして美しい…

割烹2
割烹3

サービスで出して頂いた和菓子とお抹茶。
水が綺麗な街は和菓子も美味しいのね。京都にも負けないと思う。

パスタ1
パスタ2

友人と訪れた生パスタのお店。
生パスタって、乾燥パスタと全然違う!!あんた、これ、ムッチムチやん!!
味をしめたので、京都でも生パスタの店、探してみるぞ。

手料理1

手料理を振る舞ってくれたのよ…誰がって…友人……の彼氏が!!
酢の物を作る男の人なんて、初めて見ました。
以下、友人のカレの手料理続きます。

手料理2
手料理3

チキン南蛮で、宮崎県民の私はどうやら挑戦状を叩きつけられた模様。
…やるやないか!
チキン南蛮とも呼べぬようなシロモノが出回ってる中、これは完全に宮崎の味を再現してました。
食べた瞬間、ワシントンヤシが目の前に見えた気がしました。
ソースまで手作りって…どんだけですか。
夕食を作るだけ作ると、嵐のように去っていかれました。どうも、すんませんでした~汗あせ

手料理4

いい彼氏を持ってうらやましかです、てまきちゃん。
この日の夜は「料理を作れない男は手料理の有難みが分からない」という話で盛り上がりました。
そうです、うちのツレの話です。

カレー

最終日に食べたインドカレー屋のカレー。
てまきちゃんがあるお客さんを指さして、「本場の人も食べに来てる!」とテンション上がってたけど、どう見てもあれ、日焼けした日本人のおっさんやったよ。

こんな感じで、食ってばかり、特に何もしない3日間でしたの。
ボーリング行ってスコア、55叩き出してやったぜ!!爪折れるし。
大雨でね……九州の湿気は洒落にならんかったです。

今日からまた、京都の生活に戻ります。


明日からまた京都情報、ズバーっと更新してまいります。
応援にクリックしていただけたら、とても嬉しいです。
にほんブログ村 地域生活ブログ 京都情報へ
こちらもよろしければ、ポチポチしてやってくださいね。
20:13 | よそもんよそへ行く
comment(4)     trackback(0)
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。